糖質制限で摂取カロリーの制限は必要?

摂取カロリーにも注意することで糖質制限がより効果的になります


摂取カロリーはダイエットには重要なポイントとなるものですが、糖質制限ではそこまで厳密に制限はされていません。

しかし、摂取カロリーを適切な状態に保つことで、糖質制限により良い効果を与えることができると考えられています。

糖質制限で制限されるのは主に糖質であり、低糖質食 への置き換えは炭水化物からはじめてみましょう。

つまり、おかずに関してはいつも通りに食べることができる、またはしっかりと食べなければいけないので、摂取カロリーを気にするよりも食べ方なども含めて考えることも必要です。

糖質制限では摂取カロリーを考えないと失敗することもあります

糖質制限でダイエットを行う人のなかには、炭水化物などの糖質を摂らないようにすれば、ほかの食材はいくらでも食べても問題はないと勘違いをすることがあるようです。

糖質を減らすことで体内では血糖値が上昇しにくくなり、脂肪の増加を防ぐことにもつながります。

しかし、必要以上に摂取カロリーを摂りつづければ、やはり体の中で余分なものが増えるため、肥満になってしまうのです。

糖質制限を行う場合には、摂取カロリーについても考えて食事を選ぶことが必要となります。

糖質以外にたんぱく質や脂質などを摂取することが必要ですが、これらも脂肪になることがあります。

糖質よりもゆっくりと吸収されますが、食べ過ぎれば太る原因となるため注意が必要です。

体に必要な栄養素であるため十分に摂ることが必要ですが、必要な分を超えないように調整しましょう。

糖質制限で勧められている目安の摂取カロリーがあります


糖質制限では、個人差や目標とする体重などによってそれぞれに必要となるメニューは変わります。

糖質制限食を取り入れる回数や外食をやむを得ず利用するなど、それぞれの人に合わせて適切な方法で行っていきます。

そのため、個々のケースによってどれだけの制限やコントロールを行えるかには差があります。

まずは1日に必要な摂取カロリーや糖質量め、食事などを考えていきましょう。

糖質制限時の摂取カロリー量の目安は、大よそ以下であるといわれています。

男性:1600~2000kcal
女性:1200~1600kcal

※栄養バランスを整えることも必要となります。

こうした摂取カロリーを元に個々の目標などに合わせて糖質制限を行っていきます。

自分でコントロールをすることが難しい場合には、プロのトレーナーなどに指導してもらうこともできますし、運動とトータルで指導を受けるとさらに安心です。

また、持病のある人はこうしたコントロールをできないこともあるため、病気治療中や療養中には医師の指示に従いましょう。

摂取カロリーがオーバーすると糖質を制限していても肥満解消できません

摂取カロリーには目安がありますが、個々の運動量によって調節を行い、適した摂取カロリーの状態を続けることが大切です。

糖質制限で肥満解消やダイエットを目指すには、摂取カロリーよりも消費カロリーのほうが大きい状態を作らなければいけません。

糖質の量も同様ですが、摂取したものが十分に体内で消費されなければ、余ってしまい、脂肪として蓄積されます。

そのため、カロリーを気にするのであれば、摂取カロリーを控えて消費カロリーを超えないようにするか運動で消費することが必要となります。

糖質制限ではたんぱく質を十分に摂っているため、運動をすることで筋肉を作ることもできます。

強く引き締まった体を作るためにも、積極的に体を動かすことは取り入れたいものです。

また、昼間と夜では食事で摂りたい量も違います。

朝と昼の食事はたっぷりと摂取してもよいですが、夜は摂取カロリーを減らします。

さらに夜は低糖質の食事に置き換えるなどしましょう。

(まとめ)糖質制限で摂取カロリーの制限は必要?

1.摂取カロリーにも注意することで糖質制限がより効果的になります

糖質制限では、摂取カロリーは特に厳密ではありませんが、摂取カロリーも注意することでより高い効果があると考えられています。

ただし、摂取カロリーだけでなく食べ方なども注意することが必要です。

2.糖質制限では摂取カロリーを考えないと失敗することもあります

糖質制限では、血糖値を上げて脂肪を増やす働きがある糖質以外は、満足した量を食べられるといわれています。

しかし、摂取しすぎると脂肪に変わってしまうため、摂取カロリーにも注意をしなければ失敗することもあります。

3.糖質制限で勧められている目安の摂取カロリーがあります

糖質制限では個々の目標や体調、生活習慣などに合わせた糖質や摂取カロリーのコントロールを行います。

目安となる数字は異なるため、個人の状況に合った制限を行うことが大切です。

4.摂取カロリーがオーバーすると糖質を制限していても肥満解消できません

糖質制限で肥満を解消するためには、摂取カロリーが消費カロリーを超えないようにすることが大切です。

運動を取り入れたり、食べる時間ごとに量を調節したりすることで、脂肪を溜めずに消費することが目指せます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る