糖質と炭水化物の違いは何?

糖質と炭水化物の違いは食物繊維です


糖質と炭水化物の違いは、食物繊維の有無です。

この二つは非常に密接な関係を持っています。

糖質は、三大栄養素のひとつである炭水化物の中に含まれています。

炭水化物は糖質と食物繊維に分けられますが、この二つを合わせて炭水化物として成分表示されることもあります。

糖質は炭水化物に含まれるものといえますが、ダイエットや健康法として用いられる糖質制限と炭水化物抜きは違います。

どちらを行うかによって効果に差が出ることも考えられます。

炭水化物抜きダイエットと糖質制限ダイエットは違いがあります

ダイエット方法として、炭水化物抜きや糖質制限というものがあります。

炭水化物は糖質と食物繊維を含んでおり、炭水化物抜きダイエットを行うとしたら、糖質と食物繊維のどちらも抜くことになります。

糖質制限ダイエットの場合には、食物繊維を除いた糖質のみをコントロールすることになります。

炭水化物に含まれている糖質は、体内に入ると血中にブドウ糖として吸収され、エネルギーとして働きます。

体に大切な成分ですが、糖質を減らすことで糖質の不足を補うために体内に蓄積されていた脂肪を燃焼することができ、ダイエットにつなげることができると考えられています。

また、食物繊維もダイエットに大切な関係を持っています。

食物繊維は体内に吸収されず、腸内で便のかさを増したり、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることが期待できます。

さらに糖質の吸収を緩やかにして、血糖値の上昇を抑えたり、お腹が空きにくくする働きも持っています。

この効果はダイエットの促進にも大きな影響が期待できます。

炭水化物を減らすと糖質だけでなく食物繊維も減ります


炭水化物抜きダイエットは糖質制限ダイエットとともに非常に話題を集めているダイエット方法ですが、方法を間違えると体調不良のリスクを持つ恐れがあります。

炭水化物を抜いてしまうことで、糖質も食物繊維も減ってしまうのです。

糖質を抑える意味合いで炭水化物抜きダイエットを行うと、食物繊維の不足による便通の問題や食欲が抑えられないといった問題も起こる可能性があるようです。

糖質を減らすことで血糖値を抑えることができ、インスリンの分泌を抑えられるため、余分な糖質の脂肪への変換を抑えられます。

しかし、食物繊維も減ってしまうと、その働きのひとつである血糖値の上昇を抑えられなくなる恐れがあります。

せっかく糖質の制限が食物繊維不足によって効果の抑制をもたらし、ダイエットが進みにくくなってしまうかも知れません。

また、食物繊維は腸内環境にも影響を与えており、不足することで便通の不調もきたす可能性があります。

ダイエットでは食事量の全体的な減少や栄養バランスの乱れによって便秘を起こしやすく、その影響でダイエット効果の停滞や肌トラブルを引き起こすリスクも高くなります。

糖質だけでなく炭水化物を減らすことで、ダイエットに逆効果となる可能性があるということです。

糖質制限で炭水化物を減らす場合は食物繊維を加えます

食事のコントロールによってより高いダイエット効果や健康維持を目指すにあたっては、炭水化物抜きではなく糖質のみをコントロールすることが大切です。

しかし、糖質は炭水化物に含まれているため、糖質だけを上手に制限するのは一般的な食事メニューでは難しいかも知れません。

そんな場合には、食物繊維を別で意識的に摂取することが大切です。

炭水化物を制限する代わりに、新たに食物繊維を多く含んでいる食品を多く摂るのです。

食物繊維は野菜などに含まれる不溶性食物繊維、海藻やこんにゃく、果物などに含まれる水溶性食物繊維の2種類があります。

どちらも腸内で大切な役割を果たしており、独自の働きを持っているので両方をバランスよく摂取することが必要です。

また、糖質のみをコントロールしてそれ以外の栄養素は豊富な低糖質食を利用することも便利です。

これなら普段摂取している主食などを低糖質食に変えるなどで、簡単に食物繊維を維持して糖質のみを制限できるでしょう。

(まとめ)糖質と炭水化物の違いは何?

1.糖質と炭水化物の違いは食物繊維です

糖質と炭水化物の違いは、食物繊維の有無にあります。

炭水化物とは、糖質と食物繊維を合わせたものを指しています。

糖質制限ダイエットと炭水化物抜きダイエットも違うものなので、区別して考えることが必要です。

2.炭水化物抜きダイエットと糖質制限ダイエットは違いがあります

炭水化物は糖質と食物繊維で構成されています。

糖質は体内で消化吸収されてエネルギーになりますが、食物繊維は消化されない成分です。

炭水化物と糖質はまとめて考えられがちですが、ダイエットなどでは分けて制限をすることが必要です。

3.炭水化物を減らすと糖質だけでなく食物繊維も減ります

炭水化物は糖質と食物繊維を含んでいるため、炭水化物を減らすと食物繊維も減ってしまいます。

そのため、腸の働きに影響が出て、便通の不調の原因となることもあります。

4.糖質制限で炭水化物を減らす場合は食物繊維を加えます

糖質制限ダイエットなどで炭水化物を減らす場合には、食物繊維を意識的に加えることが必要です。

食物繊維豊富な食材を取ったり、糖質のみを制限した低糖質食で食事制限ダイエットで陥りがちな便秘などの不調を予防することができるでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る