麺類を多く食べる人は、中性脂肪の数値が高くなるの?

麺類はその糖質ゆえ、食べ方により中性脂肪値が高くなる傾向が


私たちが普段、気軽に口にできる麺類にはどのような種類があるでしょうか。

うどんや蕎麦、ラーメンやスパゲッティなどなど。

日々の食事や外食で気軽に食べられる麺類の殆どは、糖質が多く含まれています。

麺類がダイエットの天敵といわれるのは、中性脂肪の元となる糖質が多く含まれているからです。

糖質は私たちの体を動かす、大切なエネルギー源として必要な栄養素です。

食事から摂取するとすぐにブドウ糖になり、血液に流れ込みます。

血液中のブドウ糖の濃度が高くなる(血糖値があがる)と、膵臓から血糖値を下げるインスリンが分泌され、ブドウ糖は体の細胞に移動させられてエネルギー源として使われます。

しかし糖質を過剰に摂取すると、消費されずに余ったブドウ糖はグリコーゲンや中性脂肪に合成され、非常時のエネルギー源として体内に蓄積されます。

特に、食事後の運動量が減る「夜」に麺類のみを食べたり、多く摂取したりすると、中性脂肪の値が高くなる傾向があります。

でもどうしても麺類が食べたい……と思った時は、ちょっとした工夫をするだけで、血糖値をあげにくくすることが可能です。

具材が多めに入っているものを選び、量は少なめに摂取することを心掛ける

例えばスパゲッティ。

赤身肉やあさりなど、糖質をあまり含まない具材を多く含むメニューを選ぶことは有効といえます。

脂質が少ない良質なたんぱく質を摂取することで、筋肉を動かし体内のエネルギー代謝を高めます。

うどんや蕎麦は、玉子やわかめなどの海草類が入っているメニューを選ぶのがよいでしょう。

玉子は糖質が殆ど含まれず、良質なたんぱく質がバランスよく含まれる食品です。

また、わかめや海苔などの海草類は、食物繊維でできています。

小腸を通って大腸まで消化されずに運ばれる食物繊維は、腸の働きをよくします。

整腸作用があるため、便秘予防にも繋がります。

また、血糖値上昇の抑制や、血液中のコレステロール値濃度を抑える働きもあります。

しかし麺類の摂り過ぎは本末転倒。

いずれの場合でも、麺類の摂取量は少なめに摂ることを心掛けましょう。

サイドメニューを活用し、バランスよくなるよう工夫する


麺類の殆どが高脂肪で、麺類だけでは野菜不足になりがちとなることを忘れてはいけません。

そのため、野菜やスープなどのサイドメニューを組み合わせ、麺類を食べる前に摂るなどの工夫
をしましょう。

野菜にはビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素が含まれているため、栄養のバランスもよくなります。

飲料は、砂糖の含まれていないお茶や、野菜ジュースなどを選択するのがよいでしょう。

また、温かい麺類のスープは、飲み干すと塩分過多となり健康を害することにも繋がります。

特にラーメンのスープ類には脂質が多く含まれるものも多いため、飲み干すことがないようにしましょう。

麺類は、食後に運動活動量が減る傾向となる夜間よりも、比較的活動量が多い昼間の食事に摂取するなどの工夫が有効ともいえます。

しっかり噛むことで満腹中枢が刺激され、早く満腹感を得ることができるので、ゆっくりと食べることも大切です。

糖質が低めの麺類を選ぶことも有効

糖質が多く含まれる麺類ですが、その中でも糖質が低めとされている食品があります。

精製度の低い全粒粉を使用したスパゲッティは通常の麺より糖質が低めです。

また蕎麦は他の麺類より血糖値が緩やかに上昇、下降する食品です。

中性脂肪は、血糖値がある一定以上になると、初めて体内で作られます。

緩やかに血糖値が推移すれば、その値を超えない、もしくは超えてもその時間が短くなるため、脂肪がつきにくい、つまり太りにくいといえます。

また最近では市販でも、大豆の全粒粉を主成分とするスパゲッティや、糖質量を減らしたうどん麺などの「糖質オフ麺」の商品を多く目にされるようになりました。

そういった糖質が低めの食品を活用することも有効です。

しかし前述通り、やはり摂り過ぎは禁物。

麺類の摂取回数は最小限に抑え、糖質を摂りすぎないよう心掛けることが最も大切です。

(まとめ)麺類を多く食べる人は、中性脂肪の数値が高くなるの?

1. 麺類はその糖質ゆえ、食べ方により中性脂肪値が高くなる傾向が

麺類の殆どは、中性脂肪の元となる糖質が多く含まれます。

麺類だけを摂取すると血糖値が急激に上昇し、中性脂肪が作られやすい体内環境となります。

しかしちょっとした工夫をするだけで、血糖値をあげにくくすることが可能です。

2. 具材が多めに入っているものを選び、量は少なめに摂取することを心掛ける

糖質が少ない具材を多く含むメニューを選ぶことも有効。

良質なたんぱく質を摂取することで、体内のエネルギー代謝を高めたり、食物繊維を摂取することで血糖値上昇の抑制や、血液中のコレステロール値濃度を抑えたりする効果もあります。

3. サイドメニューを活用し、バランスよくなるよう工夫する

野菜やスープなどのサイドメニューを組み合わせ、麺類を摂取する前に摂りましょう。

食後に運動活動量が減る傾向となる夜間より、比較的活動量が多い昼間の食事に摂取する、またしっかり噛んで満腹中枢を刺激するなどの工夫も有効です。

4. 糖質が低めの麺類を選ぶことも有効

精製度の低い全粒粉を使った麺類は糖質が低めで血糖値の上昇、下降が緩やかな傾向があります。

また最近では市販でも糖質量を減らした「糖質オフ麺」の商品を多くなってきたため、そのような食品を活用することも有効といえます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る