糖質制限をすると低血糖になる?

糖質制限をしても基本的には低血糖にはなりません


糖質制限では食事によって摂取する糖質の量を減らします。

体内では糖質が消化吸収されるとブドウ糖として血管内をめぐり、エネルギーとなります。

体内に入る糖質量が減ってしまうと低血糖となることが不安ですが、基本的に糖の量を減らしても低血糖で体調不良になることはないようです。

糖質が不足しても、代わりにエネルギーとなる脂肪酸や体内で糖を作り出す糖新生によって補うことができます。

糖質が足りなくなることで起こる脂肪の燃焼がダイエット効果となることが期待されています。

糖質制限で低血糖にならない理由は2つです

糖質制限によるダイエットや健康維持には、人間の体が持っているエネルギーを作り出す機能を利用しています。

糖質を制限しすぎると糖質が減りすぎることによる低血糖が心配になりますが、この機能によって避けることができるとされています。

人間の体の中では糖質を消化吸収してブドウ糖(血糖)に変え、それを血中に送り出して、エネルギーを作る働きがあります。

そのため糖質を含む炭水化物は体を動かす元になる栄養素といわれているのですが、もうひとつ体を動かすエネルギーとなるものがあります。

脂肪は低血糖で血糖値が低い状態でも働くエネルギー源です。

糖によるエネルギーが作られにくくなると、脂肪が脂肪酸に分解されて、エネルギー源と変わっていきます。

つまり、血液中に糖が足りなくなった時には代わりに脂肪が働いてくれるため、低血糖で体調不良を起こしたりする心配はないのです。

また、もうひとつのエネルギーを生み出す働きとして、人間の体の中には肝臓による糖新生という機能があります。

糖新生とは肝臓内でアミノ酸などから糖を作り出す働きのことです。

食べ物として糖質を摂取しなくても、必要な分だけの糖を体が作り出すことができるというものです。

糖質制限は糖質を不足させることでダイエット効果をもたらします


糖質制限によるダイエットや健康維持などによる低血糖のリスクはないと考えられています。

しかも、糖質制限はその糖不足によってダイエット効果を引き出しているのです。

糖質は体の中でブドウ糖となり、エネルギーになるといわれるものですが、反対に増えすぎると脂肪として蓄積されてしまいます。

その際に使われるインスリンという物質も、血液中のブドウ糖の量を示す血糖値が上昇すると作られます。

つまり糖が増えれば糖を脂肪に変える働きが起こりやすくなり、反対に糖が減れば脂肪に変わりにくくなるということです。

糖質制限をすることで糖が血中で不足することで、脂肪を分解してエネルギーを作らざるえない状況となります。

体脂肪として蓄積された分を燃焼することができ、ボディラインを整えたり体重を減らすのに効果的といえる状態です。

また、脂肪が糖不足によって分解される働きは睡眠中などにも起こります。

糖質制限ダイエットは正しい方法で行うことが大切です

糖質制限ダイエットを行う場合、正しい方法で行わないと良い効果が出ないばかりか、体調不良を引き起こす恐れやリバウンドで逆効果となるリスクがあります。

そのため、糖質制限でダイエット効果をより高く、しかも安全に行うためには正しい知識が大切です。

知識がない場合には、自分で学習してそれを身に付けるか、プロのトレーナーと二人三脚で行うことが必要となります。

糖質制限ダイエットでは、食事のコントロールだけでなく運動や生活習慣などにも留意して行います。

糖質コントロールでは、それ以外の栄養バランスにも注意が必要となりますし、全体の量のコントロールも必要です。

また、食事時間や運動と食事のタイミング、正しい生活リズムなどもダイエット効果に関係しています。

特に夜は食事を控えたり、1日3食以上に分けて一回辺りの量を減らすなどの注意は大切です。

こうした細かい条件を守るためには、それをサポートするトレーナーの存在は心身を支える助けにもなるものです。

(まとめ)糖質制限をすると低血糖になる?

1.糖質制限をしても基本的には低血糖にはなりません

糖質制限は体内に入る糖質量を減らすことですが、入る量が減ってしまっても人間の体内ではそれに代わるものがあるため、基本的には低血糖の心配はありません。

糖質が不足すると、脂肪分解や糖新生によってエネルギーを作り出します。

2.糖質制限で低血糖にならない理由は2つです

ダイエットや健康法として糖質制限を行う際には糖質量を減らすため、低血糖になりそうです。

しかし、糖質が体内で不足しても体内の脂肪酸を代わりに燃焼させてエネルギーを作り、肝臓で糖質を作ることで補われています。

3.糖質制限は糖質を不足させることでダイエット効果をもたらします

糖質制限によってダイエットができるようになる仕組みには糖の不足によって太りにくくなり、脂肪を分解しやすい状態となる体の性質が関係しています。

糖質の摂取を抑えること自体がダイエットには大切なものなのです。

4.糖質制限ダイエットは正しい方法で行うことが大切です

糖質制限ダイエットには食事のコントロールだけでなく、それ以外の方法も取り入れられます。

安全に良い効果を出すためには、正しい知識を持って行うことが大切です。

自分でできない場合にはプロのトレーナーについて実践することが必要となるでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る