糖質と糖分の違いって何?

糖質には明確な定義がありますが、糖分にはないと考えられています


まず、糖質は三大栄養素の一つである「炭水化物」から食物繊維を引いたものを指します。

その一方、糖分には明確な定義がないと考えられています。

「糖分」と記載されている場合、「糖質」の意味で使用されている場合もあれば、「糖類」の意味で使用されている場合もあるのです。

そのため、糖分という表現は非常に曖昧だといってよいでしょう。

糖質と糖分、糖類はすべて違う意味を示しています

糖質と糖分、文字列が似ていることから同じものと勘違いしてしまいがちですが、実はニュアンスや使い方に違いがあるといわれています。

「糖」が頭に付く言葉には他にも「糖類」などもありますが、これらの違いとはどのような点にあるのでしょうか?
ここでは、糖質と糖分、糖類の意味についてみていきたいと思います。

糖質は炭水化物の一部

最近よく耳にする「糖質制限ダイエット」という言葉に含まれている「糖質」ですが、糖質は炭水化物の一部として捉えられています。

そして、炭水化物から食物繊維を引いたものが糖質として定義されています。

糖分には定義がない

糖質と混同されがちな糖分ですが、少しだけニュアンスが異なります。

糖分=糖質ではありませんが、糖分≒糖質という曖昧な言葉なのです。

というのも、糖分は糖質を指して使われることもあれば、糖類を指して使われることもあるからです。

糖類は糖質の一部

糖類は糖質の一部であり、単糖類と二糖類の二種類に分けられています。

糖質の中で糖類に該当するのは、ブドウ糖や果糖、砂糖、乳糖、麦芽糖などが挙げられます。

糖質は穀物やイモ類などに多く含まれています


糖質の中に糖類が含まれていることがお分かり頂けたと思いますが、「糖類を除いた糖質」にはどのようなものが存在するのでしょうか?

糖質は、糖類の他に、主に「多糖類」や「糖アルコール」「合成甘味料」で構成されています。

多糖類には、オリゴ糖やでんぷん、デキストリンなどが一例として挙げられます。

また、糖アルコールにはキシリトールやマルチトール、エリスリトールなどが挙げられ、合成甘味料にはアスパルテームやスクラロースなどが挙げられます。

糖質を多く含む食べ物

糖類を除いた糖質についてわかりましたが、具体的にはどのような食べ物に含まれているのでしょうか?

糖質を主成分としている食べ物は、皆さんが普段口にしているご飯やパン、麺類などの「穀物」が代表的です。

また、ジャガイモやサツマイモなどの「イモ類」、砂糖が多く含まれている果物類にも多く含まれているといわれています。

具体的な数値でみると、ご飯を茶碗に一杯分(160g)食べた時に摂取する糖質の量は58.9gだといいます。

これは、角砂糖18個分に相当する糖質量になります。

糖質の過剰摂取は肥満のリスクを高めると考えられています

糖質を大量に摂ることによって、様々な問題が生じるといわれています。

その問題の多くは、私たちの身体の健康に悪影響を及ぼしかねないため、「糖質制限ダイエット」が注目されています。

では、糖質の摂り過ぎが健康に与える問題とはどのようなものでしょうか?

私たちの身体は、運動によりエネルギーが消費されるようになっています。

糖質はエネルギー消費の優先順位が最も高いと考えられており、その次に体脂肪、タンパク質という流れになります。

つまり、糖質が消費されない限り、脂肪は体内に蓄積されていってしまうのです。

さらに、余った糖質は脂肪に変化してしまう仕組みだといいます。

糖質の摂り過ぎは肥満の原因になると考えられているのです。

糖質制限ダイエットは食事制限ダイエットと混同されがちですが、この二つはダイエットの原理が異なると考えられています。

食事制限ダイエットは、一般的に一食抜くことや、一つの食材に絞った食事の仕方などを指します。

一方、糖質制限ダイエットは糖質の多い食べ物を糖質が含まれていない食べ物に置き換えるというものを指します。

このことからも、糖質制限ダイエットは「食べられる」ダイエットとして人気を集めています。

(まとめ)糖質と糖分の違いって何?

1.糖質には明確な定義がありますが、糖分にはないと考えられています

糖質は炭水化物から食物繊維を引いたものを指します。

糖分は糖質を指していることもあれば、糖類を指していることもあり、はっきりとした定義を持たない曖昧な表現だといわれています。

2.糖質と糖分、糖類はすべて違う意味を示しています

糖質と糖分、糖類は文字列は似ていますが、それぞれ違うニュアンスで用いられる言葉です。

糖質は炭水化物の一部であり、糖類は糖質の一部であると考えられています。

また、糖分には明確な定義がないとされています。

3.糖質は穀物やイモ類などに多く含まれています

糖質は糖類の他に、多糖類や糖アルコール、合成甘味料で構成されています。

糖質を多く含む食べ物は、穀物やイモ類、果物類、砂糖などが挙げられます。

ご飯一杯に58.9gもの糖質が含まれています。

4.糖質の過剰摂取は肥満のリスクを高めると考えられています

糖質を大量に摂ることは、エネルギー消費の優先順位が低い体脂肪の消費が遅れ、肥満の原因になる可能性があると考えられています。

また、糖質ダイエットと食事制限ダイエットは混同してしまいがちですが、それぞれ意味合いが違うと考えられています。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る