中性脂肪に対するdhaの効果はどのようなものですか?

DHAは腸内細菌叢を改善するバイオジェニックス食品


腸内環境を改善する機能性食品は、プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックスの3つのカテゴリーに分類されます。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、バイオジェニックスのカテゴリーに入る物質です。

バイオジェニックスとは、腸自体のコンディションに関係なく、腸内環境を改善させる方法論です。

植物や乳酸菌などによりつくられた生理活性物質を食べて腸管免疫を活性化し、腸内フローラを改善します。

ビタミン類、植物フラボノイド、乳酸菌生産物質、各種の免疫賦活物質などがその代表的な物質です。

光岡知足氏の打ち立てた腸内細菌学により、腸内フローラを介することなく直接、生体の機能、個体の歴史をつくり出す(バイオジェニックス)食品成分がさまざまに見いだされています。

腸内フローラを介することなく、直接生体に作用して生み出す機能には、以下のようなものがあります。
 免疫賦活、コレステロール低下作用、血圧降下作用、整腸作用、抗腫瘍効果、
 抗血栓、造血作用などの生体調節、生体防御、疾病予防・回復、老化制御など

該当する食品成分には、次のようなものがあります。
 乳酸菌体ペプチド、乳酸菌生産生理活性ペプチド、植物フラボノイド、
 DHA、EPA、ビタミンA・C・E、β-カロチン、CPPなど

狭義には、この食品成分自体をバイオジェニックスというようです。

プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックス

よくいわれるプロバイオティクスとは、乳酸菌の生菌や、生菌製剤を食べて、腸内環境を改善させる方法で、狭義には、その細菌や酵母をさします。

プレバイオティクスとは、オリゴ糖など、腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなるような物質を摂取して腸内環境を改善しようとするもので、狭義には、その難消化性食品成分をさします。

しかし、加齢とともに腸自体が老化、そこに善玉菌や善玉菌のエサを外から摂っても、多くは通過菌として体外に排出されるため、この2つの方法では毎日ヨーグルトを1~2 L食べるようでないと腸内環境は改善できないのです。

バイオジェニックスは、腸内フローラ(腸内細菌叢)を改善させるだけでなく、腸管免疫や生理活性作用を改善するため、疾病に直接働きかけるといわれています。

抗ストレスなど生体調節機能、免疫賦活・抗アレルギーなど生体防御機能、抗腫瘍効果、血圧降下作用、血糖低下作用、コレステロール低下作用などを通して、病気に働きかけ予防や回復の作用をなすことが期待されており、さまざまな実験結果もあらわされています。

長寿! 脂肪細胞


ところで肥満とは、白色脂肪細胞が中性脂肪を取り込み、肥大化し、脂肪でいっぱいになると細胞の数を増やしてさらに脂肪を取り込んでいる状態といえます。

20歳前後の成人では、白色脂肪細胞の数は400億個程度ですが、肥満者のその数は800億にもなるといわれるそう。

そして、白色脂肪細胞の寿命は約10年、細胞の中でも長寿なのだそうです。

白色脂肪細胞は、中性脂肪を蓄え、エネルギーが必要となると自らの脂肪を分解し、遊離脂肪酸とグリセロールという形で人体に供給します。

しかし、死ぬわけではなく、小さくなって前駆細胞という「いわば細胞の赤ちゃん」の状態に戻り、エネルギー過剰になれば「大人」の細胞になり、脂肪を取り込むのだそうです。

魚油とラード、マウスの腸内環境に大きな違い

腸内細菌がいるマウスといないマウス、生体内のシグナル伝達の受容体が欠けたマウス、などいろいろなマウスの食事に、脂質の組成だけが違う魚油食とラード食を11週間与えた実験があります。(Caesar et al., 2015, Cell Metabolism 22, 658–668)

すると、魚油食のマウスの腸内には、体重増加を抑えてグルコース代謝を改善するアッカーマンシア・ムシニフィラ(Akkermansia muciniphila)が増殖しました。

ラード食のマウスの腸内には、炎症を起こすピロフィラ属(Bilophila)の細菌が増殖しました。

魚油食のマウスのほうが、肥満が抑えられ、脂肪細胞も小さいものでした。

ラード食のマウスでは、白色脂肪細胞に炎症(マクロファージの集積と白血球数の増加)がみられましたが、腸内細菌が分泌する炎症促進物質により引き起こされていると考えられました。

ラード食マウスに、魚油食マウスの腸内細菌を移植すると、肥満や炎症が改善したため、腸内細菌は独立して生体に影響を与えていると考えられました。

アッカーマンシア・ムシニフィラが多い人ほど、インスリン抵抗性の改善効果が顕著にあらわれるといった報告もあり、肥満や糖尿病との関連性が指摘されています。

食事で食べる程度の魚油の摂取は、腸内環境を改善すると考えられます。

(まとめ)中性脂肪に対するdhaの効果はどのようなものですか?

1. DHAは腸内細菌叢を改善するバイオジェニックス食品

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、「植物や乳酸菌などによりつくられた生理活性物質を食べて腸管免疫を活性化し、腸内フローラを改善する」バイオジェニックスというカテゴリーに入る食品です。

バイオジェニックス食品の機能には、免疫賦活、コレステロール低下作用、血圧降下作用、整腸作用、抗腫瘍効果、抗血栓、造血作用などの生体調節、生体防御、疾病予防・回復、老化制御などがあります。

該当する食品成分には、乳酸菌体ペプチド、乳酸菌生産生理活性ペプチド、植物フラボノイド、DHA、EPA、ビタミンA・C・E、β-カロチン、CPPなどがあります。

2. プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックス

プロバイオティクスとは、乳酸菌の生菌や生菌製剤を食べて腸内環境を改善させる方法で、狭義にはその細菌や酵母をさします。

プレバイオティクスとは、オリゴ糖など腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなるような物質を摂取して腸内環境を改善しようとするもので、狭義にはその難消化性食品成分をさします。

バイオジェニックスは、植物や乳酸菌などによりつくられた生理活性物質を食べて腸管免疫を活性化し、腸内フローラを改善するものです、狭義にはこの食品成分自体をさします。

3. 長寿! 脂肪細胞

肥満とは、白色脂肪細胞が中性脂肪を取り込み、肥大化し、脂肪でいっぱいになると細胞の数を増やしてさらに脂肪を取り込んでいる状態です。

白色脂肪細胞の数は400億個程度ですが、肥満者のその数は800億にもなるといわれます。

この白色脂肪細胞の寿命は、約10年細胞の中でも長寿です。

4. 魚油とラード、マウスの腸内環境に大きな違い

脂質の組成だけが違う魚油食とラード食をマウスに与えた実験では結果、魚油食のマウスのほうが肥満が抑えられ、脂肪細胞も小さいものでした。

腸内細菌アッカーマンシア・ムシニフィラが多い人ほど、インスリン抵抗性の改善効果が顕著にあらわれるといった報告もあり、肥満や糖尿病との関連性が指摘されています。

食事で食べる程度の魚油の摂取は、腸内環境を改善すると考えられます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る