ウォーキングを続けると中性脂肪を減らすことができるの?

有酸素運動のウォーキングを続けると中性脂肪は減っていきます


運動と聞くと、「わざわざスポーツジムに通う」「きつい筋力トレーニングをする」など、自分にとって負担に感じることを連想される方がいるかもしれません。

もちろん、筋力トレーニングのような無酸素運動は体の筋肉量を増やし強化することで、体全体の消費カロリーがあがるので、脂肪の付きにくい体を作ることができます。

しかし、中性脂肪を燃焼させることによって中性脂肪を減らすことができるのは、ウォーキングのような有酸素運動なのです。

何故なら有酸素運動は、筋肉細胞が酸素を利用することで、ブドウ糖と中性脂肪をエネルギーにして燃焼させてくれるからです。

有酸素運動には中性脂肪を減らすほか、基礎代謝を高めてくれる、心肺機能が向上する、などメリットがたくさんあります。

そんな有酸素運動は、ウォーキングをはじめ、ジョギング、エアロビクスダンス、水泳など種類も豊富です。

なかでも、ウォーキングはお金もかからず、通勤時間や買い物時間などを利用することで、日常生活と並行して無理なく始めることができるのです。

ジョギングと比べても、関節などを痛めたりすることが少ないので、肥満の方でもマイペースに行うことができるでしょう。

中性脂肪は悪者ではありません

何かと目の敵にされている中性脂肪ですが、実は、体のエネルギー源となる大事な栄養素なのです。

たとえば食べるものがなくなった時、体のほかの組織を維持していくために、この中性脂肪が使われます。

体は非常時に備えて、中性脂肪を貯蓄しようとするため、余分に摂取したらせっせと蓄えていくのです。

しかし蓄えた結果、脂肪細胞に溜まりすぎると肥満に、血中に増えすぎると脂質異常になってしまいます。

肥満や脂質異常は、全身の血管の動脈硬化が進む原因となり、生活習慣病になる危険性が増すことになります。

このことからわかるように、基準値以内の中性脂肪は悪者ではありませんが、増えすぎると大変怖い結果を招くことになってしまうのです。

ウォーキングを日常に取り入れましょう


増えてしまった中性脂肪を減らすために、ウォーキングを始めてみましょう。

一般的に有酸素運動は、20分以上継続して行わなければ効果が得られないといわれていますが、必ずしもそういうわけではありません。

運動の始めは、糖がエネルギー源として使われます。

中性脂肪がしっかり使われるまでには少々時間がかかります。

誤解されがちですが、たとえば、運動開始後は糖のみ、20分経過後は中性脂肪のみ、などと、使われるエネルギー源ははっきり分かれているわけではありません。

運動開始直後でも、中性脂肪は使われています。

また、もっとも大切なのは運動時間ではなく、継続するということです。

運動は、3日以上中断すると、効果がなくなるとされています。

そこで、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う生活、家まで1駅前で降りて歩いてみる生活、買い物に行く時も乗り物に乗らないで歩く生活をやってみましょう。

様々な工夫で、ウォーキングを日常生活に取り入れてみることがよいでしょう。

中性脂肪を増やさないようにしましょう

中性脂肪を今以上増やさないためには、食生活を見直すことが大切です。

まずは、食事を食べるタイミングから見直してみましょう。

食事と食事の間があくと、体は一時的に飢餓状態になって次の食事からできるだけ栄養を吸収しようと働きます。

また、夜遅い食事は、栄養分の吸収がよくなるうえ、昼間に比べ睡眠中のエネルギー代謝が低くなるので脂肪が溜まりやすくなります。

つまり、食事は朝昼晩と決まった時間に食べることが望ましいといえるでしょう。

次に、食事で摂取したエネルギー量よりも、消費するエネルギー量を増やすようにしましょう。

余ったエネルギーを中性脂肪に変えて蓄えるのは、インスリンです。

インスリンは、血糖が上昇すると膵臓から分泌されます。

中性脂肪を増やさないためには、インスリンの過剰な分泌を抑えることが必要なのです。

それには、糖質を制限した食事が効果的ですので、取り入れてみましょう。

(まとめ)ウォーキングを続けると中性脂肪を減らすことができるの?

1. 有酸素運動のウォーキングを続けると中性脂肪は減っていきます

有酸素運動が中性脂肪を減らすことができるのは、筋肉細胞が酸素を利用することで、ブドウ糖と中性脂肪をエネルギーにして燃焼させるからです。

無理なく始められる有酸素運動といえば、日常生活に取り入れやすいウォーキングでしょう。

2. 中性脂肪は悪者ではありません

中性脂肪は、体のエネルギー源となる大事な栄養素です。

しかし、増えすぎると動脈硬化へと進み、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

中性脂肪を悪者にしないためには、基準値以上に増やさないことが大切なのです。

3. ウォーキングを日常に取り入れましょう

無理なくウォーキングを続けるには、それを習慣にすることです。

エレベーターやエスカレーターではなく、階段を使う、家までの1駅前で降りて歩いてみる、買い物に行く時も歩く、など様々な工夫で日常生活に取り入れてみましょう。

4. 中性脂肪を増やさないようにしましょう

中性脂肪を増やさないためには、食べるタイミングが大切です。

エネルギーについても、摂取した量より、消費する量を増やすことを心がけましょう。

余ったエネルギーを中性脂肪に変えて蓄えるインスリンの過剰な分泌を抑えることも必要です。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る