マーガリンは食べても中性脂肪には影響しないのですか?

マーガリンを摂りすぎると中性脂肪を増やすことがあります


マーガリンの原料は植物性の油で、コーン油や大豆油、オリーブ油、紅花油など様々な種類の油が使用されています。

食品売り場には、風味や食感に工夫がなされた商品が数多く並んでいますし、価格も比較的安価で手に取りやすく、日常の食事に欠かせないという方も多いかもしれません。

脂質は重要なエネルギー源となるだけでなく、脂溶性ビタミンや必須脂肪酸の摂取にも不可欠な物質ですので、全く摂らないということは望ましくありません。

しかし、過剰摂取によって余った分は中性脂肪として体内に蓄えられ、肥満の原因となりますので、摂取量や食事とのバランスが大切です。

食品に含まれる脂質は、ほとんどが中性脂肪ですが、構成する脂肪酸の種類によって飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。

動物性の脂肪には常温で固まる飽和脂肪酸が多く、植物油には、常温で液状の不飽和脂肪酸が多くなっています。

また、飽和脂肪酸は、摂りすぎるとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増やすことがわかっています。

ですから、動物性脂肪のバターよりも植物油が原料のマーガリンの方がヘルシーなイメージをもつ方もいるかもしれません。

マーガリンには、製造過程で産生されるトランス脂肪酸が多く含まれ、これがLDLコレステロールを増やすことがわかってきました。

海外ではトランス脂肪酸を規制している国もあるくらいですから、マーガリンにも注意が必要です。

マーガリンの原料の多くは植物油です

マーガリンは、植物油を主な原料として製造されます。

原料の多くは、大豆油、なたね油、コーン油、パーム油、綿実油、ひまわり油などの種類があります。

また、魚油や豚脂や牛脂が使われることもあります。

マーガリンは、植物油などの原料に、食塩や風味づけの材料などを水に溶かして加えて乳化させますので、目的に合わせて加工されています。

風味や食感など種類も様々で、最近ではバターを加えたタイプのものや、カロリーを大幅にカットしたタイプのものも数多く販売されているようです。

中性脂肪が増える一因として動物性脂肪の摂りすぎがあげられることが多いので、比較するとカロリーの低いマーガリンの方が摂りやすいイメージをもつ方も多いかもしれませんが、同じ脂質ですので、摂りすぎないようにしましょう。

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸に注意しましょう


マーガリンの製造では、原料となる植物油を固形化または半固形化に加工する際に、水素を添加しています。

水素添加によって不飽和脂肪酸の割合が減って飽和脂肪酸の割合が増えますが、このときにトランス脂肪酸が生成されます。

サラダ油など精製過程において高温で処理を行う植物油にも、トランス脂肪酸が含まれています。

不飽和脂肪酸の炭素間の二重結合をはさんで水素原子が反対側についていることをトランス型、同じ側についていることをシス型と表します。

トランス脂肪酸は、トランス型の二重結合を一つ以上もつ不飽和脂肪酸のことをまとめて呼んでいます。

トランス脂肪酸を摂りすぎると、LDLコレステロールが増えてHDLコレステロール(善玉コレステロール)が減るということがわかりました。

日常的にトランス脂肪酸を摂りすぎている場合には、摂る量が少ない場合に比べて心臓病にかかるリスクが高くなることが示されています。

脂質の他に糖質を控えてバランスの良い食事を摂りましょう

食品中の脂質はほとんどが中性脂肪ですので、過剰摂取によって余った分は蓄積され、肥満の原因となります。

脂質は重要なエネルギー源ですが、摂りすぎないようにすることが大切です。

また、脂質だけでなく糖質もエネルギー源となりますが、甘いものや炭水化物を摂りすぎると、エネルギー源として利用されずに余った分が脂肪にかえられて蓄積されますので、やはり摂りすぎないようにしましょう。

私たちの体は、エネルギーを消費する順番があり、糖質、体脂肪、タンパク質となっていますので、糖質を控えることで脂肪の燃焼をたすけることにつながります。

食事のバランスを少し見直して糖質を控えることで、中性脂肪を減らせる可能性があります。

糖質制限に加えてタンパク質や食物繊維の多い食品を組み合わせた献立にすることで、代謝量や筋肉量の維持につながり、太りにくい体になることが期待できます。

(まとめ)マーガリンは食べても中性脂肪には影響しないのですか?

1. マーガリンを摂りすぎると中性脂肪を増やすことがあります

マーガリンの原料は植物性の油で、コーン油や大豆油、オリーブ油、紅花油など様々な種類の油が使用されています。

脂質は摂りすぎると、余った分が中性脂肪として体内に蓄えられ、肥満の原因となりますので、摂取量や食事とのバランスが大切です。

2. マーガリンの原料の多くは植物油です

マーガリンの原料の多くは、大豆油、なたね油、コーン油、パーム油、綿実油、ひまわり油などの植物油です。

原料に、食塩や風味づけの材料などを水に溶かして加えて乳化させますので、目的に合わせて加工され、風味や食感など種類も様々です。

バターよりもカロリーは低いですが、同じ脂質ですので、摂りすぎないようにしましょう。

3. マーガリンに含まれるトランス脂肪酸に注意しましょう

マーガリンの製造では、植物油を固形化または半固形化に加工する際に水素を添加しますが、これによりトランス脂肪酸が生成されます。

トランス脂肪酸を摂りすぎると、LDLコレステロールが増えてHDLコレステロール(善玉コレステロール)が減るということがわかり、摂りすぎると心臓病にかかるリスクが高くなることが示されています。

4. 脂質の他に糖質を控えてバランスの良い食事を摂りましょう

脂質だけでなく、糖質も摂りすぎると余った分が脂肪にかえられて蓄積されますので、摂りすぎないようにしましょう。

私たちの体は、エネルギーを消費する順番があり、糖質、体脂肪、タンパク質となっていますので、糖質を控えることで脂肪の燃焼をたすけることにつながります。

食事のバランスを少し見直して糖質を控えることで、中性脂肪を減らせる可能性があります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る