糖質制限する上で摂取して良い糖質量はどれくらい?

糖質制限ではその人に合った糖質量を考える必要があります


糖質制限や低糖質ダイエットは、痩身や健康のためなどに行われています。

糖質量をコントロールすることで、脂肪を増やさず、今ある脂肪を燃焼しやすくすることが目的です。

それによってボディラインや体重の維持、向上、または健康維持などを目指します。

どれくらいの量にすれば良いかという問題は、そういった目的に合わせて選ぶことが必要となります。

また、現在の体重やライフスタイルによる消費エネルギー量なども人それぞれ違います。

基本的に目安となる糖質量はありますが、まずは現在の量を食事を見直すことで知ることが必要です。

そして、目標に合わせてどれくらい減らすかを考えていきます。

糖質制限が重要なのは糖質量が脂肪の量を左右するためです

糖質制限ダイエットや低糖質食事法などが注目されているのは、糖尿病等の生活習慣病のコントロールでも使われているこうしたメニューが体重管理にも重要な役割を与えているためです。

糖質は体の中でエネルギーとなるもので、生活に必要なものでもありますが、現在の日本人では過剰に摂り過ぎている人が多く見られます。

糖質とは、いわゆる炭水化物のうちの食物繊維を除いた部分です。

炭水化物はタンパク質や脂質とともに人の体に必要な三大栄養素となります。

穀類、イモ類、砂糖などに多く含まれており、人間の体に入るとブドウ糖となって血糖として血液と一緒に流れます。

糖質は体の中で最初にエネルギーとして使われるもので、糖質を消費した後に体内の脂肪がエネルギーとなります。

また、糖質が使われずに余ってしまうと、血糖によって分泌されるインスリンという物質によって脂肪に変わり、体内に蓄積されます。

このように糖質は過剰に摂ってしまうと脂肪を増やすこととなり、反対に量を制限することで体内の脂肪も燃焼しやすくなるのです。

ダイエットをする際に、脂肪分が脂肪に変わると思って油抜きなどをする人もいますが、実は糖質も脂肪を左右する可能性があるということです。

糖質制限ダイエットでは糖質量以外にも目を向けることが必要です


糖質制限でダイエット効果や肥満予防効果、健康の維持などを目指す場合には、ただ単に食事から摂る糖質量ばかりに目を向けているだけではいけません。

食事制限さえしていれば痩せるということはなく、たとえそれだけで痩せたとしてもリバウンドのリスクが高くなると考えられます。

また糖質を制限するだけで、ライフスタイルは乱れている場合や、食事メニューの内容が偏ったままの場合にはダイエットなどの効果が出にくくなる恐れもあります。

早食いや3食きちんと食べない人、不規則な食事時間や夜型の生活を送っていることなどは、肥満の原因となるでしょう。

さらに糖質量を減らしたいあまりに、炭水化物を摂らなくなると食物繊維が不足がちになり、腸内環境が悪化して便秘を引き起こすリスクもあるようです。

糖質制限といっても、それだけで健康に良い効果が出るというものではありませんし、反対に悪影響を及ぼす恐れもあるのです。

糖質制限では糖質量の目安を知り生活全般を改善することが大切です

糖質制限でダイエットや健康維持を行う場合には、自分のライフスタイルや目指す目標に合わせた糖質量にコントロールすることが大切です。

デスクワークの人や体を動かす仕事の人など日頃の生活の状況次第でそれぞれに適切な糖質量は違います。

摂った糖質量をエネルギーとして消費させて、さらに脂肪を燃焼させるためには、消費エネルギーが摂取した分を超える必要があります。

そのため、運動量に合わせてそれぞれにコントロールしなければいけないのです。

糖質は食事から摂る分を減らしても、脂肪からエネルギーは確保できますし、必要な分を肝臓で作り出すこともできます。

そのため、一部の持病を持つ人などを除いては、糖質制限を行うことで悪いことが起こる心配はないといえるでしょう。

(まとめ)糖質制限するうえで摂取して良い糖質量はどれくらい?

1.糖質制限ではその人に合った糖質量を考える必要があります

糖質制限をダイエットや健康法などで活かす場合には、その人のライフスタイルや目指す体重などによって糖質量をコントロールします。

現在の糖質量を知り、そのうえでどれくらい制限するのがよいかを考えます。

2.糖質制限が重要なのは糖質量が脂肪の量を左右するためです

糖質制限を行うのは、余った糖質が体内に脂肪として蓄積されるためです。

体内でエネルギーとなる糖質は体に必要なものですが、摂り過ぎている人が多く見られます。

しかし、反対に糖質量を減らせば今ある脂肪を燃焼しやすくすることもあります。

3.糖質制限ダイエットでは糖質量以外にも目を向けることが必要です

糖質制限でダイエットや健康を目指すには、糖質量を考えるだけでは足りません。

生活や食事のバランスの乱れが改善されないのでは、効果が出にくいばかりか悪影響を与える恐れがあります。

4.糖質制限では糖質量の目安を知り生活全般を改善することが大切です

糖質制限ダイエットを行うのであれば、自分のライフスタイルやエネルギーの消費量も合わせて考えていくことが大切です。

摂った糖質量が消費されるように減らします。

糖質は減らしても体で代わりのものを作ることができます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る