パスタは中性脂肪が付きにくいってホント?

パスタは低GI食品のため食べても中性脂肪が付きにくい食品です


主食には糖質が多く含まれており、食べると血糖値の上昇が急激になる物も少なくありませんが、中でもパスタは食べても緩やかに血糖値が上がる特徴があります。

そのためエネルギーが余りにくく中性脂肪が付きにくい食品と言えるのです。

しかしパスタにかけるソースで脂質などの多い高カロリーのタイプを選んでしまうと血糖値の上昇は急激になりやすいので、ヘルシーなソースベースと具材を使った物を使いましょう。

また、糖質制限向けにつくられた一般のパスタよりも糖質が低く中性脂肪がさらに付きにくいパスタもあります。

パスタを食べても血糖値の上昇は緩やかです

ごはんやパンなど主食のには糖質が多く含まれており、糖質は体を動かすために欠かせないエネルギーになります。

しかし糖質を取りすぎると内臓や筋肉などでの消費量を上回った分は、中性脂肪となって蓄積されてしまうのです。

特に急激に血糖値が上がると余ってしまうエネルギー量が多くなりがちで、白米や精製された小麦粉でつくったパンなどはこれに当たります。

GIという言葉がよく聞かれるようになりましたが、GI値とは血糖値を上昇させるスピードを数値にして表したものです。

血糖値が急に上がる食品は数値が高く、逆に緩やかな上昇の食品は数値が低くなっています。

そこで白米とパスタのGI値を比較してみると、白米は84、乾麺タイプのパスタは65、さらに全粒粉パスタでは50ととても低い数値です。

食パンは91と主食の中では最も高い数値となっており、和食で低カロリーと思いがちなうどんも80~85とパスタより高い数値を持っています。

このことからパスタは食べても血糖値の上昇が緩やかなため、中性脂肪が付きにくい食品と言えるのです。

パスタにかけるソースの選び方も中性脂肪の増加に関わります


パスタ自体は低GI食品で、食べても中性脂肪が付きにくいという特徴がありますが、パスタにかけるソースにも気を付けることが大切です。

おいしいパスタとして人気があるクリームソースを使ってしまうと、バターや生クリームなどの脂質をたくさん取りやすく、中性脂肪が増えやすくなります。

もしクリームソースを楽しみたいのであれば、豆乳をソースのベースにし、具材はほうれん草やえび、鶏肉、あさりなどを使用すると中性脂肪に気を遣ったメニューになるでしょう。

使うオイルの種類にも注意

オイルを絡めるとおいしさがアップするパスタですが、どんなオイルでも良いわけではありません。

ここでも糖質や脂質の量には配慮しましょう。

中性脂肪の付きにくいオイルとしておすすめはオリーブオイルやごま油です。

バターも糖質だけに注目すれば大変少ない含有量になっています。

ですが、どのオイルも高カロリーのため、使う時はできるだけ少量にして取りすぎないようにしましょう。

糖質制限中にパスタを食べる場合は低糖質タイプを選びましょう

スーパーなどで市販されているパスタは、デュラム・セモリナという小麦粉の中でも低GIのタイプが使われています。

そのため、比較的中性脂肪が付きにくいと言われています。

さらに中性脂肪の増加に気を付けたい時には、糖質制限向けのパスタを使う方法があります。

これは糖質の摂取量を控えてタンパク質や食物繊維をたっぷり取るというパスタなので、市販のものよりもさらに糖質の含有量が少なくなっているのです。

糖質の含有量を比較すると、低糖質タイプのパスタは市販品の大体半分位まで減らされており、エネルギーが余って中性脂肪になりにくいことが分かります。

また糖質制限に取り組む時は低糖質パスタを選ぶだけでなく、ソースはオリーブオイルを使ったペペロンチーノにする、たっぷりのサラダを加えるなどの工夫も効果的でしょう。

さらに、飲み物は中性脂肪を減らすと言われるポリフェノールを含む紅茶などを取り入れたメニューにしましょう。
もちろん紅茶には砂糖を入れないようにし、糖質を減らす工夫がおすすめです。

(まとめ)パスタは中性脂肪が付きにくいってホント?

1.パスタは低GI食品のため食べても中性脂肪が付きにくい食品です

ごはんやパンなどの主食を食べると血糖値が上がりやすいですが、パスタは緩やかに上がるため中性脂肪が付きにくい食品です。

パスタにかけるソースもヘルシーな物にすることで、さらに役立ちます。

また低糖質タイプのパスタを利用する方法もおすすめです。

2.パスタを食べても血糖値の上昇は緩やかです

主食と呼ばれる食品には多くの糖質が含まれており、血糖値の上昇が急にな場合は中性脂肪がつきやすくなります。

しかしパスタは食べても血糖値の上昇が緩やかなので、中性脂肪が付きにくい食品と言えます。

3.パスタにかけるソースの選び方も中性脂肪の増加に関わります

パスタにかけるソースは高カロリーの物を避けてヘルシーな物を選びましょう。

豆乳がベースのものや具材が野菜や鶏肉、魚介類などであれば低カロリーになりやすく中性脂肪がつきにくくなります。

4.糖質制限中にパスタを食べる場合は低糖質タイプを選びましょう

市販のパスタも低GI食品ですが、糖質制限向けの低糖質タイプのパスタはさらに糖質量が少なく、中性脂肪がより付きにくくなります。

ちなみにパスタを糖質制限中に食べる時は、オリーブオイルを使ったペペロンチーノにしてたっぷりのサラダを付けるなどしましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る