大豆に含まれるレシチンは中性脂肪の値を改善しますか?

レシチンが作用すると中性脂肪の改善につながります


レシチンとは、細胞膜の主成分で、リン脂質を含む脂質製品の総称として呼ばれています。

レシチンは乳化作用があり、水と油の両方と親和性が高い性質を持ちます。

水に溶けにくい脂質、脂肪酸、コレステロールなどを包み込み、血液などの水に溶かして栄養を運ぶ働きがあるといわれています。

そのため、レシチンが不足すると細胞内の物質の行き来が滞ってしまうので、細胞膜が正常な働きができず、体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

血管に脂肪やコレステロールなどの脂質成分がたまりやすくなり、血行不良による疲労や免疫力低下、さらに悪化すると動脈硬化や糖尿病など生活習慣病につながります。

また、レシチンの種類は、原料によって大きく2つに分けられます。

神経系効果が高いといわれている「卵黄レシチン」と血管系効果が高いといわれている「大豆レシチン」です。

卵黄レシチンは、脳へ供給し、自律神経を整え、記憶力向上、神経疾患予防などに作用するといわれています。

大豆レシチンは、血液に作用し、血行不良、動脈硬化、高脂血症など、血液や血管に関わる疾患予防に作用するといわれています。

脂肪燃焼とレシチンの関係

体内に蓄積されている中性脂肪が燃焼するとき、レシチンが大きく関わります。

レシチンは、水と油の両方の成分になじむ界面活性剤としての働きがあるので、血管に付着した脂質やコレステロールを溶けやすくする作用があるといわれています。

もともと水に溶けない特性を持つ脂質をエネルギーにするためには、タンパク質と結合し「リボタンパク」に変化する必要があります。

このとき、脂肪とタンパク質を結びつける役割をレシチンが担います。

レシチンの作用によって変化したリボタンパクが血液に溶けて細胞に運ばれ、エネルギーとして燃焼されていくのです。

また、肝臓の代謝機能を高める効果も期待されていて、中性脂肪の値が高く脂肪肝のリスクがある場合は、レシチンの効果で脂質がたまりにくくなるといわれています。

他にも、細胞内の老廃物を血液に溶かして体外に排泄する作用があるため、血流が改善するといわれています。

代謝がアップするので、活動的になり脂肪をためにくい体質に変化することが期待できます。

レシチンを含む食材の取り入れ方


レシチンは、自然由来の成分であらゆる食材に含まれていますが、なかでも、卵黄、大豆製品、ゴマ油、小魚、レバー、うなぎなどに多く含まれています。

神経系に作用する卵黄レシチンは卵黄に多く含まれていますが、コレステロールが気になる場合は、摂取量を調整するなど工夫が必要です。

一方、中性脂肪が気になる場合は、豆腐や納豆などの大豆製品から大豆レシチンを摂取することをおすすめします。

大豆から摂取するタンパク質が筋肉を作り、大豆製品に含まれる大豆サポニンの効果によりコレステロールを下げる作用も期待できます。

ビタミンやミネラル、タンパク質などの栄養素を一緒に摂取することで、レシチンの吸収が高まるためバランスの良い食生活を心がけましょう。

また、レシチンをサプリメントから摂取する場合は、含まれている成分に注意が必要です。

レシチンが大豆由来か卵黄由来かでも、効能が変わってきます。

成分表をチェックし、目的に合ったサプリメントを選びましょう。

レシチンの効果を引き出す組み合わせ

レシチンは、細胞に必要な栄養や酸素を吸収し、不要な老廃物を排泄する働きがあります。

また、油にも水にもなじみやすい性質があるため、さまざまな食品と相性が良く、一緒に摂取することで相乗効果が得られる組み合わせが多いといわれています。

例えば、肝臓の代謝を上げ脂肪の排泄を促すには、ウコンと組み合わせるのが良いでしょう。

ウコンは、ターメリックともいわれている香辛料のひとつです。

ウコンの主成分クルクミンは、肝機能を助ける効果がありますが、レシチンと一緒に摂取することで、胆汁の分泌量が増加し、体脂肪の排泄を促進させます。

他にも、ビタミンEとレシチンの組み合わせは細胞の酸化を防ぐ効果が高まります。

脂溶性のビタミンEは、余分な脂肪を排出する効果が期待でき、レシチンは、ビタミンEの吸収を高める効果があるといわれています。

レシチンの摂取が十分でないと、他の栄養を効率的に細胞に届けることができず、最大限に機能することができなくなるといわれています。

(まとめ)大豆に含まれるレシチンは中性脂肪の値を改善しますか?

1. レシチンが作用すると中性脂肪の改善につながります

レシチンとは、リン脂質を含む脂質製品の総称として呼ばれています。

水と油の両方と親和性が高いという特性を持つので、水に溶けにくい脂質、脂肪酸、コレステロールなどを包み込み、血液などの水に溶かして栄養を運ぶ働きがあります。

2. 脂肪燃焼とレシチンの関係

レシチンは、水と油の両方の成分になじむ界面活性剤としての働きがあるので、血管に付着した脂質やコレステロールを溶けやすくする作用があるといわれています。

脂肪を排出しやすく代謝の良い体質に変化することが期待できます。

3. レシチンを含む食材の取り入れ方

レシチンは自然由来の成分であらゆる食材に含まれていますが、なかでも、卵黄、大豆製品、ゴマ油、小魚、レバー、うなぎなどに多く含まれています。

レシチンの吸収を高めるため栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。

4. レシチンの効果を引き出す組み合わせ

レシチンは、細胞に必要な栄養や酸素を吸収し、不要な老廃物を排泄する働きがあります。

油にも水にもなじみやすい性質があるため、さまざまな食品と相性が良く、一緒に摂取することで相乗効果が得られる組み合わせが多いといわれています。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る