血液検査で中性脂肪値が高い時の改善方法とは?

日頃の生活習慣の影響で血液中の中性脂肪値が上がりやすくなります


血液検査をして、中性脂肪の数値が高い時は日頃の生活習慣が影響を及ぼしている可能性が高いです。

例えば偏った栄養バランスの食生活で暮らしていると、血液中の中性脂肪値が上がり体内に脂肪がつきやすくなってしまいます。

数値の高さを改善するには、日頃の食生活を栄養バランスの良い和食にし、適度に体を動かして運動不足を解消することがおすすめです。

より積極的に中性脂肪値を下げるには、糖質制限を行う方法もあり、食事で取る糖質の量を減らして余分な中性脂肪を消費し増えないようにするのです。

毎日の生活習慣の悪影響が蓄積して、中性脂肪値が上がります

普段何気なく行っている生活習慣も、積み重なるといつの間にか高い中性脂肪値となって表れてしまうことがあります。

例えば仕事が忙しくて外食をすることが多いと、単品や主食だけで終わってしまうことも少なくありません。

一人暮らしをしているとつい食生活が乱れてしまい、夜更かしをして夜食を食べることが習慣になっている人もいるでしょう。

これらの生活習慣は血液中の中性脂肪を増やしやすく、しかも現代人は運動不足になりやすい生活をすることが多いために中性脂肪値が上がる結果になってしまうのです。

それに現代人の食事は欧米化しており、肉など脂の多い物を食べる機会が多くなっていることも中性脂肪値の上昇と関係があります。

また、仕事でパソコン作業をしながらお菓子をつまんだりジュースを飲んだりしていると知らず知らずのうちに取りすぎてしまうのです。

中にはお菓子を食事の代わりにする人もおり、それでは栄養が取れず中性脂肪ばかり増えることになるでしょう。

生活習慣を見直して中性脂肪値を改善しましょう


血液検査で中性脂肪値が高いという結果が出た時は、まず生活習慣を見直して改善に取り組みましょう。

主に食事と運動についてポイントをご紹介しますので当てはまるものはないかチェックし、改善してみてください。

栄養バランスの良い食事を取っているか

食事の時間がなかなか取れないと、外食やコンビニなどで購入することも増えてしまいます。

すると単品で食事を終えることも増え、丼や麺類だけで食事を済ませることを続けてしまうと、野菜不足になり中性脂肪値が高くなりやすくなるのです。

そのため普段の食事は栄養バランスが偏っていないかチェックし、高カロリーになっていないことも気にしましょう。

おすすめの食事は和食で、魚や大豆製品、緑色・淡色野菜・キノコ類のような、中性脂肪の減少に役立つと言われる食品を積極的に取り入れることです。

運動不足になっていないか

取りすぎたカロリーは中性脂肪となってしまいますが、少しでもエネルギー消費量を上げることで中性脂肪になる量を減らすことにもつながります。

血流がアップすれば栄養素が全身に行き渡りやすくなり不要な物の排泄もスムーズになるので、余分な中性脂肪の蓄積を防ぐことにもなるのです。

それに筋力がアップすれば使われるエネルギーの量が増えるので、余分な中性脂肪の燃焼にも役立ちます。

糖質の摂取量を減らすことは中性脂肪の減少にも役立ちます

中性脂肪を増やす栄養素は脂肪だけではなく糖質も当てはまるので、中性脂肪値が高い時は糖質制限をすると数値改善に役立つでしょう。

糖質は体を動かすエネルギーとなる必要な栄養素ですが、取りすぎて余った分は脂肪に変換されて体についてしまうからです。

そのため糖質制限をする時は糖質を多く含む食品をできるだけ控えることがポイントで、その食品とは主食となるご飯やパン、麺類のことです。

全く取らない方が中性脂肪値を下げやすいのでは、と思うかもしれませんが実は逆効果で体に良い影響は与えません。

適度に糖質を取り、その他の必要な栄養素、特にタンパク質と食物繊維をたっぷりと取って栄養を補うようにするのが糖質制限です。

しかしそれまで好きなだけ食べていた主食を大きく減らすことは辛いと感じるのではないでしょうか。

そのような時には、低糖質を目指してつくられた食品の利用がおすすめです。

例えばパンや麺類はそれまでの見た目とほとんど変わることがなく、おいしく食べられる物が売られています。

長期間糖質制限に取り組むなら通販で低糖質の食品をまとめ買いする方法もあり、忙しくても糖質制限を行いやすくなっています。

(まとめ)血液検査で中性脂肪値が高い時の改善方法とは?

1.日頃の生活習慣の影響で血液中の中性脂肪値が上がりやすくなります

中性脂肪値が高い時、食生活で栄養バランスが偏っていたり運動不足だったりしています。

そのため食事を栄養バランスの取れた和食にし、適度に運動して運動不足を解消しましょう。

また、糖質制限で3食きちんと食べながら中性脂肪を減らす方法もあります。

2.毎日の生活習慣の悪影響が蓄積して、中性脂肪値が上がります

乱れた生活習慣が積み重なると次第に中性脂肪値が高くなってしまいます。

例えば忙しくて外食しがちになると単品で栄養バランスの偏った食事に、夜更かしが多くなると夜食が習慣化し、中性脂肪が増えやすくなってしまうのです。

3.生活習慣を見直して中性脂肪値を改善しましょう

高くなった中性脂肪値を改善するには、栄養バランスの取れた食事で高カロリーにならないことと運動不足の解消がおすすめです。

食事は単品で終えずに魚や野菜を取ることを意識し、定期的に運動して代謝の良い体づくりをしましょう。

4.糖質の摂取量を減らすことは中性脂肪の減少にも役立ちます

脂肪だけでなく糖質も中性脂肪を増やしてしまう栄養素なので、取りすぎには気を付けましょう。

中性脂肪値が高い時は糖質制限を行って改善する方法もおすすめです。

主食は控えめにしてタンパク質や食物繊維をしっかり取りましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る