中性脂肪値が高い妊婦さんはどうやって下げたらいい?

中性脂肪値が高い妊婦さんは食べ過ぎないよう気をつけ運動もしましょう


妊婦になると栄養を吸収しやすくなるため中性脂肪もつきやすくなります。

これは胎児を育てて出産するために必要なことですが、中性脂肪が増えすぎると出産にリスクが生じることもあります。

そのため、妊娠中に中性脂肪値が心配される時には食べ過ぎに注意して、積極的に体を動かしましょう。

しかし中性脂肪値を早く落としたい、大きく下げたいからといって無理なダイエットに取り組むと胎児への影響や出産のリスクが心配されます。

そのため、必要な栄養素をバランスよく取り、脂肪や糖質を取りすぎないようにしましょう。

中性脂肪がつきやすいので食べ過ぎないようにしましょう

昔の考えでは、妊娠したら胎児の分も食べなくてはならないと言われていましたが、現在ではそれは食べ過ぎになります。

それより体重の増えすぎに注意し妊娠中や出産のリスクを下げるために、自分の元の体重に応じた増え方でとどめることを大切にされるようになったのです。

それから、妊娠するとつわりに苦しむ人もいますが、常に食べていないと気持ちが悪くなる「食べづわり」に苦しむこともあります。

この場合いつも食べ物を口にしていることになり、中性脂肪が増える原因になってしまいます。

この場合、高カロリーの物を常に食べることは避けて低カロリーの物や少しの量で満足できる食べ物を見つけましょう。

そして里帰り出産をする人の場合、それまでは仕事や家事などで動き回っていたものの、産休に入ったり親が家事をしてくれたりと体を動かす機会が少なくなってしまいます。

時間に余裕があり食べ物がすぐ手に届くところにある環境では、つい食べ過ぎてしまうので、家事を手伝いや食べ物を近くに置かないなどの工夫をしてみましょう。

積極的に体を動かしてエネルギーを消費しましょう


出産に備えて体力をつけることは、安定期に入るとクリニックからもよくすすめられるようになります。

妊婦さんにおすすめの運動にはウォーキングがあり、運動が苦手な人も取り組みやすいので、少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

妊娠中はお腹に力が入る運動や瞬発的な運動、激しい運動は避ける必要がありますが、ウォーキングはその人に合った強度で行えるので産院などでもすすめられています。

妊娠後期になるとむくみや便秘にもなりがちですが、体を動かすことで血行が促進され予防や改善にも役立つのです。

安定期に入ってからは1日30~40分程度を継続して行うようにし、クリニックから指示があればさらに時間を増やしたり速度を上げたりしてみましょう。

もし異常を感じた時には早めにかかりつけの病院に相談することが大切です。

それから階段の昇降運動も下半身が鍛えられ、出産に必要な筋力アップにも役立つのでおすすめです。

ストレッチをして股関節をはじめとした体をしなやかにしておくことも、スムーズな出産のために行っておきましょう。

妊娠中はバランスよく栄養を取り、糖質制限をしすぎないようにしましょう

妊娠中に積極的な糖質制限を行ってしまうと、胎児の成長に必要な糖質が不足し、影響を及ぼすかもしれません。

そのため、食事は栄養バランスよく取るようにして、極端に糖質を避けることは控えましょう。

だからと言ってたくさん糖質を取ることは中性脂肪を増やす結果になるため、取りすぎないために低糖質を目指してつくられたスイーツなどを利用することはかまいません。

妊娠中にはお腹が減って仕方がない時もあり、そのような時に高カロリー、高糖質の食品ばかりを口にしていてはどんどん中性脂肪が増えてしまうので、おやつに低糖質の食品を利用してはいかがでしょうか。

他にもこんにゃく・寒天などを使ったおやつでお腹を満たす方法もあります。

また、妊婦さんは食べる物を大きく制限するよりも適度に食事をしながら、積極的にウォーキングやストレッチなどをして体を動かし、余分なエネルギーを消費しましょう。

(まとめ)中性脂肪値が高い妊婦さんはどうやって下げたらいい?

1.中性脂肪値が高い妊婦さんは食べ過ぎないよう気をつけ運動もしましょう

妊娠中は中性脂肪もつきやすくなるものですが、太りすぎるとリスクを生じることがあります。

そのため、妊婦さんは食べ過ぎに注意して積極的に運動しましょう。

無理なダイエットは胎児や母体への影響が心配されるので避けることです。

2.中性脂肪がつきやすいので食べ過ぎないようにしましょう

妊婦さんは、中性脂肪が付きやすいので食べ過ぎには注意しましょう。

食べづわりの時も高カロリーの物を食べ続けないようにし、里帰り出産では積極的に家事を手伝ったり食べ物が手に届くところに置かないようにしたりと工夫をしましょう。

3.積極的に体を動かしてエネルギーを消費しましょう

安定期に入ったら積極的に体を動かしてカロリーの取りすぎによる中性脂肪の増加を防ぎましょう。

そのための運動はウォーキングがおすすめで、1日30~40分程度が目安です。

運動すると血行が促進されるので、むくみや便秘の予防・改善にも役立ちます。

4.妊娠中はバランスよく栄養を取り、糖質制限をしすぎないようにしましょう

妊婦さんが積極的な糖質制限を行うと、糖質を栄養として成長する胎児にも影響が出る可能性があります。

中性脂肪が多く糖質を控えたい時は、おやつに低糖質の物を選んではいかがでしょうか。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る