中性脂肪を減らすお茶があるってホント?

中性脂肪を落としやすくしたり吸収を抑えたりする働きが期待されるお茶があります


中性脂肪の減少に役立つと言われるお茶にはさまざまな働きがあり、お茶の種類によって異なります。

たとえば中性脂肪を落としやすくしたり、食事のときに糖質や脂肪の吸収を抑えるよう働きかけたりということです。

だからといって、中性脂肪を減らすと言われるお茶だけたくさん飲んでいれば中性脂肪が落ちるわけではなく、合わせて食事内容の改善や継続した運動が必要です。

お茶ばかり大量に飲んでも健康が改善するというわけではないので、生活習慣全体を見直しましょう。

お茶の成分によって中性脂肪に対する働きかけはさまざまです

お茶といってもあらゆる種類があり、そこに含まれている成分はさまざまです。

その中から中性脂肪を減らしたい、増やしたくないときに役立つと言われるお茶の種類をご紹介します。

ウーロン茶

ポリフェノールが含まれており、中性脂肪の吸収と蓄積を抑えると言われています。

緑茶

カテキンは肝臓での脂肪代謝を促進し、中性脂肪を燃えやすくする働きが期待されています。

特定保健用食品の緑茶の中には、モノグルコシルヘスペリジンが配合されたものもあり、この成分は糖が脂肪酸に合成されることを防ぐと言われています。

プーアル茶

中国茶の中でも代表的なお茶で、脂肪分解酵素の分泌を促進させることにより脂肪分解を助け、また脂肪の吸収も防ぐと期待されています。

ルイボス茶

ダイエット向けのお茶としても広く知られているお茶で、抗酸化力が高いことが特徴です。

血液中の活性酸素を除去し、中性脂肪の増加を防ぐのに役立つと言われています。

特定保健用食品のお茶を飲んでも良いでしょう


スーパーやコンビニなどでお茶を購入するときは、特定保健用食品、いわゆる「トクホ」のお茶を選ぶこともひとつの方法です。

自分で淹れたお茶を飲むことが難しい外食をするときなどでは、食後にペットボトルのトクホ飲料を購入して飲んでみてはいかがでしょうか?

ただしたくさん飲めばすぐに変化が期待できるわけではなく、継続して適量を飲むことがおすすめです。

また一度に大量に取りすぎると、成分の影響で人によっては何かしらの反応が出ることもあるので注意しましょう。

特定保健用食品とは?

特定保健用食品は消費者庁が許可をした商品で、パッケージには人が手を上に広げたようなロゴマークがつけられています。

有効性や機能性と安全性について、ヒトでの試験を行い科学的な根拠を提示し認められた商品です。

体脂肪・中性脂肪については「体脂肪を減らすのを助ける、血中の中性脂肪の上昇をおだやかにする」、糖については「糖の吸収をおだやかにする」といった届出が出されています。

運動や食事内容など生活習慣の改善もあわせて行いましょう

中性脂肪の減少や吸収を抑える働きが期待されるお茶を積極的に飲むようにしたら、今度は食事内容や日頃の運動量にも目を向けてみましょう。

生活習慣全体を改善することで、中性脂肪の減少により期待が持てるようになります。

運動不足を解消する

摂取カロリーが消費カロリーより多くなると余った分を脂肪にして体に蓄えてしまうため、消費カロリーを増やすためにも運動はおすすめです。

日頃、仕事が忙しいなどの理由で運動不足になっている現代人は少なくありません。

まずはできるところから体を動かすようにしましょう。

カロリーと脂肪の消費におすすめの運動は有酸素運動なので、徒歩の機会を増やすことから始めてはいかがでしょうか。

自分の意志ではなかなか続かないと感じる方はジムへ通うこともひとつの方法です。

脂肪と糖質を控えた食事

中性脂肪の元になる脂肪と糖質をできるだけ控えたメニューを選ぶようにしましょう。

全く取らないのでは健康面で心配があるため、糖質は減らすだけにし、その分しっかりとタンパク質を取ることもポイントです。

十分なタンパク質を取って運動することで筋肉量アップにもつながり、筋肉が増えることで摂取カロリーの消費に役立つメリットもあります。

(まとめ)中性脂肪を減らすお茶があるってホント?

1.中性脂肪を落としやすくしたり吸収を抑えたりする働きが期待されるお茶があります

お茶の中には中性脂肪の減少に役立つと言われるものがあります。

その働きは中性脂肪を落としやすくする、吸収を抑えるといったものですが、お茶を飲むだけに頼らず、食事の改善や運動不足解消も行いましょう。

2.お茶の成分によって中性脂肪に対する働きかけはさまざまです

お茶には数多くの種類があり、それぞれ違った成分を含んでいます。

そのうち、中性脂肪の減少や増加防止に役立つと言われるお茶には、ウーロン茶・緑茶・プーアル茶・ルイボス茶などがあります。

3.特定保健用食品のお茶を飲んでも良いでしょう

自分でお茶を淹れられないときには、スーパーやコンビニに売られている特定保健用食品、「トクホ」のお茶を購入する方法があります。

しかし消費者庁で許可されているからといって大量に飲めば改善されるわけではなく、適量を継続して飲むことがポイントです。

4.運動や食事内容など生活習慣の改善もあわせて行いましょう

お茶だけでなく食事や運動など生活習慣全体の改善も行ってみましょう。

運動では摂取カロリーより消費カロリーが上回るように有酸素運動を行います。

食事では糖質と脂肪を控えめにしてタンパク質をしっかりと取ることがおすすめです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る