糖質制限中にデキストリンを摂取してもよいの?

難消化性デキストリンは糖質制限中に摂取してもよいものです


デキストリンという成分はデンプンの一種であり、炭水化物の仲間です。

そのため、デキストリン自体にも糖質が含まれており、糖質制限の邪魔をする恐れがあります。

しかし、そこから取り出された難消化性デキストリンには、食物繊維と同じ働きがあり、糖質制限の効果を後押しする働きが期待できそうです。

難消化性デキストリン自体は、水溶性食物繊維であり、腸内で膨らんで排便を促し腸内細菌を良好に保ちます。

また、小腸内の糖の吸収を緩やかにする働きも持っています。

デキストリンそのものは糖質制限によくないこともあります

デキストリンという成分は、ジャガイモやトウモロコシから抽出されて作られた天然の炭水化物です。

さらに詳しく分類すると、最小単位の単糖がたくさん結びついでできた多糖類であり、デンプンにあたります。

デキストリンは炭水化物ですから、糖質と食物繊維を含んでおり、糖質制限中に摂取すると食物繊維を摂取できますが、糖質も増やしてしまう恐れがあります。

デキストリン自体も緩やかではありながらも、消化吸収されて糖質として働きます。

そのため、エネルギーとして使われることとなり、ダイエットのためなどに体脂肪を燃焼させたい人にとっては邪魔になることがあります。

デキストリンという表示で健康によいものというイメージを持つ人もいますが、本当に糖質制限中に必要なのは「難消化性」デキストリンだけなのです。

難消化性デキストリンは安全性の高い成分です


天然のデンプンであるデキストリンから加水分解して取り出されたものが、難消化性デキストリンです。

この難消化性デキストリンは、デンプンから消化酵素アミラーゼによって加水分解されて取り出されます。

消化酵素で分解された後に残った成分であるため、消化にしくい性質を持っています。

難消化性デキストリンは、食生活の欧米化によって食物繊維の不足が進み、それを解消するために作られたもので、水溶性食物繊維として働きます。

その作用は、アメリカのFDAや日本の厚生労働省でも安全性が認められており、ミネラルといった栄養素の吸収の妨げや下痢などの症状も起こりにくいと考えられています。

さまざまな特定保健用食品や健康食品、飲料などにも用いられており、体に負担をかけずに食物繊維を補うことができるものとして注目が集まっています。

しかし、食物繊維としての働きがゆえに、過剰摂取によってお腹をくだしてしまうこともあるので注意が必要です。

決められた分量で正しく摂取しなければよい効果は得られないと考えたほうがよいでしょう。

難消化性デキストリンは食物繊維であり糖質制限に効果的な成分です

難消化性デキストリンの作用は、糖質制限によるダイエットや健康効果にさまざまな面でよい働きをすると考えられています。

糖質制限中に難消化性デキストリンを摂取することで、不足しがちな食物繊維を補うことができるでしょう。

難消化性デキストリンの働きとして、糖質の吸収の抑制と血糖値の急激な上昇の抑制があります。

難消化性デキストリンは小腸で、食事によって摂取した糖質の吸収を緩やかにして、血中へのブドウ糖の急増を抑えます。

そのため、血糖値の上昇も緩やかになり、肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの分泌も抑えることができます。

糖質以外にも脂肪の吸収スピードも抑えることができ、内臓脂肪を減らす効果もあると考えられています。

また、難消化性デキストリンには、腸内環境を整える働きもあります。

腸内では水分を蓄えて便を柔らかくすることや、便量を増やして便通を改善し、腸内細菌の状態を改善する役割を果たします。

(まとめ)糖質制限中にデキストリンを摂取してもよいの?

1.難消化性デキストリンは糖質制限中に摂取してもよいものです

デキストリンのなかでも難消化性デキストリンと呼ばれるものは、糖質制限によい影響を与える成分です。

水溶性の食物繊維として作られた成分で、腸内環境を整えたり糖の吸収を抑えたりする働きを持っています。

2.デキストリンそのものは糖質制限によくないこともあります

デキストリンそのものの成分はデンプンの一種であり、デンプンは炭水化物の一種です。

炭水化物は食物繊維と糖質でできており、デキストリンを摂ると糖質を摂取することになってしまい、糖質制限の妨げになります。

3.難消化性デキストリンは安全性の高い成分です

難消化性デキストリンは、デキストリン(デンプン)から取り出された成分であり、水溶性食物繊維としての役割を持っています。

日本国内外でも安全性が認められており、ほかの栄養素の邪魔をしません。

4.難消化性デキストリンは食物繊維であり糖質制限に効果的な成分です

難消化性デキストリンは、水溶性食物繊維として食物繊維の摂取量不足を補います。

糖質制限でも食物繊維は不足しがちな栄養素ですが、難消化性デキストリンを取り入れることで便通や血糖値によい影響を与えることが期待できます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る