中性脂肪とフルーツにはどのような関係があるのですか?

フルーツを摂りすぎると糖質が中性脂肪となり蓄えられます


フルーツには、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養成分が豊富に含まれていますので、美容や健康に良い食品として知られています。

フルーツを利用したダイエット方法、リンゴダイエットやバナナダイエットなどもよく耳にするのではないでしょうか。

また、フルーツのカロリーは、肉や魚に比べて少なく、含まれる脂質も少ないため、ダイエットに向く食品という考え方もあるようです。

しかし、フルーツの摂りすぎによって、中性脂肪が増えてしまうことがあります。

食品中に含まれる脂質は、ほぼ中性脂肪ですので、脂質の多い食品を摂りすぎるとエネルギーとして消費されずに余った分が体内に蓄積されてしまいます。

これ以外にも、私たちの体は糖質を摂りすぎた場合にも、余った糖質を中性脂肪に変えて蓄えるようになっています。

ですから、脂質の少ないフルーツでも、糖質の多いものを摂りすぎると、中性脂肪を増やす一因となる場合があるのです。

中性脂肪を増やさないようにするためには、食事の内容に注目し、糖質を摂りすぎないようにすることが大切です。

糖質制限では、食事の糖質を抜く、低糖質の食品に置き換えるだけで良いので、肉や魚なども食べることができます。

一日三食、栄養バランスの取れた食事をしっかり摂りながら、中性脂肪を減らしましょう。

栄養豊富なフルーツには、糖質も多く含まれています

フルーツには多くの種類がありますが、一般的にほぼ80~90%が水分となっています。

その他に、糖質、食物繊維、ビタミン、ミネラル、有機酸が含まれています。

フルーツの種類によって、成分に違いがありますので、中性脂肪の蓄積を予防するためには、糖質の少ないフルーツを食べるようにすると良いでしょう。

糖質が少ないフルーツには、いちご、ラズベリー、パパイヤ、グレープフルーツなどがあります。

反対に、糖質の多いフルーツには、ダイエット食品として利用されることの多いリンゴやバナナがあります。

ドライフルーツや缶詰のフルーツも糖質が多く含まれています。

フルーツには食物繊維も多く含まれますので、食事の栄養バランスをととのえるためには摂りたい食品ですが、食べ過ぎないようにしましょう。

糖質を摂りすぎると中性脂肪を増やす一因となります


糖質を摂ると血糖値が上がってインスリンが分泌され、血糖値を一定にコントロールするようにはたらきますが、インスリンには糖質を中性脂肪に変える働きもあります。

フルーツに含まれる糖質は果糖とブドウ糖で、ブドウ糖は血糖値を上昇させますが、果糖は直接的には血糖値を上昇させませんので、インスリンの影響は受けないことが知られています。

しかし、果糖は肝臓で中性脂肪に変換されて蓄えられますので、やはり摂りすぎないようにした方が良いでしょう。

また、私たちの体にはエネルギーを消費する順番があり、糖質、体脂肪、タンパク質となっていますので、糖質を摂りすぎると、エネルギーを消費する順番が回ってこなくなって体脂肪を燃焼させることが難しくなってしまいます。

さらに、糖質が余ってしまうと、また中性脂肪に変えられ蓄積されることにつながるのです。

糖質を控えたバランスの良い食事で中性脂肪を減らしましょう

糖質の過剰摂取によって余ったエネルギーが中性脂肪となって蓄積されますので、糖質を摂りすぎないようにすることで中性脂肪の増加を予防することができると考えられます。

食事のカロリーだけでなく、内容にも注目してみましょう。

糖質制限は、食事中の糖質の多い食品を抜いたり、低糖質の食品に置き換えたりする方法ですので、ライフスタイルに合わせやすく、取り入れやすいのではないでしょうか。

この方法では脂っこい食品は避けるようにしますが、肉や魚などのカロリーが高い食品も食べることができますので、野菜や海藻と組み合わせて栄養バランスの取れた食事をしっかり摂ることができます。

バランスの取れた食事に、運動を組み合わせて代謝力を高めることで、太りにくい体づくりを目指しましょう。

(まとめ)中性脂肪とフルーツにはどのような関係があるのですか?

1. フルーツを摂りすぎると糖質が中性脂肪となり蓄えられます

フルーツには、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養成分が豊富に含まれますが、フルーツの摂りすぎで中性脂肪が増えることがあります。

私たちの体は糖質を摂りすぎた場合、余った糖質を中性脂肪に変えて蓄えますので、糖質の多いフルーツを摂りすぎると中性脂肪を増やす一因となる場合があります。

2. 栄養豊富なフルーツには、糖質も多く含まれています

中性脂肪の蓄積を予防するためには、糖質の少ないフルーツを食べるようにすると良いでしょう。

糖質が少ないフルーツには、いちご、ラズベリー、パパイヤ、グレープフルーツなどがあり、糖質の多いフルーツには、ダイエット食品として利用されることの多いリンゴやバナナがあります。

3. 糖質を摂りすぎると中性脂肪を増やす一因となります

フルーツに含まれる糖質は果糖とブドウ糖で、ブドウ糖は血糖値を上昇させますが、果糖は直接的には血糖値を上昇させません。

しかし、果糖は肝臓で中性脂肪に変換されて蓄えられますので、やはり摂りすぎないようにした方が良いでしょう。

4. 糖質を控えたバランスの良い食事で中性脂肪を減らしましょう

中性脂肪の増加を予防するには、食事の内容にも注目しましょう。

糖質制限は、食事中の糖質の多い食品を抜いたり、低糖質の食品に置き換えたりするだけですので、取り入れやすい方法ではないでしょうか。

肉や魚、野菜や海藻を組み合わせた栄養バランスの取れた食事と運動で、代謝力を高めて太りにくい体づくりを目指しましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る