糖質制限中にゼラチンを食べたらダメですか?

糖質制限中でもゼラチンは食べられます


ゼラチンには糖質や炭水化物が含まれていません。

糖質制限中に摂取してはいけないイメージも強いゼラチンですが、糖質制限中には積極的に利用していきたい食べ物です。

いろいろな利用方法を考えれば、糖質制限中に利用して食べることができる食品の1つになってくれることでしょう。

意外とゼラチンの成分は知られていません

人によっては、ゼラチンと聞くと糖質や炭水化物を多く含んでいるのではないかというイメージを強く持っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ゼラチンは炭水化物が含まれていない食品であり、糖質制限にも適しています。

ゼラチンに含まれている栄養素はどのようなものなのかを理解することで、糖質制限にも役立てることができるでしょう。

ゼラチンに含まれている栄養素を知りましょう

ゼラチンに含まれている主な栄養素はたんぱく質です。

たんぱく質は、糖質制限中にはしっかりと摂取していきたい栄養素になります。

糖質制限では筋肉の維持が重要であり、そのために必要なのがたんぱく質だからです。

また、ゼラチンには糖質制限中に摂取することを避けたい糖質が含まれていません。

そのため、食べることによって糖質を摂取してしまうという心配がないので、糖質制限中に利用することでより楽に糖質制限をすることも可能になるでしょう。

安心して利用することができる貴重な食品なのです。

気をつけるべきなのはゼラチンではありません


先ほどご紹介したゼラチンに含まれる栄養素によって、ゼラチンに対するイメージが覆ったという人もいるはずです。

しかし、ゼラチンを糖質制限中に利用するときに注意すべきなのはゼラチンそのものではないのです。

ゼラチンを利用するときのポイントを下記で紹介します。

ゼラチンの味付けに注意しましょう

ゼラチンを糖質制限中に利用する場合、ゼラチンそのものには味がついていません。

そのため、ゼラチンをそのまま食べるという人はいないでしょう。

ゼラチンといえばゼリーなどを作るときなどに活用する人が多いはずです。

そこでゼラチンを利用するときに味付けを行うというのが一般的です。

注意すべきなのは、ゼラチンそのものではなくゼラチンの味付けだということを理解しましょう。

糖質の少ない甘味料を利用しましょう

ゼラチンの味付けをするときに、砂糖などの通常の甘味料を使用してしまうと糖質を多く含んだ食品になってしまいます。

そのため、ゼラチンに味をつけるときには普通の砂糖を使用するのなどは避けましょう。

販売されているもののなかには、糖質の量が抑えられている甘味料なども販売されています。

糖質量を考えて使用するのであれば、摂取する糖質の量も最小限に抑えることが可能です。

ゼラチンの過剰摂取は厳禁です

ゼラチンを摂取することにはメリットがありますが、過剰摂取は危険といわれています。

ゼラチンには美容にもよい食品です

ゼラチンは、コラーゲンをもとに作られている食品です。

そのため、ゼラチンを摂取することによってさまざまな効果が期待できるといわれています。

肌への効果はもちろん、髪や爪に潤いを与える効果や、関節の痛みにもよいといわれている魅力的な食材といえるでしょう。

また、ゼラチンをさらに細かくしたコラーゲンペプチドは、化粧品にも使われています。

過剰な摂取は危険なので気をつけましょう

何事も大切なのが、摂取する量です。

ゼラチンの持つ美肌効果によって、なかにはたくさんの量のゼラチンを摂取する人もいます。

しかし、ゼラチンの過剰摂取は、体に悪影響を与えることもあるので注意が必要です。

ゼラチンの過剰摂取は人によっては、ゼラチンアレルギーを起こしてしまう人もいるという報告があります。

また、ゼラチンはたんぱく質が多く含まれているため、大量に摂取してしまうと腎臓への負担も大きくなります。

適した量を摂取していくことが、糖質制限のなかで利用する際にも大切です。

(まとめ)糖質制限中にゼラチンを食べたらダメですか?

1.糖質制限中でもゼラチンは食べられます

ゼラチンは糖質が含まれていない食品なので、糖質をあまり摂取できない糖質制限中に最適です。

いろんな利用方法をしてゼラチンを活用すれば、糖質制限中にも重宝する食品になってくれます。

2.意外とゼラチンの成分は知られていません

ゼラチンには糖質や炭水化物を多く含んでいるイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、ゼラチンには糖質も炭水化物も含まれていません。

そのため、糖質制限中も糖質を気にすることなく摂取することができる食品です。

3.気をつけるべきなのはゼラチンではありません

注意すべきなのは、ゼラチンよりもゼラチンの味付けに使用する調味料です。

もしもゼラチンに甘味を付けたい時などは、糖質の量が抑えられている甘味料などを使用するとよいでしょう。

4.ゼラチンの過剰摂取は厳禁です

ゼラチンは美容にもよいといわれている食材です。

しかし、過剰な摂取はアレルギーを引き起こしたり、腎臓に負担をかけたりする原因にもなるため、摂取量には注意する必要があります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る