糖質制限をしているときにそばを食べてもいいの?

そばには糖質が多く含まれているため糖質制限時には避けましょう


ヘルシーなイメージがあるそばですが、炭水化物であるため糖質が多く含まれています。

炭水化物は糖質と食物繊維で構成されているため、糖質制限では避けることが多いです。

ご飯などの主食と比べると糖質量は少ないのですが、その量は多いためできれば避けましょう。

どうしても食べたい場合は、食べる量に気をつける、低糖質のものを使うなどの工夫が必要です。

そばには糖質が多く含まれています

そばには糖質が多く含まれているため、糖質制限では控えたい食材となります。

しかし、ご飯などの食材などと比べると糖質は少ないため、糖質制限を始めようとする方がご飯からそばに置き換えるなどには適しているかもしれません。

また、そばはGI値の低い食品です。

GI値とは食事後に上昇する血糖値の上昇率を数値化したものであり、GI値が高いほど血糖値が上がりやすく太りやすいです。

上昇した血糖値は体内でインスリンを分泌し、血糖値を抑えようとします。

それと同時にインスリンは脂肪を蓄える働きもありますので、血糖値の上がりやすい食べ物は太りやすいのです。

そばはGI値が54であり、低GI値食品に分類されます。

これに対し白米はGI値が70以上であり、高GI値食品になり、パスタは65であり中GI値食品に分類されます。

もしも簡単な糖質制限から始める場合には、そばを取り入れてみてもよいでしょう。

今までご飯やパンなどで済ませていたなら、是非ともそれをそばに置き換えましょう。

糖質制限を行うことで脂肪の増加を防ぐなどの影響を体に与えます


先ほど糖質制限中にはそばは向いていないことを紹介しましたが、これはそばに多くの糖質が含まれているためです。

糖質を制限することで体に与える影響を下記で紹介します。

脂肪の増加を防げる

糖質は体を動かすために必要な成分です。

体内に入ると糖質はエネルギーとなり、体全体で使われます。

しかし、体内で余ったエネルギーは使われないため、脂肪となり蓄えられてしまうのです。

これにはインスリンホルモンが関係しているのですが、過剰に糖質を摂取するとインスリンホルモンが多く分泌されるため、肥満の原因となります。

糖質制限では糖質の摂取量を抑えるため、インスリンホルモンの働きを抑えることが可能です。

その結果、糖質が脂肪へと変わることを防ぐことが期待できます。

脂肪の燃焼を促せる

糖質制限では、エネルギー源となる糖質の摂取量を抑えるため、体は代わりのエネルギーを作ろうとします。

このときに、糖質の代わりの使われるものが脂肪と筋肉です。

それぞれを分解することで、エネルギーを生み出すのです。

そのため、糖質制限では脂肪の燃焼を促すことができます。

このような効果は糖質を制限することにより、発揮されます。

糖質は、甘いもの以外にも炭水化物にも含まれているため、そばなどの主食を制限することになります。

低糖質麺を使うのも1つの方法です
通常のそばであれば糖質が多く含まれていますが、低糖質麺などであれば糖質が抑えられているため、これらを活用してみてもよいでしょう。

主食を制限することはストレスにもなりえますが、こうしたものを使えば糖質を抑えながら主食を食べることが可能です。

そばを食べるときに使うめんつゆにも糖質は多く含まれています。

低糖質麺を使っても、めんつゆから糖質を摂ってしまっては元も子もありません。

そのため、使う調味料にも気をつけることが大切です。

また、普通のそばをどうしても食べるときには、摂取量に注意しましょう。

糖質制限の効果を実感するためにも、糖質量に気をつけながら食事をすることを意識しましょう。

(まとめ)糖質制限をしているときにそばは食べてもいいの?

1.そばには糖質が多く含まれているため糖質制限時には避けましょう

炭水化物であるそばは、糖質が多く含まれているため糖質制限で食べるものには向いていません。

どうしても食べたい場合には、摂取量を少なくする、低糖質のものにするなどしましょう。

2.そばには糖質が多く含まれています

そばは炭水化物であり、糖質が多く含まれている食材です。

そのため、糖質制限を行う際には、できるだけ避けたいものといわれています。

しかし、ほかの主食よりは糖質が少ないため、ご飯からそばに置き換えることは糖質を抑えることにつながります。

3.糖質制限を行うことで脂肪の増加を防ぐなどの影響を体に与えます

糖質制限で糖質を抑える理由は、糖質が脂肪の増加の原因となるためです。

また、糖質を抑えることは、体の脂肪の燃焼にもつながります。

この効果は糖質を抑えることで発揮されます。

4.低糖質麺を使うのも1つの方法です

もしもそばなどの炭水化物を食べる場合には、低糖質麺などを使うことがおすすめです。

糖質を抑えながらも、主食を食べることができるため、ストレスが溜まることを防ぐことにもなります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る