糖質を過剰摂取すると太るのはなぜ?

糖質の過剰摂取で太るのは脂肪として蓄積されるためです


糖質を摂取すると、消化酵素の働きにより、まずはブドウ糖に分解されます。

分解されたブドウ糖は小腸で吸収され、グリコーゲンとして蓄積された分は筋肉や肝臓、脂肪組織などに送られます。

また、運動などでエネルギーとして消費されることもあります。

しかし、余分になった糖質は脂肪として蓄積されてしまいます。

そのため、糖質を過剰摂取すると太るといわれているのです。

過剰摂取した糖質は脂肪に変化するといわれています

「糖質制限」という言葉をよく耳にするようになりました。

糖質制限にはダイエット効果が期待でき、肥満の予防にも良いといわれています。

では、なぜ「糖質を摂りすぎると太る」といわれているのでしょうか?

お米やパン、麺類などを食べると、体内に糖質を摂り入れていることになります。

体内に摂取した糖質は、まず、ブドウ糖に分解され、小腸に吸収されます。

その後、グリコーゲンとして蓄積されたブドウ糖は筋肉や肝臓、脂肪組織などに送られます。

糖質は運動などでエネルギーとして消費されることもあります。

そこで余ってしまった糖質は、糖質の摂取により分泌される「インスリン」の働きで「脂肪」に変えられ、体内に蓄積されてしまいます。

これが、「糖質を摂りすぎると太る」といわれている理由であり、糖質制限が推奨されている理由の一つです。

また、人間の身体は、運動によりエネルギーが消費される仕組みになっており、エネルギーとして使われるものには糖質の他に体脂肪やタンパク質などがあります。

使用される優先順位は体脂肪より糖質の方が高いため、体脂肪はいつまでも消費されなくなってしまうといいます。

糖質制限ダイエットには様々なメリットが挙げられます


糖質を過剰摂取しないためには、糖質制限を意識していくのが効果的だといえます。

低糖質で高タンパク質な食事方法、いわゆる「糖質制限ダイエット」にはどのようなメリットが挙げられるのでしょうか?
いくつかご紹介したいと思います。

即効性が期待できる

その人の身体の状態や生活習慣、環境などによっても異なりますが、糖質の摂取量を一日30~50gにするだけで、目に見えた結果が早期の段階で出やすいというのが糖質制限ダイエットの大きなメリットです。

もちろん、糖質制限だけでなく、カロリー制限や運動などを平行して行う必要があります。

食べること自体を我慢しなくてよい

「ダイエット」という単語が含まれているため、食べることを我慢しなければならないイメージですが、糖質制限ダイエットの場合、基本的には低糖質の食材を選んで食べるという方法ですので、無理に食べることを我慢しなくてもよいと考えられています。

ただし、栄養のバランスは考える必要があります。

自分のペースで計画を立てられる

糖質制限ダイエットは、自分のペースで計画を立てられるところが魅力の一つです。

即効性を求めるのであれば毎食実践するのも良いですし、穏やかなペースで進めたいのであれば一日1食のみでも構いません。

実践の仕方やメニューなどに幅があるダイエット法なのです。

低糖質な食事をすることが良くないとされている場合もあります

低糖質な食事方法は、すぐにでも始められて、誰でも簡単に実践できるといえます。

しかし、人によっては低糖質な食事法を避けた方がよいとされている場合があるため注意が必要です。

一体どのような人が、低糖質な食事法や糖質制限ダイエットを避けるべきなのでしょうか。

まず、糖尿病などで経口血糖降下剤やインスリン注射を受けている方が挙げられます。

これらは、血糖の上昇を抑えるためのものですから、低糖質な食事法を取り入れることで低血糖の症状を起こしてしまう恐れがあります。

また、腎機能障害や活動性膵炎、肝硬変などを持っている方なども該当します。

その他持病や薬の服用などをされている方は、必ず実践前に医師に相談するようにしてください。

10代の子どもをダイエットさせるために糖質制限を行うという方もいらっしゃるかもしれませんが、10代の内はエネルギー消費が活発に行われるため必要ないと考えられています。

糖質制限ダイエットは、低糖質な食事だけをしていればよいというわけではなく、規則正しい生活習慣や適度な運動、バランスのとれた食事などが前提となります。

単に低糖質なものだけを食べていればよいというわけではないということを忘れてはいけません。

(まとめ)糖質を過剰摂取すると太るのはなぜ?

1.糖質の過剰摂取で太るのは脂肪として蓄積されるためです

食事から摂取した糖質はブドウ糖に分解され、小腸で消化されます。

その後、筋肉などに送られたり、運動の際のエネルギーとして消費されたりしますが、残った分は脂肪として蓄積されるため、糖質を過剰摂取すると太るといわれています。

2.過剰摂取した糖質は脂肪に変化するといわれています

「糖質を摂りすぎると太る」というのは、身体の各組織に送られた分とエネルギーとして消費された分の残りが脂肪として蓄積されると考えられるからです。

また、エネルギー消費の際に体脂肪が消費されず体内に蓄積されたままになってしまうことも考えられます。

3.糖質制限ダイエットには様々なメリットが挙げられます

糖質制限ダイエットには、様々なメリットが考えられています。

まず、糖質の摂取量を一定値まで減らすことで即効性が期待できること、そして、食べることを我慢しなくてもよいということ、自分のペースに合わせた計画を立てられることなどが挙げられます

4.低糖質な食事をすることが良くないとされている場合もあります

人によっては、低糖質な食事方法を行うことを避けた方がよいとされている場合があるため、持病などを持っている方は医師に相談するようにしましょう。

特に、経口血糖降下剤やインスリン注射を受けている方は低血糖になってしまう恐れがあります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る