ピーナッツを食べると中性脂肪を減らしやすい?

ピーナッツに含まれる不飽和脂肪酸が中性脂肪を減らすと言われています


不飽和脂肪酸は中性脂肪を減らす役に立つと言われており、ピーナッツには豊富に含まれています。

そのためピーナッツは中性脂肪を減らすと期待されているのです。

しかしピーナッツを積極的に食べるだけでなく、脂肪や主食を控えめにした食事で野菜や海藻などをしっかり食べましょう。

そして食事だけでなく余分なカロリー消費をするためにも運動は欠かせないので、ウォーキングのような無理のない運動を定期的に行うことがおすすめです。

ピーナッツに限らずナッツ類は中性脂肪減少が期待されています

ピーナッツには不飽和脂肪酸が含まれており、この不飽和脂肪酸が中性脂肪値を下げる役に立つと言われています。

しかしピーナッツも含まれるナッツ類には、不飽和脂肪酸を含んでいる物が多くあります。

例えばクルミなどもその仲間で、健康にもうれしい働きがあると期待されていることから、健康を気遣う方々の間では人気の食品です。

それぞれで注目される栄養素をご紹介します。

ピーナッツは脂肪の蓄積を防ぐと言われる

ビタミンB1とパントテン酸が多く、前者は糖質の代謝を促してエネルギーをつくり、後者はそれに加えてタンパク質や脂質まで代謝を促す働きを持っています。

それにポリフェノールも含まれているので、より中性脂肪の減少に役立つことが期待できます。

クルミは中性脂肪値上昇の予防を期待

αリノレン酸を非常に多く含んでおり、この成分は体に入るとDHAやEPAに変化します。

DHAとEPAは魚にも含まれており中性脂肪値の上昇を防ぐと言われています。

適度にピーナッツを取り、その他の生活習慣も改善しましょう


ピーナッツなどのナッツ類を食べることは中性脂肪を減らすことなどに役立つと言われていますが、高カロリーのため食べすぎには注意が必要です。

そのため、中性脂肪値を改善したい時にはピーナッツをたくさん食べることよりも適度な量にしておき、その他の栄養素にも配慮することをおすすめします。

例えば食事では脂肪の多い物を控えて肉よりも魚にしたり、野菜や海藻などをたっぷり取ることのできるメニューになっているよう工夫をしましょう。

どうしても忙しくて主食だけになってしまいそうな時でも、汁物で野菜をプラスしたりサラダや煮物を加えたりして調整することがポイントです。

脂肪だけでなく主食をたくさん食べると糖質を多く取ることになり、エネルギーの元になる大切な栄養素ですが取りすぎると中性脂肪の元になってしまうので、主食の食べすぎにも気を付ける必要があります。

そして余分なエネルギーを消費するためにも日々の運動はおすすめで、1日30分程度の有酸素運動が習慣化することを目指してはいかがでしょうか。

有酸素運動はまず手軽に始められるウォーキングから取り組んでみると行いやすく、無理のない距離や早さからスタートしてみましょう。

汗ばむ程度の早さが目標ですが、まずは体が慣れて継続できるようになることが大切です。

積極的に中性脂肪を減らすには糖質制限がおすすめです

中性脂肪値を積極的に下げようとお考えであれば、糖質制限に取り組んでみてはいかがでしょうか。

糖質とはご飯やパン、麺類のような主食となる物に多く含まれる栄養素で、体を動かすエネルギーとなる物です。

しかし取りすぎると脂肪になって蓄積されてしまい、さらに運動不足が重なれば脂肪がどんどんたまっていってしまいます。

そこで糖質の摂取量を制限してエネルギー量を減らし、体についた脂肪をエネルギーとして使いやすくするのが糖質制限です。

ちなみにピーナッツにも糖質は含まれているので、あまり大量に食べすぎないことがおすすめです。

制限とつくことから食べることを我慢するのではと思う方もいるでしょう。

しかし、糖質制限はタンパク質や食物繊維の豊富な1日3回の食事を我慢せず食べられるので、ストレスの少ないダイエットに取り組めるメリットがあります。

ストレスがたまってしまうとリバウンドを招きやすいですが、ストレスの少ない糖質制限であればリバウンド防止にも役立つのです。

(まとめ)ピーナッツを食べると中性脂肪を減らしやすい?

1.ピーナッツに含まれる不飽和脂肪酸が中性脂肪を減らすと言われています

ピーナッツに含まれている不飽和脂肪酸は中性脂肪を減らすと言われています。

しかしピーナッツを食べるだけでなく、和食のような脂肪の少ない食事にしてエネルギーが余らないように定期的に運動することがおすすめです。

2.ピーナッツに限らずナッツ類は中性脂肪減少が期待されています

ピーナッツなどナッツ類には不飽和脂肪酸が含まれており、これが中性脂肪値を下げる役に立つと言われています。

ピーナッツには糖質・タンパク質・脂質の代謝に役立つ栄養素が含まれており、クルミには中性脂肪値を下げると期待される栄養素が豊富です。

3.適度にピーナッツを取り、その他の生活習慣も改善しましょう

ピーナッツなどナッツ類は高カロリーのため、こればかり食べていると中性脂肪を増やしてしまいます。

そのため日頃の食事内容を脂肪控えめの和食にしたり、主食だけになりそうな時は野菜の入った汁物やサラダを加えるようにしましょう。

4.積極的に中性脂肪を減らすには糖質制限がおすすめです

糖質制限では糖質を多く含む主食を制限してタンパク質や食物繊維をしっかり取ります。

こうすることで中性脂肪の燃焼をしやすくし、食事の回数を減らして我慢することなくダイエットが行えるメリットもあります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る