糖質制限時に生クリームは食べてもいいの?

生クリームは糖質の少ない食べ物なので糖質制限時にも食べることが可能です


生クリームの糖質の値は、100g中には動物性生クリームだと約3.1g、植物性生クリームだと約2.9gと少ないです。

同じ量の豆乳と同じぐらいの糖質の量なので、糖質だけを気にするなら糖質制限中にも摂取しても問題ないといえるでしょう。

ただしカロリーは100gで400キロカロリー前後あるので、摂取量には気をつけるべきです。

生クリームは糖質の少ない食べ物です

糖質制限では、問題となるのは食品の糖質の量であり、タンパク質や脂質を制限することはありません。

そのため、糖質が少ない生クリームは、糖質制限中でも食べても問題ないといえるでしょう。

しかし、注意すべき点もあります。

いくら糖質が少ないからといっても、カロリーが高いため、食べ過ぎは太る原因となります。

また、問題ないのは加糖されていない生クリームのことであり、パンやケーキなどに使われている生クリームであるホイップクリームは避けましょう。

ホイップクリームとして売られているものは、100g中に18gほどの糖質が含まれています。

これは菓子パンなどに使われているもの以外にも、スーパーなどで売られているホイップクリームも同様です。

この糖質の値は、アイスクリームなどとほとんど変わらない量であり、糖質制限には向いていないことがいえます。

もしも生クリームを食べる場合や料理に使うのであれば、加糖されていないものを使うようにしましょう。

加糖しない生クリームであれば、そのまま料理などに使っても、糖質が少ないので問題ありません。

生クリームには多くの活用法があります


加糖されていない生クリームは、糖質が少ないので、糖質制限中には適している食材です。

多くの場合はそのまま生クリームを食べるようなことはせず、何かの料理に使うような使い方をする場合が多いでしょう。

シンプルな使い方に、珈琲に入れてそのまま飲むことがあります。

珈琲自体は 糖質が少なく、さらに生クリームも糖質が少ないため、糖質制限に適している飲み物です。

生クリームを珈琲に加えると、味をまろやかにする効果もあり、満足感を得やすいです。

特にホット珈琲よりも、アイス珈琲で飲んだときのほうが、この満足感を得られるようです。

そしておすすめの使い方が、スイーツを作るときに使う方法です。

糖質制限では、デザートやスイーツの制限に苦労する人は多いと思います。

その際に生クリームと糖質ゼロの甘味料を加えれば、生クリームのコクと合わさり食べ応えのあるスイーツを作ることが可能です。

ほかにも、ソースやクリームなどとして使うことで、その料理の味を広げてくれます。

スープなどに加えてもよく、コーンスープなどに生クリームを使うのもおすすめです。

食後のデザートや飲み物に使用してもよいかもしれません。

生クリームには2種類あります

生クリームには、動物性生クリームと植物性生クリームがあります。

加糖しなければ、どちらの生クリームでも、糖質制限中に食べても問題ありません。

しかしこの2つは性質が違いますので、料理などに使うときは、それをふまえて使うべきです。

植物性生クリームは分離しにくいですが、その分動物性に比べると味が劣ります。

逆に動物性生クリームは味がよいですが、早く使わないとすぐに劣化します。

動物性生クリームは、ケーキ屋さんで使われていることが多いです。

そのため、お店で売っているようなケーキの生クリームに慣れていると、植物性生クリームを買って自分で作った料理を物足りないと感じるかもしれません。

このような場合におすすめなのが、動物性と植物性の生クリームを混ぜる方法です。

隠し味としてバニラエッセンスを少し加えてもよいでしょう。

また温めるとすぐに分離してしまうため、氷水に浸けたボールなどで作業をすると上手く作れます。

植物性生クリームと動物性生クリームは、自分で買ってきて混ぜてもよく、お店でも混ぜたものが売られています。

その場合、表示を見るとどれぐらいの割合で混ざっているかわかります。

(まとめ)糖質制限時に生クリームは食べてもいいの?

1.生クリームは糖質の少ない食べ物なので糖質制限時にも食べることが可能です

生クリームは糖質が少ないため、糖質制限している時でも摂取しても問題ありません。

ただしカロリーが高いので、摂取量には気をつけるべきであり、食べ過ぎに注意しましょう。

2.生クリームは糖質の少ない食べ物です

糖質のことだけを考えると、生クリームは糖質の少ない食品です。

ただし売られている製品や菓子パンやケーキに使われている生クリームは加糖されているので、このような生クリームは食べるべきではありません。

3.生クリームには多くの活用法があります

生クリームを料理に使う方法で、シンプルな使い方に珈琲に入れて飲むものがあります。

またスイーツやデザートを作るときに使えば、糖質制限していても生クリームを使ったデザートなどを食べることができます。

4.生クリームには2種類あります

生クリームには2種類あり、動物性生クリームと植物性生クリームがあります。

動物性生クリームは味がよい反面劣化しやすいことが特徴です。逆に植物性生クリームは、動物性生クリームに比べて味が劣るといわれていますが劣化はしにくいです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る