糖質制限で中性脂肪を下げることはできるの?

糖質制限は中性脂肪を下げるために効果的です


中性脂肪が高くなる原因は食事でとりすぎた脂質だけではなく、糖質をとりすぎることにもあるということが分かっています。

本来、中性脂肪は、体温維持やエネルギー源として重要な役割をもつ物質ですが、ダイエットの敵であるお腹周りや二の腕、太ももなどのぜい肉となるだけではなく、動脈硬化をひきおこし、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高める危険な物質でもあります。

見た目だけではなく、健康面からも中性脂肪を下げることは大切です。

中性脂肪を下げるためには、適切な運動をすることはもちろん、脂質と糖質のとりすぎに気をつけることが肝心です。

揚げ物を控える、肉を食べるなら脂肪の少ない部位を選ぶなど、脂質をとりすぎないようにする工夫を心がけましょう。

また、正しい知識をもって糖質制限に取り組むと、糖質の過剰摂取を防ぐことができ、結果的に中性脂肪を下げることが可能となるでしょう。

この場合、短期的にストイックな糖質制限を行うことは意味がないので、無理なく継続できる食生活の確立を目指しましょう。

糖質を全くとらないというのは、誤りで、過剰摂取にならないようにタンパク質と食物繊維を中心にしたバランスの良い献立をつくり、ストレスなく続けていくことが重要です。

糖質も中性脂肪を高める原因となります


中性脂肪の原因となる物質を考えたとき、真っ先に浮かぶのは「脂質」だと思います。

もちろん脂質をとりすぎると中性脂肪となって体に蓄積されてしまいます。

しかし、それだけではなく「糖質」も中性脂肪の原因となります。

なぜなら血糖値を下げるためにはたらくホルモンであるインスリンは、食事でとりすぎた糖質を中性脂肪にかえて体に蓄積させる役割をもっているからです。

また、体内におけるエネルギー燃焼の優先順位は、糖質が最も高いため、糖質をとりすぎると既に蓄えられている中性脂肪の消費が進まなくなるという現象がおこります。

中性脂肪対策を考える場合には、脂質を減らすだけではなく、糖質を減らすことも重要なのです。

糖質制限を上手に取り入れて中性脂肪対策をしましょう

糖質をとりすぎると中性脂肪の原因となり、既に蓄積されている中性脂肪の消費も後回しになってしまうため、正しい知識を身につけて糖質制限に取り組んでいく必要があります。

糖質制限の基本的な考え方は、糖質が多く含まれている穀類やイモ類、砂糖などの糖質の多い食品の摂取を減らし、「タンパク質と食物繊維」を中心に献立をつくるということです。

肉、魚、卵、大豆製品を中心に旬の野菜を豊富に摂取するようにしましょう。

偏った食生活ではなく、栄養バランスを考えた食事をとることで、ストレスを感じず継続的に糖質制限していくことが可能です。

また、現在ではいろいろな種類の低糖質食品が店頭で売られています。

これらを上手に活用して主食を低糖質食品に置き換える、お菓子を低糖質スイーツに置き換えることも効果的です。

大切なことは、無理に糖質を制限するのではなく、長く続けていくためにストレスをできるだけ減らすということです。

正しい知識で糖質制限に取り組めば、1日3食しっかり食べることができ、難しいカロリー計算も必要ないので、ストレスなく中性脂肪対策を継続することができます。

正しい食生活と運動習慣を身につけましょう

生活習慣を見直すことも中性脂肪対策として重要です。

夜型の生活を改め、食事のボリュームは、活動量の多い昼間は多め、夜は軽めを心がけましょう。

夜9時以降に食べると、摂取した分が消費されずに体に蓄積されることになってしまいます。

これを防ぐために、夜遅くには食べないようにしましょう。

また、早食いは食べ過ぎの元になりますから、しっかり噛んで満足感を得るようにし、食べ過ぎないように気をつけましょう。

献立を考える際には、脂質と糖質のとりすぎに気をつけ、バランスの良い食事を心がけましょう。

さらにウォーキングやストレッチなどの軽い運動を生活習慣に取り入れ、消費エネルギーを増やしていきましょう。

食事と運動の両方を無理なく継続していくことが、中性脂肪対策として重要です。

見た目の問題だけではなく、健康面からも重大なリスクを抱えることのないように、長期的な視野をもって取り組んでいきましょう。

(まとめ)糖質制限で中性脂肪を下げることはできるの?

1. 糖質制限は中性脂肪を下げるために効果的です

とりすぎた糖質も中性脂肪の原因となることが分かっています。

このため、正しい知識で糖質制限に取り組むことは中性脂肪を下げることにもつながります。

無理なく糖質をカットした献立を考えて長期的に取り組むことが大切です。

2. 糖質も中性脂肪を高める原因となります

糖質を下げるためのホルモンであるインスリンは、余った糖質を中性脂肪にかえるはたらきがあるということが分かっています。

中性脂肪の原因として「脂質」はもちろん「糖質」の摂取量にも気をつけるようにしましょう。

3. 糖質制限を上手に取り入れて中性脂肪対策をしましょう

糖質制限の基本的な考え方では、糖質が多く含まれている穀類やイモ類、砂糖などの糖質の多い食品の摂取を減らし、「タンパク質と食物繊維」を中心に献立をつくります。

低糖質食品も取り入れて、無理なく継続的に糖質制限に取り組みましょう。

4. 正しい食生活と運動習慣を身につけましょう

生活習慣を見直すことも中性脂肪対策として重要です。

生活サイクル、食事の量を確認するとともに運動を取り入れて消費エネルギーを増やしましょう。

中性脂肪対策は無理なく長期的に行うことが見た目にも、健康面でも重要です。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る