大豆には中性脂肪の増加を予防する効果がありますか?

大豆は糖質が少ないので、中性脂肪の蓄積を防ぐのに効果的


近年は食生活が豊かになり、エネルギーを過剰摂取している傾向にあるといわれています。

特に、肥満が一因となり引き起こされるメタボリック症候群は、社会的な問題となっています。

過剰に摂取されたエネルギーが余ると、中性脂肪として蓄積されて肥満の一因となりますので、まずは、エネルギーの摂取量よりも消費量を多くすることが大切です。

まず食生活を見直し、栄養バランスをととのえることで、中性脂肪を増やさないようにすることができると考えられます。

糖質や脂質を摂りすぎないようにするとともに、筋肉を作るタンパク質はしっかり摂って、代謝量を維持しましょう。

日本には豆腐や納豆をはじめとして様々な大豆製品がありますが、大豆はタンパク質を多く含むほか、ミネラルやビタミン、カルシウムも含む、栄養豊富な食品です。

豆類の中では糖質が少なく、食物繊維が多いことも知られています。

牛乳やクリーム、チーズなどの乳製品には脂質が多いため、食べ過ぎると中性脂肪を増やすことにつながりますので、豆乳や豆腐で代用すると、脂質の摂取量を控えることができます。

手軽に手に入る大豆製品を積極的に食事に取り入れて、糖質や脂質の摂取量を減らし、中性脂肪の蓄積を予防または解消しましょう。

糖質を摂りすぎるのは中性脂肪を増やす一因となります

糖質は体を動かすエネルギーとして大切な役割を持っていますが、過剰摂取によって消費されずに余ると中性脂肪として蓄えられ、肥満の一因となってしまいます。

中性脂肪を減らすためには、糖質を摂りすぎないようにして、摂取するエネルギーよりも消費するエネルギーを大きくする必要があります。

また糖質は、血液に溶けて体の各組織に運ばれますが、血液中の糖質の量(血糖値)が多くなると、すい臓からインスリンが分泌されて血糖値を一定に保つように働きます。

インスリンには、このほかに糖質を中性脂肪にかえる働きも持っていますので、糖質を摂りすぎないことが、中性脂肪の蓄積を予防することにつながります。

また、私たちの体はエネルギーを消費する順番があり、糖質、体脂肪、タンパク質の順になっていますので、糖質を控えることで脂肪の燃焼を助けることにもなり、肥満の予防や解消に役立てることができると考えられます。

大豆製品は中性脂肪の蓄積を予防する効果が期待できます


豆類は、食物繊維が豊富で、栄養的にも食事に取り入れたい食品です。

中でも大豆は、小豆、インゲン豆、そら豆などほかの豆類に比べて糖質が少ないのが特徴です。

ですから、中性脂肪の蓄積を予防または解消したいというときにも、積極的に取り入れたい食品です。

日本では、豆腐、味噌、納豆など様々な大豆製品が伝統的に食べられてきました。

大豆は「畑の肉」とよばれることもあるように、タンパク質が多く含まれています。

ほかにも、イソフラボンが、骨粗しょう症や美容に効果的といわれています。

欧米人と比較して日本人には、骨粗しょう症が少なく、乳がんの発症率が低いのは、大豆製品をよく食べているからともいわれています。

また、糖質を多く摂っている状態では、脂質の多い食品も中性脂肪を増やす一因となりますので、牛乳の代わりに豆乳を使うなど、大豆製品を乳製品の代用にするのもよいでしょう。

食事内容を変えることで、糖質や脂質の摂取量を減らし、中性脂肪の蓄積を防ぐことができます。

糖質制限に運動をあわせて、中性脂肪の蓄積を予防しましょう

中性脂肪の蓄積を予防するには、糖質を摂りすぎないことが大切です。

糖質制限は、糖質の多い食品を控えるか、低糖質の食品に置き換えるだけでよいので、ライフスタイルにあわせて手軽に始められます。

大豆は上に述べたように糖質が少ないですし、タンパク質や食物繊維を多く含んでいますのでダイエットにも向いています。

しかし、単品の食品だけをとり続けることは望ましくありません。

いろいろな種類の食品をバランスよくとるようにして、糖質制限中もなるべく食事を抜かずに、一日三食とるようにしましょう。

糖質制限にカロリー計算の必要はありませんが、脂っこい食品をとりすぎると中性脂肪を増やしてしまいますので、食べ過ぎないようにし、食事全体の量も腹八分目を心がけましょう。

また、代謝量を維持するために、運動をあわせて行い、筋肉量を減らさないようにしましょう。

(まとめ)大豆には中性脂肪の増加を予防する効果がありますか?

1. 大豆は糖質が少ないので、中性脂肪の蓄積を防ぐのに効果的

過剰に摂取されたエネルギーが余ると、中性脂肪として蓄積されて、肥満の一因となります。

食生活を見直し、糖質や脂質を摂りすぎないようにして中性脂肪を増やさないようにしましょう。

日本には豆腐や納豆など様々な大豆製品があります。

大豆は、豆類の中では糖質が少なく、食物繊維が多いので、積極的に食事に取り入れましょう。

2. 糖質を摂りすぎるのは中性脂肪を増やす一因となります

中性脂肪を減らすためには、摂取するエネルギーよりも消費するエネルギーを大きくする必要があります。

また、血液中の糖質の量(血糖値)が多くなると、すい臓からインスリンが分泌されますが、インスリンには糖質を中性脂肪にかえる働きもあります。

私たちの体は糖質、体脂肪、タンパク質の順にエネルギーを消費しますので、糖質を控えることが脂肪の燃焼を助けることにつながります。

3. 大豆製品は中性脂肪の蓄積を予防する効果が期待できます

大豆は、糖質が少なく、タンパク質や食物繊維が豊富ですので、ぜひ取り入れたい食品です。

また、脂質の多い食品は中性脂肪を増やす一因となりますので、牛乳の代わりに豆乳を使うなど、大豆製品を乳製品の代用にするのもよいでしょう。

食事内容を変えることで、糖質や脂質の摂取量を減らし、中性脂肪の蓄積を防ぐことができます。

4. 糖質制限に運動をあわせて、中性脂肪の蓄積を予防しましょう

中性脂肪を減らすためには、糖質を摂りすぎないことが大切です。

糖質制限は、糖質の多い食品を控えるか、低糖質の食品に置き換えるだけなので、手軽に始められます。

カロリー計算の必要はありませんが脂っこい食品は控えて、腹八分目を心がけましょう。

大豆だけに頼らず、いろいろな種類の食品をバランスよく、一日三食しっかりとりましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る