チーズは中性脂肪をつきにくくするってホント?

チーズには中性脂肪の分解に役立つ栄養素が含まれていると言われています


チーズに含まれる栄養素のうちカルシウムは体脂肪がつくことを抑制し分解を促進する働きがあると言われています。

他にもタンパク質やビタミンB2など豊富な栄養素を含んでいるので、おすすめの食品です。

しかし食べ過ぎると逆に中性脂肪を増やすことになるので適度に継続して食べることがポイントです。

中性脂肪を減らしたい時に行う糖質制限でもチーズは豊富な栄養があることから、上手に取りたい食品と言えます。

チーズのカルシウムが体脂肪の合成を抑制するといわれています

チーズのような乳製品に含まれているカルシウムは、体脂肪がつくことを抑制する働きがあると言われ、注目されています。

さらに中性脂肪の分解の働きもあるとされることから、ダイエットにうれしい食品のひとつにもなっています。

しかも含まれているカルシウムの量は牛乳の約10倍もあり、丈夫な骨づくりを心がけたい時にも役立つのです。

これだけ多くのカルシウムを含んでいるため、毎日たくさん食べなくても少量ずつで豊富な栄養素を補うことを可能にします。

乳酸菌も中性脂肪を減らすと言われる

チーズに含まれる成分には乳酸菌もあり、この乳酸菌もまた中性脂肪値の改善に役立つと言われています。

なぜなら乳酸菌が腸で増えると腸内環境が整って、不要な物の排泄もスムーズになることが期待できるからです。

腸内環境が正常化されることによって中性脂肪の吸収を抑制することにも働くとされるため、カルシウムも乳酸菌も含むチーズは、高い中性脂肪値を改善したい時には適した食品と言えます。

チーズはタンパク質やビタミンB2など栄養豊富な食品です


カルシウムや乳酸菌の他に、チーズはあらゆる栄養素を豊富に含んでいます。

その栄養素とは、タンパク質・脂質・ビタミン・ナトリウム・カリウムがあり、チーズの種類にもよりますが体をつくる元になるタンパク質をしっかりと取ることのできるものもあるのです。

ビタミンはさらに詳しく種類を説明するとビタミンA・B・B2・B1で、この中でも中性脂肪の燃焼に役立つのがビタミンB2です。

ビタミンB2は脂質と一緒になって代謝を促進する働きもあると言われるため、疲労回復にも役に立ちます。

ビタミンAは肌や粘膜の健康を維持する働きを持っており、美容面でもうれしい栄養素と言われています。

また、ビタミンBは肌細胞の生まれ変わりをサポート、ビタミンB12は増血剤ともいわれるもので脳の修復を助ける働きがあると言われているのです。

それからナトリウムやカリウムなどのミネラルもチーズは含んでいますが、ナトリウムが多くてもそれを排出する働きを持つカリウムを含んでいるため、上手にバランスが取れます。

糖質制限で中性脂肪を減らす時も上手にチーズを食べましょう

中性脂肪値が気になる時は脂肪だけでなく食事の中の糖質の量を気にしてみましょう。

糖質は主食に多く含まれておりエネルギーの元になるものですが、取りすぎる中性脂肪になり蓄積されてしまうのです。

そのため中性脂肪値を改善したい時には糖質制限もひとつの方法で、主食よりもおかずを多めに取るようにしましょう。

例えば朝食ではいつものパンを低糖質タイプに変更したり、間食を低糖質を考えてつくられたケーキにしたりしてみる方法があります。

この時タンパク質をしっかりと取ることが必要なので、チーズを食事の中に取り入れることはおすすめです。

ではどのくらいの量のチーズを食べると良いかと言うと、健康維持を考える場合は1日1~2回で1回あたり20~40g程度が良いでしょう。

この量は市販の6Pタイプのプロセスチーズがちょうど良いので目安にしてみてはいかがでしょうか。

中でも低糖質でダイエット向けと言える種類はカマンベールチーズで、ビタミンB2も豊富に含んでいます。

しかしチーズは低カロリーでダイエットにも向いているからと食べ過ぎては逆効果になってしまうので、適度な量を超えないようにしましょう。

(まとめ)チーズは中性脂肪をつきにくくするってホント?

1.チーズには中性脂肪の分解に役立つ栄養素が含まれていると言われています

チーズのカルシウムは体脂肪がつくことを抑えて分解の働きを促進すると言われています。

他にもタンパク質やビタミンB2などたくさんの栄養素を含むため、糖質制限に取り組む時も上手に取りたい食品のひとつです。

2.チーズのカルシウムが体脂肪の合成を抑制するといわれています

チーズに含まれるカルシウムは、脂肪がつくことを抑制し脂肪の分解を促進すると言われています。

それに、乳酸菌も含まれているので腸内環境を改善して脂肪の吸収の抑制や不要な物の排泄にも役立ちます。

3.チーズはタンパク質やビタミンB2など栄養豊富な食品です

チーズに含まれる栄養素は、他にもタンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルがあります。

詳しく働きを説明すると体をつくる元になるタンパク質、中性脂肪の燃焼に役立つビタミンB、脂肪と一緒に代謝を促すビタミンB12です。

4.糖質制限で中性脂肪を減らす時も上手にチーズを食べましょう

中性脂肪を減らしたい時は食事で取る脂肪だけでなく、糖質の量も気にしてみましょう。

糖質制限をする時にも、栄養素の豊富なチーズはおすすめの食品で、中でも糖質の少ないカマンベールチーズを使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る