食事制限や糖質制限中は水分を控えたほうがよいですか?

水を控えてもダイエットは成功しません。適切な水分補給を!


水太り(むくみ)が心配なので、水分を控えたほうがよいのではないかと考える方がいます。

しかし、水分の取り過ぎで水太りするということはありません。

水分には体の調子を整える重要な役割があり、適切に水分を摂取することで代謝を上げることができ、老廃物の排出も促されるので、体重を落としやすくなります。

また、「水分を取る=水を飲む」だけではないということに注意しましょう。

私たちが口にする食品にもたくさんの水分が含まれています。

しかし、食事制限や糖質制限を行うと、食べる量が減ります。

すると、本来食べ物から摂取していた水分の量も減ってしまうため、体は水分不足に陥りやすくなります。

例えば、食事制限の1つとしてよく行われている夕食抜きダイエットを行ったとすると、短期間に体重が落ちやすいというメリットはありますが、夕食時に食べ物から得られる水分はゼロになってしまいます。

そうした不足した水分を意識的に補わないと知らない間に水分不足になってしまう可能性があるのです。

食事から摂取する水分量が減る場合には、意識的に水を飲んで水分補給を行うことが重要です。

女性の場合には1日当たり2リットル、男性の場合には1日当たり3リットルの水またはノンカフェインのお茶を取るとよいといわれています。

人間の体の約60%が水分です

水分は体の中では体液としてはたらきます。

体液にはいろいろな役割がありますが、その1つは血液として体中に酸素と栄養を届けるということです。

スムーズに全身の細胞に酸素と栄養が届くことで代謝がよくなり、エネルギーの消費も活発になります。

また、水分は老廃物の排出にも欠かせません。

体に不要になった老廃物は尿や便として排出されますが、体の水分が不足すると、老廃物をため込むことになってしまいます。

特に水分不足によって便が固くなると、排便が難しくなり、深刻な便秘になる可能性もあります。

水分不足によって熱中症や脱水症に陥る危険性もあります。

食事制限によって、食べ物を制限することだけに意識が集中してしまうと、知らず知らずのうちに体の水分が不足した状態になり、深刻なダメージを受ける可能性があることを認識しましょう。

水分補給は小まめに行いましょう


水分補給が大切だからといって、一度に大量の水を飲んでも、一時的に尿の量が増えて度々トイレに行きたくなるだけで体内には蓄積されません。

食事で自然に補う水分が食事制限や糖質制限によって不足している場合には、コップ1杯程度の水を30分から1時間に1回程度を目安として意識的に取ることがよいといわれています。

のどが渇いたなと感じた時には、すでに体の脱水状態は始まっているということを認識しておきましょう。

また、冷たい水を一気に飲むと胃腸が冷えてはたらきが悪くなるため、常温または少し温かい飲み物を取るようにすると体の負担になりにくくなります。

もちろん水分補給にスポーツドリンクやジュース等を飲むと、カロリーと糖質を多く取り過ぎてしまうので注意が必要です。

水分補給によってむくみが生じるわけではありません

水分補給が重要だといっても、せっかく食事や糖質を制限して体重が落ちてきているのに、水分を取り過ぎて水太り(むくみ)してしまうことが怖いと感じる方もいるかもしれません。

しかし、むくみが起きる主な原因の1つは塩分を取り過ぎていることだといわれています。

例えば、糖質制限で主食を減らしておかず中心の食生活に変えると、ご飯を食べない分、普段よりも味のついた食べ物を多く摂取していることになり、いつの間にか塩分を取り過ぎた状態(塩分過多)に陥っている可能性があります。

この時、体は高過ぎる塩分の濃度を下げるために体内に水分を多く保持しようとするのです。

すると、体に余分な水分が蓄えられてむくみとなってしまいます。

食事制限や糖質制限を行う際には味付けの確認も忘れずにするようにして、塩分過多にならないようにするとむくみを防ぐことができるでしょう。

(まとめ)食事制限や糖質制限中は水分を控えたほうがよいですか?

1. 水を控えてもダイエットは成功しません。適切な水分補給を!

水分には体の調子を整える重要な役割があり、適切に水分を摂取することで代謝を上げることができ、老廃物の排出も促されるので、体重を落としやすくなります。

食事から取る水分が減る場合には、意識的に水分補給するようにしましょう。

2. 人間の体の約60%が水分です

水分は体の中では体液としてはたらきます。

体液は体中に酸素と栄養を届けるためにはたらき、体の代謝を上げるとともに、老廃物の排出を促す役割も担っています。

上手な水分補給でダイエットを後押しし、理想の体型を目指しましょう。

3. 水分補給は小まめに行いましょう

食事で自然に補う水分が食事制限や糖質制限によって不足している場合には、コップ1杯程度の水を30分から1時間に1回程度を目安として意識的に取ることがよいといわれています。

冷た過ぎる水は体の負担になるので、常温または温かい白湯がよいといわれています。

4. 水分補給によってむくみが生じるわけではありません

むくみの主な原因は塩分の取り過ぎであるといわれています。

主食を制限しておかず中心の食生活になったことによって、塩分を取り過ぎていないか確認しましょう。

単なる食事の量の制限ではなく、質を確認することを心がけましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る