中性脂肪と悪玉コレステロールの関係は?

中性脂肪が増えると悪玉コレステロールも増えやすくなります


コレステロールは、大変良く耳にする言葉で、健康診断などで数値が高いと良くないというイメージを持たれることが多いようですが、体にとって悪いものというわけではありません。

コレステロールは、人間の体にある脂質の一つで、細胞膜やホルモン、胆汁酸の材料となる重要な物質です。

血清中の中性脂肪、悪玉コレステロール、善玉コレステロールの濃度が基準値を外れると脂質異常症とよばれます。

また、メタボリックシンドロームの診断基準には、中性脂肪と善玉コレステロールが盛り込まれています。

過剰に摂取されたエネルギーが内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えられ、血液中に放出される脂質が増えると、中性脂肪が増えることにより、血液中の善玉コレステロールが減ってしまいます。

それによって悪玉コレステロールが血液中に残って血管壁などに蓄積し、動脈硬化をすすめる一因となるのです。

悪玉コレステロールは内臓脂肪の蓄積とは関係性は薄いとされていますが、中性脂肪が増えた結果、善玉コレステロールが減るために悪玉コレステロールが増えることにつながります。

また、悪玉コレステロールは、単独でも、動脈硬化を促進することがわかっていますので、食生活を見直して継続的に運動を取り入れ、血中脂質の濃度を基準値内におさめることが健康につながると考えられます。

脂肪を増やす一因となる糖質の多い食品を控えて、栄養バランスの良い食事を摂りましょう。

中性脂肪とコレステロールは体にとって必要な脂質です

中性脂肪、コレステロールは共に脂質で水に溶けにくい性質を持ち、タンパク質などと結合してリポタンパク質として血液中に溶け、運搬しやすくされています。

リポタンパク質のうち、悪玉コレステロールは低比重リポタンパク質(LDLリポタンパク質)と結合し、肝臓から体全体にコレステロールを運ぶ役割を持ちます。

これに対し、善玉コレステロールは高比重リポタンパク質(HDLリポタンパク質)と結合して血管壁のコレステロールを回収して肝臓に戻す役割を持っています。

中性脂肪は超低比重リポタンパク質と結合して体全体に運ばれた後、LDLリポタンパク質となりますが、中性脂肪が増えるとLDLリポタンパク質も増えることになります。

その後、コレステロールを運び終わったLDLリポタンパク質がHDLリポタンパク質に変わるのですが、過剰になるとコレステロールを放すことができずにHDLコレステロールに変われなくなって肝臓に戻すことができなくなります。

よって血管壁などにコレステロールが残り、動脈硬化をすすめる一因となります。

悪玉コレステロールは、動脈硬化を促進します


悪玉コレステロールは、肝臓でつくられたコレステロールを体中に運搬する大切な役割を持っています。

しかし、増えすぎると血管壁に貯まり、酸化して過酸化脂質となります。

それが蓄積すると血栓となって動脈硬化をすすめてしまいます。

血清中の値の正常な範囲を超えて、高コレステロール血症となると治療が必要となります。

悪玉コレステロールや中性脂肪を増やさないようにするためには、糖質や脂質の摂取量を控えるようにする方が良いでしょう。

コレステロールの高い食品を避けることはもちろん、動物性脂肪の摂りすぎにも注意しましょう。

青魚などDHA、EPAを多く含む食品や、食物繊維の多い食品を摂ることも、コレステロールを減らすのに効果的といわれています。

抗酸化作用のある、ビタミンC、ビタミンEなどを多く含む食品を摂るのも良いでしょう。

糖質制限で中性脂肪とコレステロールの増加を予防しましょう

悪玉コレステロールを増やさないようにするためには、まず、中性脂肪を増やさないようにすることです。

食事によって過剰に摂取したエネルギーが余ると、脂肪として蓄積されます。

私たちの体にはエネルギーとして消費する順番があり、糖質の後に体脂肪となっていますので、糖質を控えることで脂肪の燃焼を助け、蓄積を予防することができると考えられます。

糖質を控える、または、糖質の高い食品を低糖質の食品に置き換える糖質制限なら、日常の食事に手軽に取り入れることができます。

また、脂っこい食品は控えるとしても、糖質制限を行うにあたってカロリーはそれほど気にする必要がありません。

糖質制限ではタンパク質を多く含む肉や魚も摂ることができますし、食物繊維の多い食品を組み合わせた栄養バランスの良い食事になるため健康的に痩せる効果が期待できます。

(まとめ)中性脂肪と悪玉コレステロールの関係は?

1. 中性脂肪が増えると悪玉コレステロールも増えやすくなります

コレステロールは、人間の体にある脂質の一つで、細胞膜やホルモン、胆汁酸の材料となる重要な物質です。

過剰に摂取されたエネルギーが内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えられ、血液中に放出される脂質が増えると、中性脂肪が増えて血液中の善玉コレステロールが減ってしまいます。

それによって悪玉コレステロールが血液中に残って血管壁などに蓄積し、動脈硬化をすすめる一因となるのです。

2. 中性脂肪とコレステロールは体にとって必要な脂質です

中性脂肪とコレステロールは、共に脂質で水に溶けにくい性質を持っており、血液中を運搬できるようにタンパク質などと結合してリポタンパク質として溶けています。

悪玉コレステロール(LDLリポタンパク質)は肝臓から体全体にコレステロールを運ぶ役割を持ち、善玉コレステロール(HDLリポタンパク質)は、血管壁のコレステロールを回収して肝臓に戻す役割を持っています。

3. 悪玉コレステロールは、動脈硬化を促進します

悪玉コレステロールは、肝臓でつくられたコレステロールを体中に運搬する大切な役割を持っていますが、増えすぎると血管壁に貯まり、酸化して過酸化脂質となり、血栓となって動脈硬化をすすます。

悪玉コレステロールや中性脂肪を増やさないようにするためには、食事内容を見直し、糖質や脂質の摂取量を控えるようにしましょう。

4. 糖質制限で中性脂肪とコレステロールの増加を予防しましょう

悪玉コレステロールを増やさないようにするためには、まず、中性脂肪を増やさないようにすることです。

糖質を控え、あるいは、糖質の高い食品を低糖質の食品に置き換える糖質制限なら、日常の食事に手軽に取り入れることができます。

脂っこい食品は控えて、タンパク質を多く含む肉や魚、食物繊維の多い食品を組み合わせた栄養バランスの良い食事を摂りましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る