挫折しそうな糖質制限を続ける工夫とは?

挫折しそうな糖質制限を続けるためには無理をしないことが大切です


糖質制限では、糖質の摂取量を大幅に減らすことが特徴としてあげられます。

しかし、糖質の摂取量を減らすということは糖質を多く含む炭水化物をほとんど摂取できないいうことです。

そのため炭水化物の誘惑に負けてしまい、糖質制限を挫折しそうになってしまうという場合もあるでしょう。

継続するためには無理がない範囲で続けることが必要です。

全体の糖質量を調整して、好きなものを食べるなどの工夫をしてもよいでしょう。

糖質制限時の主な食事はおかずになります

普段、私たちが主食として食べているのがご飯やパン・麺類などの炭水化物です。

糖質は、甘い食べ物や果物などに多く含まれていますが、実は私たちの主食である炭水化物にも多く含まれています。

その証拠に、市販の食品などには栄養成分を表示しなければいけませんが、炭水化物は糖質と表示されることがあります。

炭水化物は糖質と食物繊維から構成されており、糖質のなかで糖類や多糖類など細かい分類がされます。

主食である炭水化物に糖質が多く含まれているため、糖質制限では糖質を多く含む炭水化物の摂取量を減らさなければいけないということになります。

そのため、糖質制限中は炭水化物よりもおかずが食事のメインになってしまいます。

これは炭水化物が好きな人にとっては非常に辛いことであり、糖質制限の大きな障害になります。

糖質の摂取量が制限できればおやつも食べられます


ダイエットと聞くと、おやつを食べてはいけないというイメージを強く持っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、糖質制限はほかの食事制限とは少し違います。

あくまで制限をするのは糖質の摂取量です。

糖質の摂取量さえ守ることができれば、食べ物を食べるということは制限されないという点を理解したうえで糖質制限を進めていきましょう。

この点を意識して工夫することで、糖質制限を継続しやすくなるでしょう。

減量を行うとき通常の食事制限であれば、カロリーを抑えるために間食を避けますが、糖質制限では間食をすることは許されています。

間食をしないというのは人によっては精神的に大きな負担を与えますが、糖質制限では間食ができるため精神的な負担は軽減するでしょう。

市販でも糖質の量を大幅に減らしたお菓子などが販売されていますし、糖質を含まない食事を間食として食べるということも可能です。

無理のない範囲での糖質制限を行いましょう

間食などの工夫も効果的ですが、糖質制限を継続するためには無理のない範囲で行うことも有効です。

ここでは継続するための注意点を紹介します。

無理な糖質制限は挫折の原因になります

糖質の摂取量は極力抑えなければいけませんが、無理をしてしまうと糖質制限は続きません。

そのため、精神的な負担を感じてしまうほど糖質の摂取量を減らすのは、糖質制限の継続を阻むものになってしまいます。

できる範囲での糖質制限を行いましょう

最初から3食すべてで糖質の摂取量を減らすのは難しいものです。

すべての食事で糖質を制限するのではなく、少しずつ糖質を抑えていくことがポイントです。

体も慣れていくため、継続にもつながるでしょう。

低糖質の炭水化物も販売されています

どうしても炭水化物が食べたくなったときは、低糖質の炭水化物を利用するのも方法として効果的です。

現在ではパンや麺類などの低糖質食品もあるため、糖質制限時にも食べることが可能です。

糖質制限を始めたころは、普段食べている食品をこうした低糖質食品に置き換えてみてもよいでしょう。

これらを利用することで、炭水化物を摂取したいという欲求を満たすこともできるので、糖質制限の挫折を防ぐのに非常に有効です。

もちろん低糖質食品にも糖質は含まれているため、全体の摂取量には注意が必要になります。

(まとめ)挫折しそうな糖質制限を続ける工夫とは?

1.挫折しそうな糖質制限を続けるためには無理をしないことが大切です

糖質制限では、炭水化物の摂取量を減らさなければいけないのでそれが精神的な負担につながります。

そのため時として挫折をしそうになったり、挫折してしまうというケースも発生します。

2.糖質制限時の主な食事はおかずになります

炭水化物を構成しているのは糖質と食物繊維です。

そのため糖質を多く含む炭水化物は糖質制限中に摂取するものとしては不向きです。

それが糖質制限中の負担になる場合もあります。

3.糖質の摂取量が制限できればおやつも食べられます

糖質制限では糖質の摂取量が守れるのであれば、間食を食べることもできます。

精神的な負担を減らすためにも、糖質を多く含んでいない食べ物を間食として食べることによってストレスを軽減させることもできます。

4.無理のない範囲での糖質制限を行いましょう

糖質制限を行うときは無理のない範囲で糖質を制限し、すべての食事で糖質をなくすのではなく適度に糖質も食事に取り入れましょう。

また、低糖質の炭水化物を食事に取り入れるという方法もあります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る