糖質制限するときに空腹は避けたほうがよいのでしょうか?

炭水化物は糖質が多く含まれているため制限することが大切です


炭水化物はカロリーが高く栄養のある成分ですが、摂取すると血糖値を上げやすいです。

炭水化物は糖質と食物繊維から構成されており、摂取して血糖値が上がると摂取した糖質が脂肪になりやすいです。

このようなことから糖質制限を行うことで、脂肪の増加を防ぐことが期待できます。

空腹時に糖質を摂ることは太ることにつながります

糖質制限を始めるなら、糖質を摂取しない時間帯が必要となります。

しかし食べ物を制限すると空腹になり食欲がわいてきますので、上手く制御できるかが糖質制限を続けるためのポイントとなります。

空腹を感じるメカニズムとしては、胃が空の状態が続くことで摂食中枢を交感神経が刺激することで空腹を感じます。

また、食事をせずに血糖値が低下することも空腹の原因です。

ほかの原因としては栄養不足の状態が続いた場合や、水分不足の場合があります。

このような空腹の状態で糖質を摂取すると、血糖値が急激に上昇することがあります。

血糖値の上昇は、インスリンの分泌を引き起こします。
インスリンとは、消費しなかったエネルギーを脂肪としてため込む働きがあります。

糖質制限ではインスリンの分泌を抑える必要があるため、空腹は避けるべきなのです。

空腹の時間を少なくすれば、それだけ食欲もわかなくなります。

そのため、余計な食べ物も食べず、太る心配もなくなるでしょう。

食べ方を工夫することで空腹を避けることができます


空腹の状態を防ぐためには、しっかりと食事をすることが大切です。

しかし、それでも空腹になってしまうことがあるでしょう。

ここでは、空腹時に効果的な対策を紹介します。

できれば空腹を我慢すべきですが、我慢はストレスを生みますので体によくありません。

そこで空腹を解消する方法としておすすめなのが、食事の間隔を短くする方法です。

きちんと糖質を抑えた食事ならば、 2時間間隔で取ってもよいでしょう。

例えば朝食と昼食の間の10時頃、昼食後の15時頃と17時頃、このような時間に軽食を取るとよいでしょう。

2時間おきに食べ物を摂取することで、空腹の状態を防ぐことが可能です。

もちろん空腹を感じない人は、無理にこまめに食べ物を食べる必要はないです。空腹を感じるなら有効な方法となります。

ただし間違えてはいけないのは、砂糖などをたっぷり使っているお菓子などを食べるのではなく、低糖質食を食べるということです。

空腹時にはゆで卵など糖質が少ない食品を 食べましょう

空腹解消にはこまめに食べ物を摂取するのが効果的ですが、何でも食べてよいということではありません。

おすすめの食品としてはゆで卵があります。

これなら1個数十円で売っており、コンビニでもスーパーでも買うことができます。

ゆで卵なら、高タンパクであり良質な脂肪も含まれており、カルシウムもあります。

また、卵は糖質がとても少ないので糖質制限でもおすすめの食材です。

小腹が空いたときはゆで卵1個を食べてみましょう。

そのほかの食品としては、チーズやアーモンドなどもあります。

このような食品をお腹が空いたときに食べて、少しでも空腹を満たしておくと良いでしょう。

糖質制限時は無理に食べることを我慢する必要はなく、その代わりとして摂取する食品を選んで食べるようにすることが大切です。

もちろん食べることを我慢する必要はないといっても、食べ過ぎて必要以上にカロリー摂取すると、いくら糖質制限していても太ってしまいます。

1日に必要なカロリー以内に摂取量を収めるようにして、なおかつ食べる食品を糖質のないものにしましょう。

(まとめ)糖質制限するときに空腹は避けたほうがよいのでしょうか?

1.糖質制限時にはできるだけ空腹は避けるようにしましょう

糖質制限をして空腹になった状態で糖質を摂取すると血糖値が上がりやすくなります。

これは脂肪の増加にもつながるため、できるだけ食事の間隔を短くするなど工夫して、空腹の時間をできるだけ少なくするべきです。

2.空腹時に糖質を摂ることは太ることにつながります

摂取する糖質の量を減らし、空腹の時間を作ることは糖質制限では避けましょう。

それは空腹の状態で糖質を摂取すると普段よりも血糖値が上昇しやすく、脂肪の増加にもつながるためです。

3.食べ方を工夫することで空腹を避けることができます

空腹を避ける方法としては、1回の食事量を減らし、1日の食事の回数を増やす方法があります。

たとえば、1日2時間おきに食事をするなどして、朝食と昼食と夕食の間に間食の時間を設けて空腹にならないようにするのです。

4.空腹時には糖質が少ない食品を食べましょう

空腹を避けるなら1日の食事回数を増やすという方法があります。

もちろんその食事でも糖質の少ない食品を食べるべきであり、ゆで卵やチーズやアーモンドなどがおすすめの食品です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る