乳酸菌を摂取すると中性脂肪が減ってダイエットできますか?

乳酸菌で腸内環境を整えると、太りにくい体質になります


発酵食品などに多く含まれている乳酸菌は、さまざまな健康効果が期待されている腸内細菌として注目されています。

乳酸菌は、整腸作用があり便秘や下痢を抑えてお腹の調子を整える効果や、血糖値の上昇を抑える効果、中性脂肪をためにくくする効果など、ダイエットにもつながるといわれています。

乳酸菌は体内に摂取した糖質から乳酸を生成する細菌の総称ですが、健全な腸内には、およそ100種類の細菌が生息しているといわれています。

腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌、どちらでもない中間の菌の大きく3つに分けられ、一番多い菌は中間の菌、次は善玉菌で、悪玉菌は10%以下と少なくなっていることが多いようです。

健康で代謝の高い体を保つためには、善玉菌と呼ばれている腸内細菌を増やすことが大切になります。

善玉菌は、乳酸や酢酸を生成し、腸内を酸性に保つことで悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を整えます。

善玉菌を増やすにあたり、乳酸菌やビフィズス菌を多く含む食品を継続的に摂取することがポイントになります。

ヨーグルト、乳酸菌飲料、納豆、漬物などの発酵食品がおすすめです。

善玉菌が増えるとダイエットや美容効果につながります

乳酸菌などの善玉菌といわれる細菌が増えると、腸内環境が改善するといわれています。

そして腸の働きが活発になると、老廃物の排泄を促し血流のめぐりも良くなっていきます。

すると、代謝がアップするため、太りにくい体質に変化していきます。

ガスがたまりにくくなり便秘が解消されるので、ぽっこりお腹も解消されていきます。

ほかにも、ニキビ予防やアトピー性皮膚炎を改善する美肌効果、体臭・口臭の改善、免疫力アップなどさまざまな効果が期待されています。

腸内環境は、ストレスや精神的なダメージにも左右されがちです。

ストレスで、胃が痛くなったり、お腹を下してしまったりする体質であれば、乳酸菌を取り入れて胃腸の調子を安定させると、イライラや不安感を解消することにつながるようです。

逆に、善玉菌が減って悪玉菌が増加すると、腸内環境が悪化し、血糖値をコントロールするホルモンであるインスリンの分泌量が減少するといわれています。

血糖値が高くなると、食欲を抑えることが難しくなり、炭水化物の過剰摂取につながることが考えられます。

炭水化物に含まれる糖質を摂り過ぎるとエネルギーとして消費しきれず、中性脂肪となって体にたまっていくので肥満につながります。

糖尿病や生活習慣病予防にも、腸内環境を整える乳酸菌は有効といわれています。

生活習慣を整えて悪玉菌を増やさないことが大切です


腸内の細菌バランスのうち、悪玉菌が占める割合は、正常であれば1割程度のため、健康を害するトラブルを引き起こすことはありません。

しかしながら、悪玉菌を増加させるようなタンパク質や脂質が中心の食事、喫煙、睡眠不足、不規則な生活などが続くと腸内環境が乱れていきます。

すると、腸の活動が滞るようになって便秘気味になり、代謝の低下や肌荒れ、髪のパサつきなどにもつながっていくといわれています。

悪玉菌は、大腸や直腸に主に存在する腸内細菌のうち、腸内のタンパク質などを腐敗させ、有害物質、時には発がん性をもつ腐敗産物を作り出すこともあるといわれている細菌で、増えれば人の免疫力を低下させます。

肉類のタンパク質やアミノ酸をエサとして増殖するため、肉食ばかりの食生活ならば注意が必要で、植物性タンパク質とのバランスが大切になります。

また、ストレスが高い生活をしていると自律神経に悪影響を及ぼすため、胃腸の調子が悪くなる傾向があります。

食事をしても消化不良を起こしてしまい、腸内環境が悪化していき、悪玉菌を増加させることにつながるのです。

食物繊維やビタミンなどを含め栄養バランスの良い食事と、ストレスをためない規則正しい生活が、悪玉菌を減らし、腸内環境を整えることにつながります。

乳酸菌を効果的に摂取する食生活を

乳酸菌と一言でいっても、その種類や効果はさまざまで、「菌」「属」「株」などから個別の呼称がつけられています。

一般的に知られている乳酸菌といえば、L-92乳酸菌、フェカリス菌(乳酸菌EC-12)、ビフィズス菌、R-1乳酸菌などがあげられます。

乳酸菌は、主に発酵食品に多く含まれています。

ヨーグルトやキムチやぬか漬けなどの漬物、味噌、チーズ、納豆などが代表的な食品です。

しかしながら乳酸菌は熱に弱い特徴があるため、例えば豚キムチなど熱を通して調理をすると、キムチに含まれている乳酸菌は死滅してしまいます。

死滅した乳酸菌も、整腸作用に効果をもたらしますが、腸内の善玉菌を増加させる働きは期待できなくなります。

生きた乳酸菌を腸まで届けるためには、40℃以上に加熱しないことがポイントになります。

手軽に乳酸菌を摂取できるヨーグルトや乳酸菌飲料はおすすめですが、かなり甘くしてあるため、食べすぎるとカロリーオーバーになることもあります。

ダイエット中であれば、低糖や無糖の製品を選び、摂取カロリーや糖質量にも注意しましょう。

(まとめ)乳酸菌を摂取すると中性脂肪が減ってダイエットできますか?

1. 乳酸菌で腸内環境を整えると、太りにくい体質になります

乳酸菌には整腸作用があり、便秘や下痢を抑えてお腹の調子を整える効果や、血糖値の上昇を抑える効果、中性脂肪をためにくくする効果などから、ダイエットにもつながるといわれています。

ヨーグルト、乳酸菌飲料、納豆、漬物などの発酵食品がおすすめです。

2. 善玉菌が増えるとダイエットや美容効果につながります

乳酸菌などの善玉菌といわれる細菌が増えると、腸内環境が改善するといわれています。

腸の働きが活発になると老廃物の排泄を促し、血液のめぐりも良くなっていきます。

すると、代謝がアップするため、太りにくい体質に変化していきます。

3. 生活習慣を整えて悪玉菌を増やさないことが大切です

悪玉菌を増加させるようなタンパク質や脂質が中心の食事、喫煙、睡眠不足、不規則な生活などが続くと、腸内環境が乱れていきます。

すると、腸の活動が滞って便秘気味になり、代謝の低下や肌荒れ、髪のパサつきなどにもつながっていきます。

4. 乳酸菌を効果的に摂取する食生活を

一般的に知られている乳酸菌といえば、L-92乳酸菌、フェカリス菌(乳酸菌EC-12)、ビフィズス菌、R-1乳酸菌などがあげられ、主に発酵食品に多く含まれています。

ヨーグルトやキムチやぬか漬けなどの漬物、味噌、チーズ、納豆などが代表的な食品です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る