糖質制限中にプリン体は必要?不要?

糖質制限中にあえてプリン体を多く摂る必要はありません


プリン体は過剰に摂取すると高尿酸血症や通風などを引き起こすことがあります。

そもそもプリン体とは細胞の核を構成する物質で、すべての細胞にあり、人の体はもとより、ほとんどの食品にプリン体が含まれているといえます。

プリンという名前が付いているため、スイーツのプリンを想像してしまいがちですが、プリン環、あるいはプリン骨格と呼ばれる化学構造を持つ物質の総称です。

プリン体は生物の細胞中に含まれる遺伝子の構成成分で、生命活動にとって欠かすことができません。

人は日常の食事を通してプリン体を摂取していますが、じつは体内のプリン体の80%は、自分自身の体内で生成されているのです。

体内のプリン体の多くは細胞の代謝・増殖などに利用されますが、利用されなかった一部のプリン体は尿酸として体の外へ排出されます。

しかしプリン体を含む食品を過剰に摂取していると血清尿酸値が上昇するほか、高尿酸血症や通風を発症するリスクがあります。

体内でプリン体が生成されていること、ほとんどの食品にプリン体が含まれていることを考えれば、糖質制限を行っている時にあえてプリン体を多く摂る必要はありません。

プリン体の必要性と役割

生物の細胞の中には、細胞の核を構成する核酸(DNA、RNA)という物質があります。

遺伝子の構成成分でもあり、この核酸の主成分がプリン体と呼ばれる物質です。

このプリン体があるからこそ細胞は存在することができていて、筋肉が使われる時のエネルギー伝達物質の原料にもなっているのです。

つまり生命活動においてプリン体は欠かすことができない必要な物質なのです。

すべての細胞には寿命があります。

寿命がきて細胞が壊れると新しい細胞に入れ替わりますが、この代謝の際、古い細胞の中の核が放出・分解され、プリン体が生成されます。

プリン体は肝臓で分解され、尿酸と呼ばれる老廃物を作り出します。

血液中には必ず一定量の尿酸があり、余分なものは尿や便と一緒に排泄されます。

また食品に含まれるプリン体のほとんどは核酸として存在しています。

核酸は腸管でヌクレオチドに分解され、さらにヌクレオチドはヌクレオシド、プリン塩基に分解されます。

この過程でプリン体は体内に吸収されますが、プリン塩基はヌクレオチドやヌクレオシドと比較すると吸収されにくいといわれています

過剰なプリン体による通風などの疾患のリスクとプリン体が多く含まれる食品


プリン体が肝臓で分解される時、尿酸と呼ばれる老廃物を作ります。

この尿酸は血液中に必ず一定量あり、余分なものは尿や便と一緒に排泄されています。

しかし尿酸の増え過ぎて一定の濃度を越えると血中で結晶化し、関節などに沈着してしまいます。

体はこの尿酸結晶を異物とみなして白血球が対処し始め、炎症物質を放出しますが、これによって激しい痛みが起こるのです。

通風はこのようなメカニズムで発症するため、過剰なプリン体の摂取は、疾患発症のリスクを伴うとされているのです。

また尿酸が腎臓で結晶化した場合は、尿路結石や腎障害を引き起こす原因ともなります。

プリン体が多く含まれる食品を挙げてみましょう。

100gあたり300mg以上のプリン体を含む食品を「極めて多い」食品としてみると、煮干し、鰹節、干し椎茸、鶏レバー、マイワシの干物、イサキ白子などがあります。

100gあたり200から300mgを含む食品をプリン体が「多い」食品としてみると、豚レバー、牛レバー、大正エビ、マアジの干物、オキアミ、マイワシ、カツオ、サンマの干物などがあります。

糖質制限中のプリン体への注意

プリン体は生命活動に必要な物質ですが、ほとんどすべての食品に含まれているといっても過言ではありません。

そのため、糖質制限を含んだ食事制限をしていない人は、無意識のうちにプリン体を過剰に摂取している可能性があります。

通風などの原因となる尿酸を気にする場合、プリン体を多く含んだ食品を過剰に摂取することは控えたほうがよいでしょう。

さらに甘いものには注意が必要です。

砂糖の主成分であるショ糖や果物の果糖は、摂取量に比例して尿酸値が上昇することが分かっています。

この点、糖質制限を行うことは尿酸値を上げにくい食生活になるため、優れているといえるでしょう。

またプリン体は水に溶ける性質があるため、煮る、ゆでるなどの調理法を活用することで、およそ3分の2まで減らすことが可能です。

同じ食品でも炒める、揚げるではなく、調理に工夫をするといいでしょう。

このほか、急いで食べるいわゆる「早食い」も、血糖値を急激に上げ、これを下げようとして多量のインスリンが分泌されて、尿酸値を上昇する原因になることがあります。

摂取する食品を選ぶのと同時に、調理法や食べ方などにも注意することが大切です。

糖質制限を行っている時は、プリン体をとくに多く摂る必要はありませんが、栄養のバランスを重視した食生活を心がけることが重要です。

(まとめ)糖質制限中にプリン体は必要?不要?

1. 糖質制限中にあえてプリン体を多く摂る必要はありません

プリン体は生命活動に必要なものですが、プリン体はほとんどの食品に含まれており、また自分の体内で80%のプリン体が生成されています。

そのため、糖質制限中だからといって、あえて多くのプリン体を摂る必要はありません。

2. プリン体の必要性と役割

生物の細胞内にある、遺伝子を構成する主成分がプリン体で、筋肉が使われる時のエネルギー伝達物質の原料にもなっています。

生命活動においてプリン体は欠かすことができない物質です。ほとんどの食品にはこのプリン体が含まれています。

3. 過剰なプリン体による通風などの疾患のリスクとプリン体が多く含まれる食品

プリン体が分解される時、尿酸と呼ばれる老廃物を作ります。

この尿酸が一定の濃度を越えると、通風や高尿酸血症、尿路結石などの原因となります。

プリン体が極めて高い食品に、煮干し、鰹節、干し椎茸、鶏レバーなどがあります。

4. 糖質制限中のプリン体への注意

ほとんどの食品にプリン体が含まれているため、糖質制限中にあえてプリン体を多く含む食品を摂る必要はありません。

反対に過剰摂取になることを注意して、甘いものは控え、また、調理や食べ方にも工夫したほうがよいでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る