中性脂肪を減らすならオリーブオイルを使うべき?

中性脂肪値を改善したい時は使う油をオリーブオイルに変更してみましょう


健康にうれしいと言われるオリーブオイルは、中性脂肪値が高い時にも適した油です。

オリーブオイルには不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸が含まれているため、中性脂肪値が上がることを防ぐと言われています。

しかし大量に取ればその分中性脂肪の減少に反映されるかと言えば逆効果で、取りすぎれば高カロリーになり中性脂肪の元になってしまいます。

そのため適量を継続して取るようにすることがおすすめで、普段使っている油をオリーブオイルに変える程度にしましょう。

それから糖質制限に取り組みたい時にもオリーブオイルへの変更はおすすめです。

オリーブオイルにはオレイン酸が含まれています

オリーブオイルが中性脂肪値の上昇を防ぐ働きがあると言われるのは、含まれているオレイン酸と関係があります。

オレイン酸は不飽和脂肪酸のひとつで、不飽和脂肪酸とは体内に入っても固まりにくいという特徴を持っています。

オレイン酸はその中でも一価不飽和脂肪酸にあたり、その特徴として循環器系のリスクを下げると言われているのです。

他にも悪玉コレステロールを減らす働きもあるとされており、中性脂肪値が高い人の場合コレステロール値も高くなっていることが多いので、オリーブオイルは中性脂肪値を改善したい人にとってうれしい食材と言えます。

オレイン酸を含むその他の油

オリーブオイル以外にもオレイン酸を含む油があるので、そちらを取り入れる方法もあります。

例えば、ひまわり油やベニバナ油ですがオリーブオイルに比べると手に入りにくいこともあるので、手軽にオレイン酸を取るにはオリーブオイルが便利です。

オリーブオイルの魅力を生かした取り方をしてみましょう


では中性脂肪を減らしたい時にどのようにオリーブオイルを利用すれば良いかと言うと、日常の中で使っている食用油をオリーブオイルに切り替えるだけでかまいません。

中性脂肪の減少にうれしい働きが期待されているからと言って、無理に使う量を増やしたりたくさん取ったりすれば効果が増すわけではないのです。

むしろ使いすぎると高カロリーになって使われないエネルギーが出てしまい、その分は中性脂肪として蓄積されてしまいます。

そのためオリーブオイルの使い過ぎにも注意する必要があるのです。

それから、オリーブオイルと特に相性の良い食べ物にはトマトがあります。

地中海地方で使われてきたオリーブオイルなので、パスタやサラダと相性が良く、それらによく使われるトマトともよく合うのです。

しかもトマトには脂肪燃焼作用が期待されているカロテンやリコピンも含まれているので、中性脂肪値を改善したい時にはうれしい組み合わせになります。

さらに糖質制限も行って中性脂肪を増やさない工夫をしましょう

中性脂肪を減らしたい時には、普段使っている油をオリーブオイルに変えて飽和脂肪酸を減らし不飽和脂肪酸の量を増やす他に、糖質制限を行って余ると中性脂肪になってしまう糖質の摂取量を落としてはいかがでしょうか。

糖質制限で気を付けることはタンパク質と食物繊維をたっぷりとることで、主食は糖質が多いので控えめにしおかずを多く取るようにします。

糖質制限の点からも、糖質を含まないオリーブオイルは最適な食品とされているのです。

他にもオリーブオイルのように糖質を含まない、もしくはほとんど含まない油があり、それはごま油やバターです。

しかしどれもたくさん取れば高カロリーになるので取りすぎにはやはり気を付けましょう。

ちなみに油を使った調味料のひとつであるマヨネーズは、手軽に味付けができますが、糖質がやや多めなので使う時は控えめにすることもポイントです。

また、トマトはオリーブオイルと相性の良い野菜ですが糖質の量は緑色・淡色野菜に比べればやや多めなので、トマトばかりたくさん食べずに緑色・淡色野菜やキノコ類と上手に組み合わせて食べることがおすすめです。

(まとめ)中性脂肪を減らすならオリーブオイルを使うべき?

1.中性脂肪値を改善したい時は使う油をオリーブオイルに変更してみましょう

中性脂肪値が高い時は、普段使っている油をオリーブオイルに変えてみましょう。

なぜならオリーブオイルにはオレイン酸という不飽和脂肪酸が含まれているからです。

しかし食べ過ぎれば高カロリーになるので、適度な量にとどめることも大切です。

2.オリーブオイルにはオレイン酸が含まれています

中性脂肪値を改善したい時には、その上昇を防ぐと言われるオレイン酸を含んだオリーブオイルに切り替えてみましょう。

循環器系のリスクを下げたり悪玉コレステロールを減らしたりする働きも期待されています。

3.オリーブオイルの魅力を生かした取り方をしてみましょう

オリーブオイルを使う時は、普段使っている油と置き換えるようにしましょう。

無理に使う量を増やしたり特にたくさん取ったりすると、高カロリーでエネルギーが余ってしまい、中性脂肪を増やしやすくなるからです。

4.さらに糖質制限も行って中性脂肪を増やさない工夫をしましょう

糖質制限を行って積極的に中性脂肪を減らす、付きにくくする方法もあります。

この時に使う油としてもオリーブオイルは適しており、それは糖質を含んでいないという特徴があるからです。

他にもごま油やバターがありますが取りすぎには注意しましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る