中性脂肪値を下げるにはポリフェノールが役立つ?

ポリフェノールは中性脂肪値を下げると言われています


植物に含まれる成分の一種であるポリフェノールは抗酸化作用があると言われ、中性脂肪値を下げる役に立つとされています。

ポリフェノールはさまざまな種類があり少しずつ違っていますが、毎日適度にポリフェノールを取ることをおすすめします。

そして運動を合わせて行うと抗酸化作用がより高まると言われるので、有酸素運動を一緒に行いましょう。

また一層中性脂肪値の改善に取り組みたい時は糖質制限も行ってみましょう。

さまざまな種類のポリフェノールを知り、適度に取ることです

ポリフェノールとは植物に含まれる抗酸化作用があると言われる成分で、中性脂肪値改善に役立つと言われており、サプリメントなども発売されています。

このポリフェノールにはあらゆる種類があり、それぞれによって中性脂肪値を改善したり中性脂肪を燃えやすくしたりと、少しずつ違った働きが期待されているのです。

そのため中性脂肪値を下げたい時など目的に合ったポリフェノール緒積極的に取ることをおすすめします。

カテキン

緑茶などに含まれており、肝臓で行われる脂質代謝を促進して脂肪の燃焼をしやすくしたり、コレステロールを下げたりすると言われています。

抗酸化作用も血管の健康維持に役立つことが期待されています。

クロロゲン酸

コーヒーなどに含まれており、脂肪を燃焼させる時に細胞へ取り込む働きを促進させると言われています。

アントシアニン

ブルーベリーなどに含まれ、目の働きをサポートする成分として良く知られていますが、体に中性脂肪がつくことを防ぐことにも役立つとされています。

そして運動を合わせて行うことにより、その働きがアップしたとも言われています。

運動してポリフェノールの働きをさらに高めましょう


ポリフェノールの一種であるアントシアニンなどが持つと言われる抗酸化作用は、運動するとその働きがよりアップすると期待されています。

抗酸化作用が高まると脂肪代謝も促進されると言われるため、運動はポリフェノールの摂取と合わせて中性脂肪値の改善に欠かせないポイントです。

有酸素運動を継続して行う

中性脂肪値を下げる目的で運動を行う場合、有酸素運動を行うようにしましょう。

有酸素運動は体内の酸素を使って脂肪や糖を燃焼するため中性脂肪値改善に役立ち、具体的なスポーツにはジョギング・ウォーキング・水泳などがあります。

どの運動を選んだ場合でも気をつけておきたいポイントは、強度を上げすぎないことで、初めのうちから張り切ってしまうと筋肉痛がひどくなったりなかなか疲れがとれなかったりして、その後継続が難しくなるかもしれません。

有酸素運動は軽めの運動に時間をかけて取り組むことが大切なので、あまりに苦しいと感じる内容ではなく例えばジョギングでは会話ができるくらいの強度にしましょう。

積極的に中性脂肪を減らしたい時は糖質制限も考えてみましょう

積極的にポリフェノールを取ったり有酸素運動を続けたりするだけでなく、さらに中性脂肪値の改善に取り組みたい時には、糖質制限も行う方法があります。

なぜなら中性脂肪は、食事で取り消費されずに余った糖質や脂質が元になっているためで、食事から取る糖質や脂質の量を減らすことで、中性脂肪値の上昇を防ぐのです。

糖質制限では、糖質の摂取量を減らし、その分タンパク質や食物繊維を取るため、たとえポリフェノールが豊富な食品であっても控えめにした方が良い物もあります。

例えば、ぶどう・チョコレート・ココア・コーヒー・ワインなどがそれに当たります。

代わりに緑茶や大豆など糖質が少ない食品からのポリフェノール摂取がおすすめです。

ただしココアやコーヒーは砂糖が入った甘い物は避け、ブラックまたは豆乳を加えて飲むようにしましょう。

特に大豆はタンパク質が豊富で脂質が少ないことからも、糖質制限では選びたい食材のひとつになっています。

(まとめ)中性脂肪値を下げるにはポリフェノールが役立つ?

1.ポリフェノールは中性脂肪値を下げると言われています

ポリフェノールが持つ抗酸化作用は、中性脂肪値改善に役立つと言われています。

運動も一緒に行うとその働きを高めるとされるので、強度の軽い有酸素運動をぜひ行いましょう。

さらに中性脂肪値の改善を目指したい時は糖質制限もおすすめです。

2.さまざまな種類のポリフェノールを知り、適度に取ることです

ポリフェノールにはさまざまな種類があり、中性脂肪値の改善や中性脂肪を減らす働きがあると言われています。

ポリフェノールは緑茶やコーヒー、ブルーベリーなどに含まれているため、日々の生活の中で少しずつ取りましょう。

3.運動してポリフェノールの働きをさらに高めましょう

ポリフェノールの抗酸化作用は、運動をするとさらにその働きが高まると言われるため、運動をポリフェノールの摂取と一緒に行いましょう。

その時の運動は有酸素運動がおすすめで、軽めの強度にし長く継続して行うことが大切です。

4.積極的に中性脂肪を減らしたい時は糖質制限も考えてみましょう

糖質制限で中性脂肪値を改善する時は、ポリフェノールを多く含む食品の中で糖質が多い物もあるため気を付けましょう。

緑茶や大豆は糖質が少なく、特に大豆はタンパク質が豊富な食品なので、糖質制限中も積極的に取ることをおすすめします。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る