中性脂肪を減らしたいときは青魚を食べるといいの?

青魚には中性脂肪を減らす働きを持つ栄養素が含まれると言われています


背中が青い色をしている青魚にはサバやアジがありますが、この青魚には中性脂肪を減らすのに役立つと言われるDHAやEPAが含まれています。

しかし一度食べれば中性脂肪値が改善されるわけではないので、適度に継続してDHAやEPAを取り続けることがおすすめです。

その他に中性脂肪を減らす役に立つと言われる食品や飲み物があるので、一緒に取ってはいかがでしょうか。

また積極的に中性脂肪値を改善したい時には、青魚を取りつつ糖質制限をする方法もあります。

青魚には中性脂肪を減らすとされるDHAやEPAが含まれています

青魚に含まれているDHAやEPAは、中性脂肪を減らすと言われる働きがあり、テレビなどでも特集され注目されている栄養素です。

それぞれについてさらに詳しくご紹介します。

DHA

魚の脂に含まれている脂肪酸のことで、ドコサヘキサエン酸と呼ばれています。

n-3系脂肪酸に含まれており、体内のあらゆる働きに使われることも期待されているのです。

中性脂肪値の改善だけでなく、学習機能の向上も「魚を食べると頭が良くなる」と言われて注目を集めています。

他にも、血糖値低下作用・血中コレステロール低下・血圧降下作用・視力低下の抑制・抗血栓作用・抗アレルギー・抗炎症作用もあると言われているのです。

DHAを多く含む魚には、マグロ・サバ・アユ・ブリ・さんま・ニシン・スジコ・イクラがあり、週2回140~170gずつ食べるようにすると良いと言われています。

EPA

DHAと同じくn-3系脂肪酸に含まれているEPAは、必須アミノ酸という人間の体内でつくり出すことのできない、不可欠な栄養素です。

白色脂肪細胞は中性脂肪に多く含まれており、脂肪を増やしてしまいますが、ベージュ細胞というエネルギーを燃焼させる働きを持つ脂肪細胞も発見されています。

EPAはこのベージュ細胞に白色脂肪細胞を変化させると言われており、中性脂肪の減少に役立つとされているのです。

中性脂肪値改善に役立つその他の食品も取り入れましょう


青魚以外にも中性脂肪が気になる時に役立つ食品があるので、積極的に取り入れてみましょう。

例えば大豆製品はそのひとつで、大豆たんぱくに含まれている成分が中性脂肪を減らしたい時に役立つと言われています。

そのため豆腐や豆乳、納豆、厚揚げ、油揚げなどの食品を毎日継続して少しずつ食べていくと、中性脂肪値の改善にも役立ちます。

それから食用油の中ではオリーブオイルがおすすめで、オリーブオイルに含まれている不飽和脂肪酸の一種が中性脂肪値を上がりにくくすると言われているのです。

またオリーブオイルはコレステロール値も下げる働きがあると言われており、中性脂肪が多い人の多くがコレステロール値も高いことから、両面でメリットがある食品と言えます。

普段から飲む飲み物の中にも中性脂肪を減らすと言われる物があり、例えばポリフェノールを含むワインやコーヒー、お茶などがおすすめです。

緑茶に含まれるカテキンは肝臓での脂肪の代謝を促進し脂肪を燃やすことに役立つと言われています。

これらの飲み物も適度に取り入れてはいかがでしょうか。

青魚を取り入れた糖質制限メニューでより中性脂肪を減らしましょう

より中性脂肪を積極的に減らすには、糖質制限を行う方法もあります。

ご飯やパンなどの主食に多く含まれる糖質の量を減らすことで中性脂肪が増えることを防ぎ、余分な脂肪を燃やす方法です。

糖質制限では主食よりおかずを多めに取るようにするため、青魚をはじめとして大豆製品や野菜もたっぷりと使ったメニューになるよう心がけてみましょう。

おかずを多くすることで糖質を控えめにし、エネルギーとして使われなかった糖質が中性脂肪となり蓄積されることを防ぎます。

しかし主食を控えめにした食事は、外食では難しい時もあり、魚料理を仕事中は忙しくて食べる時間がないこともあるでしょう。

そのような時には低糖質を目指してつくられている製品を購入し利用する方法があります。

どのくらいの糖質が含まれているかを具体的に知ることもできるので、管理が難しいと感じる人にも便利な方法です。

(まとめ)中性脂肪を減らしたいときは青魚を食べるといいの?

1.青魚には中性脂肪を減らす働きを持つ栄養素が含まれると言われています

サバやアジ等の青魚はDHAやEPAという中性脂肪を減らす働きがあると言われる栄養素を含んでいます。

しかし一度食べただけでは改善されないので、継続して青魚を食べましょう。

他にも中性脂肪値の改善に役立つ食品を合わせて取ってはいかがでしょうか。

2.青魚には中性脂肪を減らすとされるDHAやEPAが含まれています

サバ・アジなどの青魚に含まれている、n-3系脂肪酸のDHAやEPAは中性脂肪を減らす働きがあると言われています。

そのため、魚を週2回、1度に140~170gを食べることを継続しましょう。

3.中性脂肪値改善に役立つその他の食品も取り入れましょう

中性脂肪値を改善するには、青魚を食べる他に大豆製品やオリーブオイルを取り入れたりしてみましょう。

食品だけではなく飲み物にも中性脂肪を減らす役に立つと言われる物はあり、緑茶やコーヒー、ワインなどがあります。

4.青魚を取り入れた糖質制限メニューでより中性脂肪を減らしましょう

糖質制限を行うとより積極的な中性脂肪の減少に取り組めます。

糖質制限とは、主食となるご飯やパンを控えめにして魚などのおかずをたっぷり取ることがポイントの方法です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る