糖質制限では必要な栄養素は摂れますか?

糖質を控えながら必要な栄養素を摂ることができます


ダイエットの基本は、摂取するカロリーよりも消費するカロリーを大きくすることです。

食事を制限するダイエット方法で食事から摂取するカロリーを控えると、比較的短期間でダイエット効果が期待できます。

しかし、極端な食事制限で偏った食生活を続けていると必要な栄養素が摂れなくなり、健康を損なうこともあるようです。

例えば、食物繊維による便秘や、ビタミン不足による肌荒れ、カルシウム不足による骨粗鬆症などが挙げられます。

食事制限によるダイエットのように手軽に取り入れられるダイエット方法に、糖質制限があります。

糖質制限は、糖質の多い食品を控えたり、低糖質の食品に置き換えた食事を摂ったりすることで、ダイエット効果が期待できます。

カロリー計算をする必要もないので手軽なうえ、タンパク質を多く含む肉や魚なども食べることができます。

まずは、一日のうち一食を糖質の少ない食事に置き換えてみることから始めてみるとよいでしょう。

その他にも食物繊維を多く含む野菜、キノコ類、海藻類なども積極的に摂るようにするとよいでしょう。

糖質を制限することがポイントとなりますが、ダイエット目的ですので明らかに高脂質な食品はもちろん避けるようにしましょう。

太る原因となる糖質を制限して必要な栄養素は摂りましょう

近年ではメタボリック症候群の増加が問題視される一方で、若い女性を中心とした痩せすぎもまた問題視され、食事を抜くことによる栄養不足が指摘されています。

食事を抜くダイエットは手軽ですが、カロリーの摂取量だけが太る原因となるわけではありません。

太る原因の一つに、糖質の摂りすぎもあるようです。

糖質はタンパク質や脂質と並ぶ三大栄養素で、私たちの体にとって重要な役割を持っています。

糖質は体を動かすエネルギー源となりますが、余ると脂肪として蓄積されてしまうため、太る原因となるのです。

また、糖質が消費された後に脂肪がエネルギーとなって消費されますので、糖質を多く摂っていると脂肪の燃焼が後回しになり、やはり太る原因となります。

ですから、食事量を減らしたり抜いたりするのではなく、食事内容に注目して、糖質を控えた食事を取り入れることで、その他の必要な栄養素は摂りながら健康的に痩せる効果が期待できます。

タンパク質や、食物繊維を中心とした食事が理想的です


食事制限ダイエットで体重が減ったときに、筋肉が減ってしまって基礎代謝量が少なくなり、痩せにくい体になることがあります。

ダイエットによって筋肉を減らさないようにするためには、タンパク質をしっかり摂ることが必要です。

食事制限では、肉や魚などはカロリーが高くなりやすいために敬遠されることが多いようですが、糖質制限ならしっかり食べることができます。

この場合も、なるべく脂っこい部分は避けるようにするとよいでしょう。

市販のタレなどには糖質が多く含まれていることがありますので、味付けにも工夫が必要です。

付け合わせに野菜や、キノコ類、海藻類などの食物繊維を多く含む食品を使った献立にすると栄養をバランスよく摂りながらダイエット効果が期待できます。

根菜や果物には糖質の多い食品がありますので注意しましょう

野菜は低カロリーのものが多く、ダイエット中にも取り入れやすい食品ですが、にんじん、かぼちゃ、れんこんなどの根菜類には糖質が多く含まれています。

また、果物も美容や健康によい食品としてしられていますが、糖質を多く含んでいます。

しかし、根菜類や果物にはビタミンなどの栄養素が多く、栄養バランスが偏らないようにするためには量を制限しながら食事に取り入れるのもよいでしょう。

例えば、ビタミンAを多く含むにんじんは糖質が比較的多いですが、ほうれん草には糖質が少ないなど、食品それぞれの持つ栄養素に注目して、上手く取り入れることもダイエットに役立つと考えられます。

糖質制限では、食事全体のカロリー量に縛られすぎないで、必要な栄養素をしっかり摂りながらダイエットすることができそうです。

(まとめ)糖質制限では必要な栄養素は摂れますか?

1. 糖質を控えながら必要な栄養素を摂ることができます

食事制限ダイエットでは、偏った食生活で必要な栄養素が摂れなくなって健康を損なうこともあるようです。

食物繊維による便秘、ビタミン不足による肌荒れ、カルシウム不足による骨粗鬆症などが挙げられます。

糖質の多い食品を控える糖質制限もまた、手軽に取り入れられるダイエット方法ですが、カロリー計算をする必要がなく、肉や魚なども取り入れてバランスよく食べることができます。

2. 太る原因となる糖質を制限して必要な栄養素は摂りましょう

近年ではメタボリック症候群が増加する一方、若い女性の痩せすぎも問題視されています。

カロリーの摂取量だけが太る原因ではなく、糖質の摂りすぎもあるようです。

糖質はエネルギー源として消費しきれずに余ると脂肪として蓄積されてしまうため、太る原因となるのです。

食事を抜くのではなく、糖質を控えた食事を取り入れることで必要な栄養素は摂りながら健康的に痩せる効果が期待できます。

3. タンパク質や、食物繊維を中心とした食事が理想的です

ダイエットによって筋肉が減ると基礎代謝量が少なくなり、痩せにくい体になることがあります。

筋肉を減らさないようにするためには、タンパク質をしっかり摂ることが必要です。

ダイエット中はカロリーの高い肉や魚は敬遠されることが多いようですが、糖質制限ならしっかり食べることができます。

市販のタレなどには糖質が多く含まれていることがありますので、味付けにも工夫が必要です。

4. 根菜や果物には糖質の多い食品がありますので注意しましょう

野菜は低カロリーのものが多く、ダイエット中にも取り入れやすい食品ですが、にんじん、かぼちゃ、れんこんなどの根菜類や、果物にも糖質が多く含まれています。

食品それぞれの持つ栄養素に注目し、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しないように量を制限しながら食事に取り入れるとよいでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る