お米を食べても中性脂肪は増えるの?

お米には多くの糖質が含まれており、取りすぎると中性脂肪に変換されるからです


お米は油をほとんど含んでいないため、たくさん食べても太りにくいのではと思いやすいですが、実はたくさんの糖質が含まれており糖質は消費しきれずに余ってしまうと中性脂肪として体に蓄積されます。

そのため中性脂肪を減らしたい時は、糖質制限がおすすめの方法です。

糖質は控えめにした分、体をつくる元になるタンパク質と食物繊維をしっかりと取ることで、エネルギーが余り脂肪になることを防ぎます。

さらに合わせて運動も行うことで消費エネルギー量を増やしましょう。

お米に含まれる糖質を摂りすぎると中性脂肪の元になります

中性脂肪と言うと脂質を摂りすぎないようにと気にしがちで、脂質が少ない食品ならたくさん食べても良いととらえる方も少なくありません。

お米はその点、パンの6分の1ほどしか含まれていないので、たくさん食べても太りにくいととらえがちですが、実は多くの糖質が含まれています。

具体的な糖質の量は、茶碗1杯でじゃがいも3個分に匹敵するため、多く食べれば活動に見合わず余ってしまうことが増えてきます。

すると、活動で使われなかった糖質のエネルギーは中性脂肪となり、いざという時に備えて蓄積されていきます。

現代の日本では、食事ができずに飢餓状態に陥ることはまずないため、そのような生活を続けていけば中性脂肪が蓄積される一方になるのです。

ただ蓄積されるだけであればよいですが、体を動かしにくくなる、血流が悪くなるなどのような悪影響が現れる可能性があるために、中性脂肪を適度に付けて増えすぎないようにすることが健康のためには大切と言えます。

積極的に糖質を減らしたい時は糖質制限をしてみましょう


中性脂肪が増えてしまった場合、糖質制限で減らしてみてはいかがでしょうか。

お米など主食にしている食べ物にはたくさんの糖質が含まれているので、低糖質タイプに切り替えたり量を控えめにしたりすることで、タンパク質をしっかりと取るようにしてみましょう。

野菜や海藻などもたっぷりと取って、食物繊維やビタミンなども不足しないようにすることです。

糖質制限は全く糖質を取らないようにするのではなく、少なめの量にすることで食べないストレスを緩和しやすくなります。

1日3食きちんと食べられるという点も、ストレスを軽くするポイントの一つです。

糖質制限は辛いダイエットは続かないという方も取り組みやすい内容になっています。

しかも低糖質メニューづくりが面倒な時には、低糖質を目指してつくられた食品を上手に利用すれば、食事の用意に対するストレスも少なくなります。

もし仕事が忙しくて食事の準備が難しい時には、コンビニにも低糖質をうたった商品が販売されているので利用してみてはいかがでしょうか。

ご自宅にもそのような低糖質食品をストックしておくと、糖質制限を続けやすくなるでしょう。

摂取した糖質のエネルギーを消費するために運動しましょう

お米をたくさん食べてしまった時だけでなく、日頃から余分な糖質のエネルギーを消費するためにも運動をする習慣を身につけておきましょう。

定期的に運動するようになれば筋肉も少しずつ付いていき、体の動かしやすさが増してより運動を行いやすくなります。

良い循環が続いていけば運動時間が増えたり強度が上がったりするので、消費エネルギー量のアップも期待できます。

すると、少しくらい糖質を取りすぎた時でも上手に消費することができるはずです。

日頃デスクワークが中心の方や運動が苦手だと感じている方も、ぜひ運動の習慣を付けましょう。

辛い内容や難しいことから始めるのではなく、まずはウォーキングからがおすすめです。

毎日ではなくても、1週間に3日ほど1回30分を目安に取り組んでみてください。

慣れてくると距離や早さ、頻度のアップだけでなくウォーキングが楽しみになることも期待でき、一層運動しやすくなっていきます。

(まとめ)お米を食べても中性脂肪は増えるの?

1.お米には多くの糖質が含まれており、取りすぎると中性脂肪に変換されるからです

油をほとんど含まないお米ですが、たくさんの糖質を含むため、食べすぎると消費しきれずに中性脂肪が蓄積されてしまいます。

そこで中性脂肪を減らすには糖質制限がおすすめで、合わせて運動をしてより消費エネルギー量を上げましょう。

2.お米に含まれる糖質を摂りすぎると中性脂肪の元になります

お米には脂質はほとんど含まれていないものの、たくさんの糖質を含んでいるため食べすぎると余った糖質のエネルギーが中性脂肪となり体に蓄積されてしまいます。

中性脂肪が増えすぎると健康に悪影響が出る可能性があるので、適度な量を維持することです。

3.積極的に糖質を減らしたい時は糖質制限をしてみましょう

糖質制限をして中性脂肪減少を目指す方法もあります。

お米はたくさんの糖質を含むので、食べる量を制限するか低糖質の主食に切り替えて行います。

糖質制限は1日3食きちんと食べられるので、ストレスの少ないダイエット法とも言われているのです。

4.摂取した糖質のエネルギーを消費するために運動しましょう

運動習慣が身に付けば、多少お米を食べすぎた時でもエネルギーを消費しやすくなります。

運動不足や苦手な方はまずウォーキングからのスタートがおすすめで、1日30分を目安に取り組んでみましょう。

続けると筋力・体力が付き、より行いやすくなります。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る