糖質制限ダイエットはいつまで続けるべき?

糖質制限は一生使える方法のためいつまでも続けることが可能です


糖質制限は一時的なダイエットとしてすすめられているものではなく、長期間続けることを前提にしています。

また、糖質量を調整することで一生使えるダイエット方法といわれています。

短期間で止めてしまう人もいますが、再び糖質の過剰摂取がみられると、以前のように脂肪が蓄積してしまう恐れがあります。

運動を組み合わせてより効果的に痩せていきましょう

糖質制限ダイエットに取り組んだ当初は、やる気があるため糖質を減らすのもあまり苦ではないかもしれません。

しかし長期間になってくると、糖質をまた食べてしまいたくなるものではないでしょうか。

糖質制限を続けられないと感じる方は、筋トレを組み合わせて代謝を上げることを目標にしてみることをおすすめします。

体重を減らす、体脂肪を減らすことを目標とするなら、最初は糖質制限を厳しく制限する必要があります。

しかし、同時に筋トレも組み合わせることで、筋肉量が増えて代謝がアップします。

すると、糖質制限ダイエットを始めた当初と比べて代謝が上がるため、太りにくい体へと変わっていきます。

ある程度体重が減少し目標値に達成し、筋肉も適度に増えているなら、糖質制限は緩くすることもできますが、一度緩めるとずるずると緩まってしまう可能性は非常に高く今までの努力が無駄になりかねません。

糖質制限を効果的に続けたい場合は、筋肉量を増やして基礎代謝を上げる対策は必須だと覚えておきましょう。

万が一体重が増えてきたなという場合には、自分なりの制限を作っておき、2kg増えたら少し糖質制限を厳しくするなどをしてもよいでしょう。

糖質制限を続けることにはメリットがあります


やはり糖質制限を長期間続けるのは難しいと考えた方は、糖質制限を続けることで得られる効果と、糖質制限を止めてしまった場合のデメリットを比較してみましょう。

糖質制限を続けると次のような効果が得られるといわれています。

糖質制限中は体で必要となるブドウ糖が不足するため、肝臓にて糖新生が行われ、エネルギー源が発生します。

このときに脂肪が使われるため、普段よりも脂肪が燃えやすい状態となります。

また、血糖値を上げる食品の摂取量が少ないので、血液中のブドウ糖が少なく、インスリンを多く分泌する必要がありません。

インスリンは別名肥満ホルモンとも呼ばれており、多く分泌されると余ったブドウ糖を中性脂肪に変換させ、内臓脂肪として蓄積させてしまいます。

糖質を摂取した場合はどうでしょうか。

食事で糖質を多く摂るため血糖値が上昇しインスリンが分泌され、血液中に余ったブドウ糖は中性脂肪に変わり蓄積されます。

肝臓の糖新生が中止するため、脂肪が燃焼しにくくなります。

このような原理を比較しても、糖質制限を止めてまた糖質を摂取するより、糖質制限を続けるほうがメリットは高いといえるでしょう。

糖質制限を続けるにはコツがあります

糖質制限は長期間続けることがポイントといっても、最初の段階でつまずく人がいるのも事実です。

なかには「頭がボーっとする」「力が出なくなった」「筋力が低下している気がする」といった意見が聞こえてくる場合があります。

しかし、これらは間違った糖質制限で生み出された結果で、糖質制限自体に危険性が高いからというわけではないのです。

早く痩せたいと考えるダイエットに熱心な人ほど、栄養不足に陥ってしまっています。

糖質制限は糖質を控える食事方法なのに、今までのダイエット法が頭から離れず、低カロリーなお肉ばかりを選んでしまったり、野菜を多くしたりしてたんぱく質不足やエネルギー不足に陥っている恐れがあります。

確かに毎日豆腐でもたんぱく質は補うことはできますが、摂取カロリー自体が不足している原因は見逃すことはできません。

糖質制限を長く続け、頭がフラフラしたり、体力が低下したりしないように感じるには、適正カロリーをきちんと摂取しながら、不足しやすい食物繊維やビタミンを野菜から補う考え方が必要です。

必要以上に脂が少ない鶏のささみや豆腐ばかりを選ぶ必要はなく、バランスよく糖質が少ない食品をチョイスして毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

(まとめ)糖質制限ダイエットはいつまで続けるべき?

1.糖質制限は一生使える方法のためいつまでも続けることが可能です

糖質制限で体調が改善し、体重が減れば長く続けたいと思うようになります。

短期間で止めてしまうのではなく、続けるとそれが普通になり、一生実践できることが理想でしょう。

2. 運動を組み合わせてより効果的に痩せていきましょう

糖質制限を効果的に続けたい場合は、筋肉量を増やして基礎代謝を上げる対策は必須だと覚えておきましょう。

万が一体重が増えてきたなという場合には、自分なりの制限を作っておき、2kg増えたら少し糖質制限を厳しくするなどをしてもよいでしょう。

3.糖質制限を続けることにはメリットがあります

糖質制限をそのまま続ける場合と、糖質制限を止めた場合を比較してみるとその違いは一目瞭然です。

脂肪の蓄積を防ぎたいのであれば、糖質制限を続けることがおすすめです。

4.糖質制限を続けるにはコツがあります

糖質制限はやってみたが逆に体調を崩して続かない方もいます。

そのような方は摂取カロリーが少なくなりすぎていないか確認して、正しく栄養が摂取できているか考えてみてください。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る