20代でも中性脂肪値が高い原因は?

20代で中性脂肪値が高くなるのは食生活の乱れが原因といえます


20代は社会人となり経済的に余裕があり、一人暮らしをしていることも多いため外食などをしがちになります。

すると食生活が乱れていき、その結果20代でも中性脂肪が多くなるのです。

そして中性脂肪値を改善するには食生活の見直しも必要ですが、運動不足も中性脂肪が増えやすくなる原因のひとつなので継続して体を動かすこともおすすめです。

また積極的に中性脂肪値の改善に取り組みたい時は糖質制限を行って、中性脂肪の元になる糖質の摂取量を減らす方法もあります。

生活環境の変化から食生活が乱れて中性脂肪が多くなります

例えば20代と言えば大学などを卒業して社会人として仕事を始めている年代です。

まだ結婚をしていない人も多く、一人暮らしで親元を離れて生活していることもあり食生活が自分の自由になる状態にあります。

それに経済的にも余裕があると外食やコンビニなどで食事を購入することも増えがちで、仕事などが忙しくなれば食事を取る時間がバラバラになることも少なくありません。

そして社会人として働いていると飲み会に誘われる機会も多くなり、たくさんお酒を飲んだり高カロリーの食事を取ったりすることも増えます。

仕事で残業が増えればその分帰宅後の食事が遅くなり、夜更かしが習慣になると夜食が当たり前になったりすることも中性脂肪の増加に関係しています。

しかも外食をする機会が増えると、炭水化物や脂肪を取る機会は多くなりますが野菜は不足しがちです。

このような生活を送っていても20代のうちはまだ若いこともあり、生活のしづらさを感じることは少ないでしょう。

しかし中性脂肪は蓄積されていき、検査をしたら中性脂肪値が高かったということは多くあるのです。

運動不足も中性脂肪値をあげる原因のひとつです


学生時代には授業やサークル・部活などで運動する機会が設けられていましたが、社会人になると仕事先で運動のチャンスが用意されることはあまりないでしょう。

それに、仕事が忙しくなり帰宅が遅かったり疲れがたまったりすると、なかなか体を動かそうとは思えないものです。

仕事の内容にもよりますが、デスクワーク中心の職業の場合さらに体を動かす機会は少なくなり、一層運動不足になってしまいます。

運動しないことで消費するエネルギー量は少なくなり、使わなかった分は脂肪として体に蓄積されていきくのです。

食生活の乱れで高カロリーの食事が続き、さらに運動不足で消費カロリーが少なくなれば、より多くの中性脂肪が体についてしまうことになります。

そのため運動不足も20代の中性脂肪を増やす原因のひとつになるのです。

運動量を少しでも増やす方法

デスクワーク中心の人でも、会社では階段を使ったり駅まで歩いたりといった少しでも体を使う方法を選ぶようにすると運動量を増やすことにつながります。

理想的な運動は、運動に集中できる状態で汗ばむ程度行うことですが、全く体を動かさないよりは良いと言えます。

20代で中性脂肪が気になる時は糖質制限もしてみましょう

脂の多い食事を取ることだけが中性脂肪を増加させているわけではなく、糖質の多い食事も余った糖質が脂肪に変換されて体についてしまうのです。

そのため糖質を制限して体についた中性脂肪を改善する方法があります。

まず糖質を多く含む食品ですが、主食となるご飯やパン、麺類などがそれにあたり、外食するとつい多く取ってしまいがちな栄養素です。

糖質制限を心がける時は主食を控えめにしておかずを多めにすることがポイントです。

それからおかずではタンパク質をしっかり取って栄養が不足しないようにしましょう。

もし糖質が不足した場合でもたっぷりタンパク質を取っていれば補うことも可能です。

また野菜もたっぷりと取ることが大切で、食事をする時はまず野菜から食べることを心がけましょう。

ただし野菜の中にもイモ類のように糖質の多いものはあるので、葉物野菜やキノコ類がおすすめです。

(まとめ)20代でも中性脂肪値が高い原因は?

1.20代で中性脂肪値が高くなるのは食生活の乱れが原因といえます

社会人になり一人暮らしをすることもある20代は、経済的な余裕もあることから食生活が乱れやすい時期です。

すると中性脂肪も多くなりがちなので、バランス良い食事を心がけて運動不足も解消しましょう。

2.生活環境の変化から食生活が乱れて中性脂肪が多くなります

社会人になって一人暮らしを始める人が増える20代は、自分で食事の管理をすることになります。

時間がないと外食や食事の購入が増え、仕事で飲み会も多くなり、食生活が乱れて20代でも中性脂肪値が高くなることがあるのです。

3.運動不足も中性脂肪値をあげる原因のひとつです

社会人になると運動の時間を設けてもらうことは難しいので、自分で用意することになります。

デスクワーク中心の仕事はカロリー消費が少なく、中性脂肪がたまりやすいので、少しでも歩いたり階段を上り下りしたりして体を動かしましょう。

4.20代で中性脂肪が気になる時は糖質制限もしてみましょう

糖質も取りすぎると中性脂肪を増やすので糖質制限する方法もあります。

糖質制限では、主食を控えめにしてタンパク質と野菜をたっぷり取るおかずを多く食べるようにしましょう。

食べる順番は野菜からにすることも大切です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る