糖質制限で、寝る前に気を付けることはありますか?

夜寝る前に集中して飲食をすることは控えましょう


ダイエットでは、カロリー摂取量を消費量よりも少なくすることが基本ですが、生活習慣を見直すことでも肥満の予防や改善効果があります。

近年、問題視されているメタボリックシンドロームにおいても、肥満につながりやすい生活習慣を改善することで、予防することができると考えられています。

厚生労働省による肥満につながりやすい生活習慣の改善点の一つに、床に就く3時間は飲食をしないことが挙げられています。

また、食事を抜く習慣のある人や夜食の頻度が高い人が肥満の傾向が強いことも知られています。

一日のカロリー摂取量が少ない場合でも、夜遅い時間に集中して食べることは避けた方がよさそうです。

肥満の改善や予防には、夕食を軽めにして寝る前の飲食は控え、一日三食をバランスよく摂ることが大切といえるでしょう。

食事制限ダイエットで、極端に低カロリーの食事を続けていると、夜に空腹を我慢することが辛いことがあるかもしれません。

しかし、糖質制限なら一日三食を食べることができ、空腹を我慢しなくてよいので必要な栄養素を摂りながら、生活リズムをととのえることができそうです。

夕食は控えめに、朝食をしっかり摂り体を目覚めさせましょう

夜遅い時間に食事を摂ると、カロリーの摂取量が消費量を上回り、脂肪が蓄積されて太りやすくなります。

それだけでなく、朝目覚めた後も胃がすっきりしていないために朝食が食べられなくなる場合もあるかもしれません。

私たちは夜寝ている間にもエネルギーを消費していますので、朝食によってエネルギーの補給をすることはとても大切です。

また、朝食には体温を上昇させて、体を目覚めさせます。

最近では、朝食には体内時計をリセットする効果があり、朝食を抜く頻度が高い人ほど肥満になりやすい傾向があるということがわかってきました。

一日当たりの摂取カロリーをそろえたダイエット実験でも、朝食を多くして夕食を少なくした方が体重減少効果が高いという報告もあります。

食事の量や摂り方を変えることでも肥満防止につながります


食事の量や摂取カロリーを少なくする以外に、食事の摂り方を工夫することでも、肥満の改善や予防につながりますので、普段の生活に取り入れるとよいでしょう。

厚生労働省によって挙げられている肥満や内臓脂肪蓄積につながりやすい食習慣の改善点には、朝食を抜くなどの不規則な食事、お腹いっぱい満足するまで食べる、早食い、寝る前に食事や飲酒をする、よく間食をすることなどがあります。

規則正しく食事を摂る、よく噛んでゆっくり食べる、腹七分目で食事を切り上げるなど、毎日の食事の摂り方に少し注意を向けてみることで、太りにくい食習慣を身につけることができそうです。

また、寝る前に安眠効果のある軽いストレッチやヨガなどの運動を取り入れ、決まった時間に寝ることもダイエット効果が期待できそうです。

糖質制限でバランスのよい食事を規則正しく摂りましょう

食事制限で食事を抜いたり、単品の食品に置き換えたりすることでカロリーの摂取量が減ると、短期間で体重を減らす効果があるようです。

減った体重は体の水分や筋肉ということが多く、極端な食事制限を長く続けると必要な栄養素が摂れなくなって健康被害を引き起こす可能性もありますので注意が必要です。

一日三食を規則正しく摂り、間食をなるべく控え、必要な栄養素もしっかり摂る、このような食生活は理想的ですが、急に始めるとなると少し難しく感じる方もいるかもしれません。

太る原因となる糖質を控える糖質制限なら、一日のうち一食だけ糖質を控えた食事にすることから始められますので、生活に取り入れやすいのではないでしょうか。

食事制限ではカロリーを気にして敬遠されがちな肉や魚も食べられますし、面倒なカロリー計算も必要ありません。

三食摂ることで空腹を我慢しなくてよくなり、間食や夜食も減らすことができそうです。

(まとめ)糖質制限で、寝る前に気を付けることはありますか?

1. 夜寝る前に集中して飲食をすることは控えましょう

肥満につながりやすい生活習慣を改善することで、肥満の改善や予防ができると考えられています。

肥満の改善や予防には、夕食を軽めにして寝る前の飲食は控え、一日三食をバランスよく摂ることが大切といえるでしょう。

糖質制限なら一日三食を食べることができ、空腹を我慢しなくてよいので必要な栄養素を摂りながら、生活リズムをととのえることができそうです。

2. 夕食は控えめに、朝食をしっかり摂り体を目覚めさせましょう

夜遅い時間に食事を摂ると、カロリーの摂取量が消費量を上回り、脂肪が蓄積されて太りやすくなります。

一日当たりの摂取カロリーをそろえたダイエット実験でも、朝食を多くして夕食を少なくした方が体重の減少効果が高いという報告もあります。

3. 食事の量や摂り方を変えることでも肥満防止につながります

肥満や内臓脂肪蓄積につながりやすい食習慣を改め、規則正しく食事を摂る、よく噛んでゆっくり食べる、腹七分目で食事を切り上げるなど、毎日の食事の摂り方に少し注意を向けて太りにくい食習慣を身につけましょう。

寝る前に安眠効果のある軽いストレッチやヨガなどの運動を取り入れ、決まった時間に寝ることもダイエット効果が期待できそうです。

4. 糖質制限でバランスのよい食事を規則正しく摂りましょう

食事制限でカロリーの摂取量が減ると、短期間で体重を減らす効果がありますが、極端な食事制限を続けると健康被害を引き起こす可能性もあります。

太る原因となる糖質を控える糖質制限なら、肉や魚も食べられますし、面倒なカロリー計算も必要ありません。

三食摂ることで空腹を我慢しなくてよくなり、間食や夜食も減らすことができそうです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る