糖質制限しているときに運動はしたほうが良い?

糖質制限時には適度な運動をすることでダイエット効果を高めることが可能です


糖質制限というのは糖質の摂取量を減らし、余分な糖が脂肪になることを防ぐことを目指すものです。

この方法を取り入れることで食後に血糖値が上がりにくくなり、基礎代謝も向上するためダイエット効果を生み出します。

ダイエット効果を高めるなら運動もすればさらに痩せられる気がしますが、極端な運動をすると免疫システムや神経にダメージを与える危険があります。

糖質制限により糖質の摂取を抑えることにより、筋肉もエネルギーとして使われ筋肉も少なくなる可能性があります。

しかし基礎代謝を上げるためや適度に筋肉を保つためには、ある程度の運動はしたほうがよく、過度にならなければ糖質制限をしている間でも運動はすべきです。

運動をするときには、糖質制限時は摂取するエネルギーが少なくなっているということを意識しましょう。

運動には有酸素運動と筋肉トレーニングの2種類あります

糖質制限をして体重を減らしていくなかで運動をするならやり方があります。

運動をすれば体のエネルギーが消費されますが、糖質制限時の運動を紹介します。

有酸素運動

糖質制限を行うと、1週間程度で体重の減少を感じる方も多いです。

最初は体を慣らすために軽い有酸素運動を取り入れてもよいでしょう。

30分ぐらいのウォーキングなどを週2回ぐらいを目安に取り入れます。

慣れてきたら少しずつ運動量を増やします。

ランニングでも効果がありますが、ウォーキングと比べて体にかかる負担が大きいため無理はしないようにしましょう。

筋肉トレーニング

有酸素運動の代わりに、筋肉トレーニングをするのも効果的です。

運動量によっては糖質の量を調整していくことも必要になるでしょう。

これは運動をする際に、エネルギーが必要になるためです。

このように筋肉を作りながら、体重を減らしていき、健康な体を作っていくのです。

運動する場合でも、筋肉痛になるぐらい行うのは、体に負担をかけすぎますので、無理のない程度に行いましょう。

筋肉を落とさないためにもタンパク質の摂取が大切です


運動をすれば、当然ながら体内のエネルギーが消費されます。

そのなかで最初に消費されるのが糖質であり、すぐにエネルギーに変えることのできる成分です。

しかし長時間の運動の中では、糖質がエネルギーとして不足するため、その代わりに脂肪が消費されエネルギーとして使われます。

運動によって脂肪がエネルギーとして消費されれば、体内の脂肪が減って痩せることができます。

それと同時に脂肪のみならずたんぱく質や筋肉を分解して糖に変えることもあります。

筋肉を分解することで、筋肉が少なくなり体の基礎代謝も落ちてしまいます。

基礎代謝が落ちると体が消費するエネルギー量も減ってしまうため、痩せにくくなってしまいます。

糖質制限を行っているなかでは、このように運動をしていくと脂肪のみならず筋肉も少なくなってしまうことがあります。

そこで筋肉を減らさないようにするために、タンパク質を多めに摂取する必要があるのです。

糖質制限をするなかでは、糖質は少なくするべきですが、その代わりにタンパク質は多めに摂取したほうがよいでしょう。

過度な運動は体に悪影響を及ぼすこともあります

糖質制限をしている間でも運動を取り入れることは、脂肪を減らす効果を生み出し、筋肉を増やして健康な体を作っていきます。

しかしそれは必要な栄養素をバランス良く摂取し、適度に負担にならない程度に運動するからです。

いくら運動が体に良いといっても、やりすぎは危険です。

運動をしすぎると、神経伝達物質に影響を与えたり、甲状腺機能不全を引き起こしたり、うつ状態や肥満になる可能性もあります。

過度の運動を長期間行うと筋肉にダメージを与えたり、記憶量低下や不眠にもなる可能性もあります。

さらに過度の運動に、糖質制限が加わると体の状態が悪化することもあるのです。

もしも糖質制限中に、過度の運動をしたと自覚したなら、運動量を大幅に減らす、短期間の筋トレにする、糖質の摂取量を増やすなどの対策をとりましょう。

糖質制限で体重を減らそうとしているのに、リバウンドして体重が増えては意味が無く、さらに体を壊してしまってはダイエットどころではなくなってしまいます。

運動の量や仕方はその人によって適したものが変わるため、専門家の意見を取り入れるというのもおすすめです。

(まとめ)糖質制限しているときに運動はしたほうが良い?

1.糖質制限時には適度な運動をすることでダイエット効果を高めることが可能です

糖質制限を行っているときには運動は極端で無ければしても構いません。

適度に運動を行えば、筋肉をつけて基礎代謝も上げますので、糖質制限時時でも健康な体を作るのに役立ちます。

2.運動には有酸素運動と筋肉トレーニングがあります

糖質制限時に行う運動で代表的なものは、有酸素運動と筋肉トレーニングです。

どちらも適度に行うことが大切であり、体に大きく負担をかけてしまうと逆効果となる場合があるため、自分に合った運動量を見極めましょう。

3.筋肉を落とさないためにもタンパク質の摂取が大切です

運動を行うと糖質がエネルギーとして使われ、そのあとに脂肪や筋肉が分解されエネルギーとなります。

そのため筋肉が少なくなりますので、それを防ぐために糖質制限をしているときはタンパク質を多めに摂取しましょう。

4.過度な運動は体に悪影響を及ぼすこともあります

いくら運動が体に良いからといっても、過度の運動は体を壊すだけです。

糖質制限で糖質の摂取量を少なくしているなかでは、運動をしすぎると体重が減るばかりでなく、体を壊してしまう危険もあります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る