中性脂肪が増えすぎるのを予防する方法は?

中性脂肪値の上昇を予防するには、脂肪控えめの食事や適度な運動を心がけることです


中性脂肪値が高くなる原因は食事の内容とも大きな関わりがあるため、中性脂肪値の上昇を予防するには和食のようなメニューで摂取カロリーを抑えましょう。

消費されなかったエネルギーは中性脂肪になり体に蓄積されるので、中性脂肪値が高くなりやすく体へのリスクも心配されることから、日頃の生活習慣を改善して予防することが大切なのです。

もし既に中性脂肪が多く付き心配がある時は、糖質制限でストレスの少ないダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。

摂取カロリーが多すぎると中性脂肪が増えてしまいます

さまざまな食べ物から人間が体を動かすために必要なエネルギーを得ていますが、糖質や脂肪は特にカロリーが高く、活動で使われなかった分は中性脂肪となって体に蓄積されてしまいます。

体に付く中性脂肪が多すぎると、体を動かしにくくなったり関節に影響が出てきたり、また血中の中性脂肪の量が増えると血管の中に脂肪が付いて血流が悪くなる可能性もあります。

しかし中性脂肪は活動をするために適度な量は必要なので、多すぎない量の中性脂肪が体や血中にあることが理想的です。

もし摂取カロリーが高すぎるとその分たくさんの中性脂肪が蓄えられてしまうので、中性脂肪の増加を予防するためには食事から取るカロリーが活動内容に見合っていることも大切です。

それから摂取したエネルギーを消費する量が多いと中性脂肪が付きすぎる予防にもなるので、積極的にエネルギーを消費するためには運動することがおすすめです。

特に、毎日デスクワークをして過ごしている方は消費エネルギーが少なくなりがちのため、運動する時間を定期的に設けるようにしましょう。

脂肪と糖質控えめの食事や定期的な運動が予防に役立ちます


中性脂肪の増加を予防するために日頃の生活で心がけたいことは、食事の内容と運動と言われています。

食事は日本食を選ぶ

糖質を脂肪の摂取を控えめにするには日本食がおすすめで、食物繊維をたっぷりと取りやすいメリットもあることから、中性脂肪値の上昇を予防するには日本食をベースにした食生活を心がけましょう。

しかも日本食でよく使われる魚、とりわけ青魚に含まれる成分のDHAには中性脂肪値を下げる働きがあると言われているので、肉よりも積極的に取り入れることがおすすめです。

しかし食べてすぐ変化が現れるわけではないので、継続して魚を取るようにしましょう。

継続して運動を行う

中性脂肪の減少を目的とした運動では、有酸素運動がおすすめで、予防の場合でも同じように行ってみましょう。

有酸素運動としては以下のようなものがあります。

ご自分の体力や運動経験などに合う物がおすすめでしょう。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳
  • エアロビクス

運動を行う目安は1日30分程度で、例えばウォーキングなら汗ばむ程度で取り組むのが効果的とされています。

さらに、中性脂肪を減らしたい時には、先に筋力トレーニングのような無酸素運動を行うことも良いと言われています。

中性脂肪が増えた時は糖質制限で減らす方法もおすすめです

もし中性脂肪が増えてしまったら、中性脂肪を減らす方法として現在注目されている、糖質制限を行ってはいかがでしょうか。

糖質制限では中性脂肪をつくる元になる糖質に摂取を控え、その分タンパク質をしっかり取って体づくりに影響が出ないようにします。

合わせて食物繊維もたっぷり取ることで体の調子を整えて、余分な脂肪の排出を促します。

糖質制限を選ぶメリットは1日3回の食事を減らすことなく食べることができるため、食事を思うようにできないストレスを感じることが少なくなる点です。

どうしてもストレスがたまると反動でドカ食いしてしまい、リバウンドに陥る可能性が出てきてしまいますが、糖質制限を心がけたメニューを食べるようにすると大きなストレスを感じないで中性脂肪を落とすように進められるのです。

そして糖質制限を行う具体的な方法ですが、主食を控えめにしておかずをメインにした食事を心がけることです。

ご飯など主食は低糖質の物に変更できるとなお良いので、市販されている低糖質パンなどを上手に利用してみましょう。

(まとめ)中性脂肪が増えすぎるのを予防する方法は?

1.中性脂肪値の上昇を予防するには、脂肪控えめの食事や適度な運動を心がけることです

毎日の食事で中性脂肪が増えすぎると、中性脂肪値は上昇し太りやすくなります。

そのため日頃から中性脂肪を増やしにくい和食にするなど、毎日の生活習慣の改善がおすすめです。

もし付いてしまった中性脂肪にお悩みであれば糖質制限する方法もあります。

2.摂取カロリーが多すぎると中性脂肪が増えてしまいます

使われなかったエネルギーは中性脂肪として体に付いてしまうため、予防するには糖質や脂肪の取りすぎを避けましょう。

日頃の運動量が少なくてもエネルギーが余りやすくなるので、定期的な運動もおすすめです。

3.脂肪と糖質控えめの食事や定期的な運動が予防に役立ちます

中性脂肪の増加を予防するには日本食を心がけ、中性脂肪を減らすと言われる成分を含む青魚を肉よりも食べるようにしましょう。

そして有酸素運動を1日30分程度行うこともポイントです。

4.中性脂肪が増えた時は糖質制限で減らす方法もおすすめです

糖質制限は今注目されている方法で、中性脂肪の元になる糖質を取る量を制限しタンパク質や食物繊維を十分取るようにする方法です。

糖質制限は1日3食きちんと食べられるのでストレスで苦しむことも少なくなります。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る