中性脂肪の平均数値ってどのくらい?

中性脂肪の平均数値は性別や年齢によって変化します


中性脂肪の平均数値は、正常な数値とされるものに対して全体的に高くなっています。

さらに細かい点では年齢が上がるにつれて平均値は上昇し、平均値はどの年齢でも男性の方が高いというデータがあります。

平均値はあくまで参考にするデータで、目標とする数値を下回るように心がけて生活した方がより健康的な生活が目指せるでしょう。

もし大きく数値が上回っている場合にはダイエットを行うこともおすすめです。

中性脂肪の平均数値は男女共に年齢につれてあがる傾向にあります

平均値と聞くと、それを上回らなければ安心と思いがちですが、現代人の中性脂肪の平均数値は正常値より高くなっているので、平均値ばかりを参考にしていることは心配です。

まずは正常な数値がどのくらいかを知り、自分の中性脂肪値は健康的かどうかを比較してみましょう。

具体的な中性脂肪値の目安

正常とされる値は30~149mg/dlで、この数値を下回った平均値を出すことが大切です。

政府の統計によると、全てクリアしているのは女性の全年齢の平均値です。

男性の場合は、40代・50代・60代にこの値を超えてしまう平均値が出ており、特に中性脂肪の取りすぎに注意が必要な年代と言えます。

では、その年代の男性がどのくらいの数値になっているかというと、40代・50代は180mg/dlを超える位、60代では160mg/dlを超える位の数値で、どちらも食生活など生活習慣の改善が必要な数値とされています。

年齢の平均値を下回るための生活習慣を整えましょう


男女共に年齢が上がるにつれて中性脂肪値もあがるというデータがあるため、日頃から脂肪や糖質の取りすぎに注意して過ごしましょう。

そして運動不足も中性脂肪が増えることと関係があるため、定期的に体を動かすこともおすすめです。

食生活では脂肪を取りすぎない

外食や忙しさから簡単に食事を済ませようとすると、糖質や脂肪ばかりの食事になりがちなので、栄養バランスを考えたメニューを心がけましょう。

糖質や脂肪を控えめにしたメニューが理想的で、葉物野菜や繊維の多い野菜をたっぷりと取ることもおすすめです。

有酸素運動で脂肪を消費する

摂取したカロリーが消費カロリーを上回るとその分を中性脂肪にした体に蓄積してしまいます。

そのため消費カロリーを少しでも増やすために体を動かしましょう。

余分につきすぎた中性脂肪を減らすには有酸素運動がおすすめで、その日だけでなく継続して定期的に行うことがポイントです。

上手に続けるためには、自分に合った強度と時間の長さで行うことで、運動が苦手な方は苦しすぎる内容に取り組むと運動を辞めたくなりがちなので、できる範囲からスタートし徐々に取り組む時間や強度をあげていきましょう。

平均値を上回ってしまったら糖質制限ダイエットもひとつの方法です

中性脂肪の数値がより高くなってきてしまったら、積極的にダイエットを行うこともおすすめです。

その場合、中性脂肪が増える元になる糖質を制限する方法もあります。

次のポイントを押さえた糖質制限ダイエットを行ってみましょう。

糖質制限のポイント

糖質の量を控えめになるようにしますが、全く取らないことは避けましょう。

そしてタンパク質をしっかり取るようにし、野菜もたっぷりも取ります。

しかし野菜の中には糖質を多く含んだものもあるため、緑色・淡色の野菜やきのこを中心に取ることがおすすめです。

毎日の食事の中で糖質の量を考えるのは、忙しい日々を送る現代人には難しいこともあるものです。

そういった場合には低糖質を目指して作られた食品を使うことも手軽に糖質制限が行えて便利です。

低糖質・高タンパクをポイントにして作られた製品のため、栄養素のチェックが難しいと感じる方も糖質制限にチャレンジしやすくなっています。

またたくさん取ったタンパク質から筋肉をつくればカロリー消費を上げるために役立つので、適度に運動もして筋力アップとカロリー消費をしていきましょう。

(まとめ)中性脂肪の平均数値ってどのくらい?

1.中性脂肪の平均数値は性別や年齢によって変化します

中性脂肪の平均値は全体的に高く、年齢が上がるにつれて上昇する傾向にあります。

そして、女性よりも男性の方がどの年齢でも高い平均値になっています。

もし大きく上回った数値になってしまったときは、早めにダイエットを行いましょう。

2.中性脂肪の平均数値は男女共に年齢につれてあがる傾向にあります

中性脂肪の平均値は健康的な状態の目安ではないため参考程度にしましょう。

女性は全年齢で正常値に平均値が入っていますが、男性は40~60代で正常値を超える数値の平均値になっています。

3.年齢の平均値を下回るための生活習慣を整えましょう

中性脂肪の平均値は男女共に年齢が上がるとともに上昇しています。

そのため日頃の食事では中性脂肪の元になる糖質や脂肪の取りすぎに注意し、継続して運動するよう心がけましょう。

4.平均値を上回ってしまったら糖質制限ダイエットもひとつの方法です

中性脂肪値が高くなってしまったら糖質制限でダイエットを行うこともおすすめです。

その場合は低糖質・高タンパクをポイントにした食事を心がけますが、低糖質の食品を使うと便利です。

また運動もして筋肉を付ければカロリー消費アップにも役立ちます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る