中性脂肪を減らすダイエット中に汗が臭うことはありますか?

「激しい」糖質制限ダイエットを行うと、汗が臭うことも


私たちの体はエネルギー源として、主に白米やパンなどの炭水化物に多く含まれる糖を利用しています。

食事などから体内に摂取された糖分は腸でブドウ糖として吸収され、血液で運ばれていきます。

そして全身の細胞にブドウ糖が取り込まれ、エネルギー源として活用されます。

しかし余ったブドウ糖は、中性脂肪に変換され、いざとういう時の予備エネルギー源として肝臓などの体内に蓄えられます。

この中性脂肪を減らすためには、主に食事制限や有酸素運動が有効です。

しかし中性脂肪を減らしたいがために厳しい糖質制限ダイエットを行うと、体のさまざまな不調を引き起こします。

その一つの症状として、汗や尿などの体から排出される水分の臭いが変わることがあります。

激しい糖質制限により体内から糖質がなくなると、肝臓は中性脂肪を分解して脂肪酸を作り出します。

その脂肪酸からケトン体というエネルギー源を合成して、足りないエネルギーを補います。

ケトン体には臭いがあり、果物が腐ったような甘酸っぱいにおいがします。

このケトン体が体内に多くなると、汗にもケトン体の臭いが混じるため、汗や尿など、体から排出される水分の臭いが変わることがあるのです。

ケトン体が多くなりすぎると体に悪影響を及ぼす可能性があります

無理な糖質制限は体内から出る汗の臭いが強くなるだけではありません。

激しい糖質制限ダイエットにより体内の糖を消費し尽くしてしまうと、私たちの体は次の手段として脂肪を分解しエネルギー源である糖を作り出そうとします。

脂肪の分解過程でできる代謝産物がケトン体です。

糖質の欠乏状態が続き、ケトン体が多くなりすぎると、まれにケトアシドーシスという危険な状態になることがあります。

ケトアシドーシスとは、ケトン体が体内に増えすぎることで、血液や体液が酸性に傾き、吐き気や嘔吐などの症状が引き起こされることをいいます。

更に進行すると昏睡状態に陥ってしまうこともあります。

健康な人であればケトアシドーシスになる心配はほとんどありませんが、注意が必要です。

中性脂肪の値を下げるには食事の見直しが効果的


中性脂肪の値が高い原因は、甘いものやアルコール類、油っこい食べ物や炭水化物の摂り過ぎがあげられます。

砂糖が多く入った炭酸飲料などのドリンクを習慣的に飲む人も多い傾向があるため、これらを改めるだけでも中性脂肪を下げることができます。

逆にさば、さんま、いわしなどの青魚には多価不飽和脂肪酸が含まれており、中性脂肪やLDL(悪玉)コレステロールを下げる働きがあるといわれます。

積極的に摂るようにしましょう。

また余分な糖質の摂取を減らすことは、今現在、体内に蓄積されている中性脂肪をこれ以上増やさないことにもなるため、緩い糖質制限も効果的といえます。

白米やパンなどの炭水化物は、一口残すだけでも1ヶ月に500g減量できるといわれています。

果糖は体内に吸収されやすく、肝臓で中性脂肪になりやすいため、食後に運動量が多くなる朝などに摂取するよう心がけましょう。

中性脂肪を減らすには継続的に行う有酸素運動が最も効果的です

中性脂肪を減らすための最も効果的な方法は、有酸素運動を継続的に行うことです。

筋肉への負荷が比較的軽く、血糖や脂肪が酸素と一緒に使われる運動を有酸素運動といいます。

通常の運動やスポーツは無酸素運動と有酸素運動が組み合わさっています。

例えば散歩やウォーキングなどの息が上がりすぎない軽い運動は有酸素運動の割合が高くなっています。

この有酸素運動は継続して20分を過ぎたころからエネルギー源が体脂肪に切り替わるため、脂肪燃焼を目的とするには比較的長時間継続することが効果的です。

有酸素運動の割合が多い運動は、ほかに軽いジョギング、エアロバイク(自転車型トレーニング器具)、水中歩行、サイクリング、アクアビクス、水泳などがあります。

ちょっときついけれど続けられる程度の運動を継続的に行うことが理想的といえます。

また長期的に続けることにより心肺持久力が高まると、身体活動量の増加につながり、中性脂肪が作られにくい体にもなります。

(まとめ)中性脂肪を減らすダイエット中に汗が臭うことはありますか?

1. 「激しい」糖質制限ダイエットを行うと、汗が臭うことも

体内から“糖質”がなくなると、肝臓は中性脂肪を分解して脂肪酸を作り出し、ケトン体というエネルギー源を合成し足りないエネルギーを補います。

ケトン体には臭いがあり、体内に多くなると汗にもケトン体の臭いが混じることがあります。

2. ケトン体が多くなりすぎると体に悪影響を及ぼす可能性があります

糖質の欠乏状態が続きケトン体が多くなりすぎると、まれにケトアシドーシスという危険な状態になることがあります。

吐き気や嘔吐などの症状が引き起こされ、更に進行すると昏睡状態に陥ってしまうこともあるため注意が必要です。

3. 中性脂肪の値を下げるには食事の見直しが効果的

中性脂肪の値が高い原因である食事を改善し、中性脂肪やLDL(悪玉)コレステロールを下げる働きがある食物を積極的に摂取しましょう。

また緩い糖質制限は、体内に蓄積された中性脂肪をこれ以上増やさないことにも寄与するため有効といえます。

4. 中性脂肪を減らすには継続的に行う有酸素運動が最も効果的です

有酸素運動は継続して20分を過ぎたころからエネルギー源が体脂肪に切り替わるため、比較的長時間継続することが効果的です。

また長期継続により心肺持久力が高まると身体活動量の増加につながり、中性脂肪が作られにくい体にもなります。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る