中性脂肪は体内でどんな働きをする物質なのですか?

エネルギー貯蔵の役割をもつ重要な物質です


中性脂肪は体内におけるエネルギー燃焼順位が糖質に次いで高い物質です。

その特質のため、エネルギーを貯蔵しておくという重要な役割を担っています。

過剰になった体の中の「糖質」と「脂質」は、中性脂肪に変えられて蓄積されます。

中性脂肪はエネルギーの貯蔵以外にも、体温の維持や体を衝撃から守るという役割もあります。

しかし、多すぎる中性脂肪はメタボリックシンドロームや動脈硬化の原因にもなってしまいます。

体にとって重要な働きをする中性脂肪ですが、多すぎると、見た目も健康も損なうリスクをもっています。

バランスの良い食生活と継続的な運動によって中性脂肪をためすぎないように気を付けましょう。

中性脂肪は食事でとる「糖質」と「脂質」が過剰になると、数値が高くなってしまうので、これらのとりすぎに気を付けて献立を考えると良いものです。

また、低糖質食品を上手に活用してストレスを軽減することで、中性脂肪対策に長期的に取り組むことができるでしょう。

中性脂肪はエネルギーを貯蔵する役割を担っています

中性脂肪は体内におけるエネルギーの燃焼順位が第2位です。

一方、最も燃焼されやすいのは「糖質」です。

つまり、食事によってとりすぎた「脂質」や「糖質」などの余ったエネルギー源は、中性脂肪の形になって体に蓄積されていて、エネルギー欠乏状態になったら使われるということです。

中性脂肪は余ったお金を貯金しておくイメージですね。

糖質は、普段から使いやすいお財布の中のお金のイメージです。

エネルギーを貯蔵しておく仕組みがなければ、人は常にエネルギーを補給し続ける、つまり食べ続けないといけないことになります。

エネルギーを貯蔵しておくことがいかに重要かわかります。

また、体温の維持や体を衝撃から守るための働きも担っています。

人が生きていくために大切な働きをしている物質です。

高すぎる中性脂肪にはリスクがあります


皮下脂肪や内臓脂肪のほとんどが中性脂肪でできています。

高すぎる値の中性脂肪はポッコリお腹の原因であり、メタボリックシンドロームにつながってしまいます。

メタボリックシンドロームとは、中性脂肪の蓄積を表す腹囲の増大に加え、糖代謝異常(糖尿病)、脂質代謝異常(高脂血症など)、高血圧のうち2項目以上が重なった病態をいいます。

つまり動脈硬化の原因が2項目以上あるということです。

動脈硬化は、心筋梗塞や脳卒中を引き起こすため、非常に恐ろしい状態です。

中性脂肪は生きていくために重要な働きを担っているのですが、高すぎると命の危険性を高めてしまうといえます。

乱れた食生活や運動不足は中性脂肪を高めてしまうので、生活習慣を見直して中性脂肪対策に取り組みましょう。

「脂質」と「糖質」を制限して中性脂肪対策に取り組みましょう

中性脂肪の原因になる物質としてすぐに思い浮かぶのは「脂質」でしょう。

「脂質」をとりすぎないようにするためには、揚げ物や菓子類を控えることの他、肉であれば脂肪の少ない部位を選んで食べるなどの工夫をすると良いでしょう。

そしてもう1つ、中性脂肪の原因になる物質は「糖質」です。

糖質をとりすぎると中性脂肪の原料となるだけではなく、体内では糖質の方が優先的に燃焼されるため、すでに蓄積されている中性脂肪の消費も後回しになってしまいます。

正しい知識をもって糖質制限に取り組んで、中性脂肪対策にいかしましょう。

糖質制限では1日3食しっかり食べることができ、難しいカロリー計算も必要ないので、ストレスなく中性脂肪対策を継続することができます。

糖質制限の基本的な考え方は、「タンパク質と食物繊維」を中心に献立を考え、糖質が多く含まれているご飯やパン、麺類などの主食やイモ類、砂糖を使ったお菓子などの糖質の多い食品の摂取を減らすということです。

また、現在ではいろいろな種類の低糖質食品を身近なスーパーなどで簡単に購入することができます。

これらを上手に活用して主食を低糖質食品に置き換える、また、お菓子を低糖質スイーツに置き換えてみましょう。

ストレスなく糖質制限に取り組むことができるので、中性脂肪対策にも効果的です。

(まとめ)中性脂肪は体内でどんな働きをする物質なのですか?

1. エネルギー貯蔵の役割をもつ重要な物質です

中性脂肪は過剰な糖質と脂質をエネルギー源として貯蔵する以外にも、体温の維持や体を衝撃から守るという役割もあります。

しかし、多すぎる中性脂肪はメタボリックシンドロームや動脈硬化の原因にもなってしまいます。

2. 中性脂肪はエネルギーを貯蔵する役割を担っています

食事によってとりすぎた「脂質」や「糖質」などの余ったエネルギー源は、中性脂肪として体に蓄積されてエネルギー欠乏状態になったら使われます。

中性脂肪は体内のエネルギー燃焼順位が第2位なので貯蔵物質として適しています。

3. 高すぎる中性脂肪にはリスクがあります

皮下脂肪や内臓脂肪のほとんどが中性脂肪でできています。

高すぎる中性脂肪はポッコリお腹の原因であり、メタボリックシンドロームや動脈硬化につながってしまいます。

生活習慣を見直して中性脂肪対策に取り組みましょう。

4. 「脂質」と「糖質」を制限して中性脂肪対策に取り組みましょう

タンパク質と食物繊維を中心に献立を考えるようにして「脂質」と「糖質」を控える工夫をしましょう。

また、糖質制限を活用することで難しいカロリー計算やストレスをなくして中性脂肪に長期的に取り組むと良いでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る