糖質制限の減量ペースはどれくらい?

糖質制限ダイエットは長期計画で減量ペースを考えなくてはなりません


糖質制限を取り入れたダイエット方法では、急激に体重を落としていくこともある程度は可能であると考えられます。

しかし、急な減量ペースで行うと、リバウンドのリスクや体調不良、美容にも良くない影響が起こることがあるようです。

そのため、糖質制限では体の機能を衰えさせない減量ペースを保つことと食事だけで減量を進めないことが必要となります。

そのうえで自分に合った安全なペースを長期計画で考えることが大切です。

1ヶ月で1キロ程度の減量ペースが良いなどといわれていますが、自分に合ったペースは人それぞれなので、それにこだわりすぎる必要はありません。

基本的な糖質制限の減量ペースは緩やかです

糖質制限によるダイエットで体重を減らしたい人は、基本的には長期的に安定した減量ペースを作っていくことが大切です。

糖質を減らすことで体の中では糖以外からのエネルギーの生成が始まります。

それによって体の中にある組織が蓄えている栄養素や成分を放出してダイエット効果を与えることができるのです。

しかし急激な減量ペースにしてしまうと、本来減らしたいものである体脂肪ではなく、筋肉など大切なものを減らしてしまう恐れがあります。

筋肉を減らしてしまうと基礎代謝量が減ってしまい、その後の減量ペースを停滞させることにもなりかねません。

筋肉を維持した緩やかなペースで体重の減少を目指すことが必要です。

糖質制限の減量ペースはリバウンドを予防します


糖質制限のダイエットで注意するべきことは、リバウンドのリスクです。

急激で過酷な糖質制限による減量ペースは、体の機能にもダメージを与えることがあります。

また急に減量してしまうことで、脳が生命維持活動に危険を感じてエネルギーの消費を抑える可能性もあるのです。

糖質を好んで食事に取り入れる日本人にとって、急激な糖質のコントロールは心身に不調をもたらすリスクを持っています。

甘いものや炭水化物をきつく制限されることで、反対に食べたいという衝動を抑えられなくなったり、急な栄養バランスの変化に体がついていけなくなったりする可能性があるのです。

そのため、急激な減量ペースで一時的に体重が理想的な状態になっても、その反動で食べ過ぎてしまいリバウンドをしてしまうリスクが高くなります。

その際に筋肉が減っていれば、当然のことながら痩せにくい体質になってしまい、次からのダイエットも効果が現われにくくなるかもしれません。

リバウンドを予防するためにも、体調を守るためにも、適切な減量ペースを知ることが重要だといえるでしょう。

糖質制限に運動をプラスすると減量ペースが上がりリスクを防げます

糖質制限をダイエットに取り入れる場合には、食事制限だけでなく、同時に運動も取り入れることが大切です。

食事で糖質を減らすだけでなく、運動によって筋肉も同時に鍛え上げることで、減量ペースをアップさせながらもリバウンドのリスクを軽減できるかもしれません。

運動は筋肉を鍛えて糖質や脂肪をエネルギーとして使うことができます。

そのため、基礎代謝のアップによって痩せやすい体質へと変えることもできますし、エネルギー消費によって体重を減らす効果もあります。

しかし、運動を取り入れる場合には何をやっても良いというわけではありません。

有酸素運動や無酸素運動など、それぞれに違った役割を持った運動方法がありますので、適切に取り入れて正しくダイエットに活かすことが必要です。

正しい方法が分からない場合には、プロのトレーニングなどを受けることも大切です。

運動の中には筋肉を減らしてしまうものもありますし、食事方法と組み合わせることで高い効果が得られる場合もあります。

(まとめ)糖質制限の減量ペースはどれくらい?

1.糖質制限ダイエットは長期計画で減量ペースを考えなくてはなりません

糖質制限によるダイエットでは、急激な減量ペースによるリスクが心配されます。

体に支障が出ない範囲で行えるように、長期的に自分なりの適切なペースを考えることが必要です。

2.基本的な糖質制限の減量ペースは緩やかです

糖質制限の減量ペースを急激に速くしてしまうと、ダイエットに必要な筋肉が減ってしまうリスクがあります。

筋肉が減ってしまうことで基礎代謝が落ちてしまうため、これを守るための緩やかなペースが必要です。

3.糖質制限の減量ペースはリバウンドを予防します

糖質制限でダイエットをする時に、急激な減量ペースで行うとリバウンドしやすくなります。

糖質の急激なコントロールは心身に影響を与えて、反対に太りやすい状態を作る可能性があります。

4.糖質制限に運動をプラスすると減量ペースが上がりリスクを防げます

糖質制限を行ってダイエットを行う場合には、食事だけでなく運動を取り入れて相乗効果を与えることも大切です。

正しい方法で運動を取り入れることができれば、減量ペースを上げてリバウンドを抑えることができそうです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る