糖質制限中にプロテインを飲んでも大丈夫?

プロテインは糖質制限中にぴったりです


糖質制限中は、糖質の摂取量を制限しなければいけない食事内容になります。

炭水化物には糖質が多く含まれているため、あまり摂取することができません。

その代わりに、たんぱく質や食物繊維などを主に摂取するようになります。

そのため、たんぱく質が摂取できるプロテインは、糖質制限に向いているアイテムだといえるでしょう。

糖質制限中は筋肉が減りやすい状態です

糖質制限中に糖質の摂取量が制限されることによって、体のなかではある変化が起きます。

そのため、たんぱく質が体にとって重要な成分となります。

糖質制限では筋肉や脂肪が分解されます

糖質の摂取量が減るということは、ほかのものでエネルギーを生み出すことになります。

体内で糖質が不足してしまうと、糖質の代わりに脂肪や筋肉などが分解され、それをエネルギーとして利用するようになります。

この分解が行われると筋肉量が低下します。

筋肉量は代謝に関係しており、筋肉が落ちると代謝も低下し痩せにくい体質になってしまいます。

そのため、筋肉量を維持するためにプロテインでたんぱく質を摂取し、筋肉の補強を計る必要があるのです。

プロテインで効率的に筋肉がつきます

プロテインはたんぱく質が豊富に含まれているため、筋トレをしている人や筋肉をつけたい人が愛用しているアイテムです。

そのためプロテインを摂取することで、筋肉を効率的につけることが期待できます。

糖質制限時に筋肉を減らさない・増やすためにもプロテインの摂取はおすすめといえるでしょう。

減量成功のカギは筋肉の量です


糖質制限を行うという人は、体重を落としたいという目的で行っているという人が非常に多いかと思います。

糖質制限で減量を成功させるためのポイントは筋肉の量といっても過言ではないのです。

筋肉があれば代謝量は上がります

糖質制限は、運動をあまりしなくても効果を出すことができるともいわれています。

しかし、効果を出すならば基礎代謝が高いほうがエネルギーの消費量が増えます。

エネルギーを消費して余分な脂肪を落とすためには、代謝を上げてくれる筋肉が必要になります。

代謝を上げるには筋肉の量を増やす必要があるため、糖質制限で効果を得るためには筋肉をつけておいたほうがよいのです。

プロテインからたんぱく質を摂取し、筋肉量を増やす運動なども取り入れることで代謝を上げることができます。

牛肉や豚肉などを摂取してもたんぱく質を摂取することはできますが、プロテインであれば余分な脂肪を摂取することなくたんぱく質を摂取することができるため安心です。

職場などでも手軽に摂取することができるのがプロテインです

糖質制限中は、糖質の少ない食事を摂取するというのが絶対的な条件になります。

しかし、仕事をしている社会人の方などの場合、昼食を外で食べるという人も多いはずです。

外食は糖質の量が高いものが多く、実際の糖質量を計算することもできないでしょう。

そのため、糖質制限時に外食を利用して低糖質の食事をするというのは難しいのです。

そこで便利なのがプロテインです。

プロテインであればシェイカーを持参すれば、シェイカーに水とプロテインを入れてシェイクするだけで手軽に摂取することができます。

プロテインはほとんどがたんぱく質であり糖質が含まれていることもないため、糖質制限時にも向いているのです。

低糖質の昼食を外でも手軽に摂取したい場合は、プロテインを利用してみることをおすすめします。

しかし、プロテインの摂取には注意があり、過剰に飲むとカロリーオーバーの危険があります。

糖質制限時にプロテインを過度に飲むということはないと思いますが、太らないためにも意識しておきましょう。

(まとめ)糖質制限中にプロテインを飲んでも大丈夫?

1.プロテインは糖質制限中にぴったりです

糖質制限では、糖質を多く含む炭水化物をほとんど摂取できません。

プロテインはたんぱく質が摂取できるため、糖質制限中にたんぱく質を手軽に摂取できる便利なアイテムです。

2.糖質制限中は筋肉が減りやすい状態です

糖質が不足すると筋肉や脂肪を分解することでエネルギーを生み出すため、筋肉の量が減ります。

それを防ぐためにもプロテインは効果的であり、プロテインによって筋肉の増加を目指すことも可能です。

3.減量成功のカギは筋肉の量です

体についている筋肉の量と、体の代謝は比例しています。

そのため、多くのエネルギーを消費し糖質制限の効果を得るためには、筋肉をつけることが重要です。

たんぱく質を含んだプロテインによって筋肉の量を増やすのがよいでしょう。

4.職場などでも手軽に摂取することができるのがプロテインです

仕事などによって、昼食を外食で済まそうとすると糖質を多く含むメニューになりがちです。

その場合にシェイカーを持参し、プロテインを昼食として摂取すると糖質を抑えた食事が可能です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る