中性脂肪が増えると皮下脂肪も増えるのですか?

中性脂肪が増えると内臓脂肪や皮下脂肪として蓄積されます


近年、メタボリックシンドロームが問題視されるようになり、健康状態を保つための肥満の予防や改善が重要視されるようになってきました。

様々な食品が手に入るようになったことや、生活が便利になって体を動かす機会が減ったことによってエネルギーの摂取量が過剰になりやすいことが肥満の一因と考えられています。

肥満は過剰摂取によって余ったエネルギーが脂肪に変えられて蓄積されるため引き起こります。

過剰摂取によって余った糖質は、グリコーゲンとして筋肉や肝臓に蓄えられ、必要に応じて分解されてエネルギー源となりますが、蓄えられる量には限度がありますので、摂りすぎると余った分が中性脂肪となって蓄えられ肥満になります。

肥満は脂肪が過剰に蓄積した状態のことで、内臓脂肪型と皮下脂肪型があります。

内臓脂肪型は男性に多くみられ、生活習慣病を発症するリスクが高いことがわかっています。

皮下脂肪型の肥満は、皮下組織に脂肪が蓄積した状態の肥満で、女性に多くみられます。

女性は妊娠や授乳期の蓄えとして皮下脂肪を蓄積しやすいのですが、皮下脂肪は一度ついてしまうとなかなか落ちません。

皮下脂肪は、内臓脂肪のように動脈硬化を進行させることはありませんが、睡眠時無呼吸症候群や関節痛、月経異常を引き起こすこともありますので、改善が望ましいとされています。

過剰摂取によって余った糖質は中性脂肪となります

一般に脂肪と呼ばれる中性脂肪は、食品中の脂質や体脂肪の大部分を占める物質で、重要なエネルギー源となるほか、脂溶性ビタミンや必須脂肪酸の摂取にも必要です。

体にはとても重要な物質ですが、多くなりすぎると肥満となりますので、増えすぎないように注意しましょう。

中性脂肪は、食事から摂取する脂質のほか、摂取量が消費量を上回って余ったエネルギーが体内で作り替えられ蓄積していきます。

必要に応じて分解され、エネルギー源となりますが、多すぎると肥満となってしまいます。

また、糖質の過剰摂取によってインスリンの分泌量が増えると、インスリンは血糖値を下げるようにはたらくほか、余った糖質を内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えるようにもはたらきます。

中性脂肪を増やさないようにするためには、糖質の摂取量を控えることも一つの方法といえるでしょう。

皮下脂肪は、つきにくく燃焼しにくいことが特徴です


エネルギーの摂取量が過剰になって消費されずに余ると、脂肪として蓄積されます。

このとき、腹腔内に脂肪が多く蓄積されると内臓脂肪型肥満、腰回りや下半身に多く蓄積されると皮下脂肪型肥満となります。

皮下脂肪型の肥満は女性に多くみられますが、皮下脂肪は妊娠や授乳に関わりがあるほか、脂肪組織には閉経後のホルモン不足を補うなどのはたらきもありますので、ある程度の蓄積が必要と考えられています。

内臓脂肪がエネルギーをためるのも消費するのも早いのに対して、皮下脂肪はゆっくりとためられ、なかなか燃焼しません。

皮下脂肪は、内臓脂肪のように動脈硬化などの病気のリスクは少ないですが、一度ついてしまうと、落とすことが難しいようですので、肥満の予防や改善のために食事や生活習慣を見直してみると良いでしょう。

糖質制限で中性脂肪の増加を防ぎ、肥満防止に役立てましょう

肥満による生活習慣病のリスクが問題視されるようになり、肥満の予防・改善は健康的に過ごすために重要と考えられるようになりました。

肥満の原因として、食の欧米化によってエネルギーの摂取量が増えたことや、生活が便利になったことによる運動不足が挙げられます。

過剰に摂取したエネルギーが消費されずに余ると、中性脂肪に変えられて体内に蓄積されてしまいます。

また、体内でのエネルギーの消費には順番があり、糖質の次に体脂肪となりますので、糖質の摂取量を控えることが脂肪の燃焼につながります。

糖質の多い食品を控えるか低糖質の食品に置き換えることで、肥満の予防・改善が期待できます。

脂っこい食品は控えますが、タンパク質を多く含む肉や魚、食物繊維を多く含む海藻やキノコなどを組み合わせた栄養バランスの良い食事で健康的に痩せる効果が期待できます。

合わせて継続した運動も取り入れますと、より効果的です。

(まとめ)中性脂肪が増えると皮下脂肪も増えるのですか?

1. 中性脂肪が増えると内臓脂肪や皮下脂肪として蓄積されます

肥満は過剰摂取によって余ったエネルギーが脂肪に変えられて蓄積されるため引き起こります。

過剰摂取によって余った糖質は、グリコーゲンとして筋肉や肝臓に蓄えられ、必要に応じて分解されてエネルギー源となりますが、蓄えられる量には限度がありますので、摂りすぎると余った分が中性脂肪となって蓄えられ肥満になります。

2. 過剰摂取によって余った糖質は中性脂肪となります

中性脂肪は、食事から摂取する脂質のほか、摂取量が消費量を上回って余ったエネルギーが体内で作り替えられ蓄積されます。

糖質の過剰摂取によってインスリンの分泌量が増えると、インスリンは血糖値を下げるようにはたらくほか、余った糖質を内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えるようにもはたらきます。

中性脂肪を増やさないようにするためには、糖質の摂取量を控えることも一つの方法といえるでしょう。

3. 皮下脂肪は、つきにくく燃焼しにくいことが特徴です

肥満には、腹腔内に脂肪が多く蓄積される内臓脂肪型肥満、腰回りや下半身に多く蓄積される皮下脂肪型肥満があります。

皮下脂肪型の肥満は女性に多くみられますが、皮下脂肪は妊娠や授乳に関わりがあるほか、脂肪組織には閉経後のホルモン不足を補うなどのはたらきもありますので、ある程度の蓄積が必要と考えられています。

皮下脂肪はゆっくりとたまり、なかなか燃焼しません。

4. 糖質制限で中性脂肪の増加を防ぎ、肥満防止に役立てましょう

過剰に摂取したエネルギーが消費されずに余ると、中性脂肪に変えられて体内に蓄積されてしまいます。

体内でのエネルギーの消費には順番があり、糖質の次に体脂肪となりますので、糖質の摂取量を控えることが脂肪の燃焼につながります。

糖質の多い食品を控えるか低糖質の食品に置き換えることで、肥満の予防・改善が期待できます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る