糖質制限が我慢できないときはどうしたら良い?

糖質制限が我慢できないときには糖質制限の方法を見直してみましょう


糖質制限中に糖質の摂取が我慢できなくなってしまう場合には、糖質制限の方法が間違っている、または自分に合っていない可能性があります。

過度な糖質制限やカロリー制限を並行して行っていると、体が低血糖の状態になりやすくなるため糖質を我慢できなくなることがあります。

しかし、正しい糖質制限であればこうした事態は防ぐことができるため、一度自分の方法を見直してみましょう。

また、糖質制限中に糖質を含む主食を食べたくなった場合には、低糖質のものを利用するのもおすすめです。

効果的に利用することで無理なく糖質制限を続けることができるでしょう。

糖質制限には軽いものから厳しいものまであります

糖質制限は糖質を控えるレベルに応じて3つに分けられます。

下記でそれぞれの特徴と糖質の目安量を紹介します。

スーパー糖質制限

ご飯や麺類、芋類や調味料に含まれる糖質まで制限する方法です。

1日の摂取量として、1食あたり約10~20gであり、1日で約30~60gになります。

3つのなかで最も厳しい方法ですが、効果が現れるスピードも速いです。

スタンダード糖質制限

朝食か昼食のどちらかと夕食で糖質制限の食事を行う方法です。

1日の糖質量は70~100g程度に抑えます。

1食は主食を食べることができるため、継続しやすい方法といわれています。

プチ糖質制限

夕食で糖質制限を取り入れる方法です。

1日の糖質量は110g~140gです。

3つのなかでは最も軽い制限ですが、効果が出るまでには時間がかかります。

このように糖質制限には種類があります。

そのため、糖質制限を継続するためには自分に合ったものを選ぶことが重要になります。

糖質の摂取を我慢できないということにならないように注意しましょう。

正しい糖質制限を行うことが大切です


糖質制限が我慢できない人にありがちなのが、過度な糖質制限を行うものです。

カロリー計算などは必要なく、糖質量だけを気にすればよいので、独学で行う人も多いのですがなかには間違った糖質制限をしている人もいます。

糖質制限では、糖質の代わりとなるたんぱく質や脂質を摂ると同時に、摂取カロリーにも注意します。

しかし、早く効果を出そうと糖質制限とカロリー制限を行ってしまう人もいるのです。

こうした状態では、体が低血糖になる恐れがあり糖質の摂取を我慢することも難しいでしょう。

糖質制限を続けるために必要なことは、正しい糖質制限を行うことです。

たんぱく質や脂質は糖質の代わりにエネルギーとなるため、積極的に摂取します。

また、ビタミンやミネラル、1日に必要なカロリーにも意識を向けましょう。

バランスが取れている食事であれば、糖質制限を継続することができるでしょう。

低糖質の主食を取り入れることもおすすめです

正しい糖質制限を行っていても炭水化物を食べなくなることはあるでしょう。

そんなときにおすすめなのが、低糖質の食事です。

パンや麺類には多くの糖質が含まれていますが、低糖質のものであれば糖質制限中に食べることが可能です。

糖質制限が我慢できないというときに、こうした食品を効果的に取り入れることで、楽しく継続することができるでしょう。

また、糖質制限を始めるときに工夫することも対策として有効です。

最初から厳しいものに挑戦するのではなく緩いものから始め、体が慣れてきたら制限のレベルを上げることで無理なく続けることが可能です。

始めから炭水化物を控えるのが難しい人は、先ほど紹介した低糖質の食事を取り入れることでも1日の糖質量は減少します。

糖質制限は継続することが大切なので自分の状況に合わせて糖質量を調整していきましょう。

そのほか、運動を行うこともおすすめです。

有酸素運動を行うことで、ストレスの緩和や発散が期待できます。

糖質を我慢できないというストレスの解消にもつながるでしょう。

また、糖質制限中は体の脂肪が燃焼しやすくなっています。

そのときに運動をすることで、より理想の体型を目指すことができます。

(まとめ)糖質制限が我慢できないときはどうしたら良い?

1.糖質制限が我慢できないときには糖質制限の方法を見直してみましょう

糖質制限の方法が間違っていると低血糖の症状になりやすく、糖質制限を続けることが難しいことがあります。

正しい糖質制限であれば、栄養素が不足することはないため、我慢できないときには自分の糖質制限の方法を見直すことが大切です。

2.糖質制限には軽いものから厳しいものまであります

糖質制限はそのレベルによってスーパー糖質制限、スタンダード糖質制限、プチ糖質制限の3つに分けることができます。

それぞれに特徴があるため、自分に適した方法を選ぶことが大切です。

3.正しい糖質制限を行うことが大切です

過度な糖質制限を行うと体が低血糖になり、糖質制限を続けることが難しくなります。

糖質の代わりのエネルギーとなるたんぱく質や脂質、体に必要な栄養素であるビタミンやミネラルを摂るようにしましょう。

4.低糖質の主食を取り入れることもおすすめです

糖質制限時に主食を我慢できない場合、低糖質の食品を利用するのも1つの方法です。

そのほか、最初は緩い糖質制限を行う、有酸素運動を取り入れることも継続させるために効果的といわれています。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る