糖質制限でダイエットを成功させるための野菜とは?

糖質制限時にはもやしやほうれん草など、糖質が少ない野菜を中心に摂取するとよいです


糖質制限をしてダイエットを行うなら、野菜を食べるとよいというイメージがあります。

しかし、野菜なら何でもよいということではなく、選んで食べなければいけません。

栄養素として野菜は必要不可欠なので、糖質制限する場合でも栄養不足にならないように工夫すべきです。

糖質制限時に食べてもよい野菜としては、もやしやほうれん草が代表的です。

その他にも、レタスやキャベツ、三つ葉、枝豆、タケノコ、きゅうり、にらなどがあります。

これらの野菜を糖質制限時の食品として取り入れるとよいでしょう。

糖質を減らすことが何よりのポイントとなります

糖質制限をしてダイエットを行うというからには、糖質に気をつけないといけません。

加工食品でも糖質オフや糖質の量を表示している製品も増えてきましたが、野菜を料理して食べるときも糖質に気をつけなければいけません。

野菜は健康に良くて太らないイメージがありますが、糖質が多く含まれている野菜もあるため、できるだけ少ない野菜を食べるべきです。

糖質が少ない野菜でおすすめのものを紹介します。

もやし

安く売られており、糖質も少ないためダイエット用の食品として最適です。

ほうれんそう

ビタミンが豊富で鉄分も摂取でき、栄養面で是非とも食事に取り入れたい野菜です。

こんにゃく

低カロリーで低糖質でダイエット用に適している食品です。

糖質を抑えるということは、急激な血糖値の上昇を抑えて、脂肪を蓄積させない効果が期待できます。

そして糖質の少ない野菜を食べるのと同時に、他の食品にも気をつけないといけません。

血糖値を意識するなら炭水化物の量も減らすべきです。

炭水化物には多くの糖質が含まれているため、量を減らしていきましょう。

野菜でも炭水化物でも、ダイエットの時はまったく食べないのではなく、減らすのがポイントです。

まったく食べないとなると、栄養不足になる危険があり、ダイエットどころではなくなってしまいます。

身体の状態に合わせて制限を行い、栄養が不足しないようにしましょう。

また、健康的に痩せるためには糖質制限とあわせて運動が必要なこともおさえておきましょう。

糖質制限時に食べないほうがよい野菜もあります


ダイエットして体重を意識するなら、糖質の多い野菜は避けるべきです。

その代わりに糖質の少ない野菜を食べましょう。

糖質の多い野菜としては、以下のようなものがあります。

じゃがいも

糖質の多い野菜の代表ともいえる食べ物であり、ダイエット中は避けるべき野菜です。

フライドポテトやポテトチップスなどの加工食品も、食べないようにしたほうが無難です。

さつまいも

こちらもじゃがいもと同様に、糖質の多い野菜です。

この他にも全般的に芋類は、糖質制限時には避けたほうがよいといわれています。

ごぼう

食物繊維が多く便秘解消には適していますが、糖質が多いため食べるのであれば少量だけ食べるとよいでしょう。

この他にも、かぼちゃやとうもろこしなども糖質の多い野菜です。

ちなみに大根はそのままだと糖質は少ないですが、切り干し大根になると糖質が増えるため、調理の仕方を工夫すべきです。

そのため、どうしても食べたい場合は、摂取する量を少なくして糖質制限に影響のないようにしましょう。

砂糖の代わりになる調味料の活用もおすすめです

糖質制限を行ってダイエットするなら、調味料にも気をつけたいものです。

調味料としては砂糖がありますが、砂糖は糖の塊なので代わりの調味料を使うのも1つの方法です。

甘味料のなかには、糖質やカロリーが少ない物もあります。

人工甘味料ではなく、植物由来のエキスを使っているものもあるため、調べてみましょう。

砂糖はお菓子などに多く使われています。

可能であれば間食はしないほうがよいですが、どうしてもお菓子が食べたくなったら、糖質の少ないお菓子を選びましょう。

またその他にも、野菜を食べるならドレッシングにも気をつけるべきです。

ドレッシングにも糖質やカロリーはありますので、まずはそれらの少ないドレッシングを使いましょう。

ドレッシングを選ぶ際には、糖質にも気をつけることが大切です。

各メーカーによって成分も異なり、種類も数多くあるため、お好みのものを選ぶことができるでしょう。

(まとめ)糖質制限でダイエットを成功させるための野菜とは?

1.糖質制限時にはもやしやほうれん草など、糖質が少ない野菜を中心に摂取するとよいです

糖質制限を行うときに食べてもよい野菜は、もやしやほうれん草などです。

これらは糖質が少ないのはもちろん、カロリーも少ないので、ダイエットの時の野菜には最適です。

2.糖質を減らすことが何よりのポイントとなります

糖質制限をするときは、野菜の糖質に注意するのはもちろん、炭水化物も減らすべきです。

摂取する量を減らすことが重要ですが、完全に食べないというのは栄養不足になるので避けましょう。

3.糖質制限時に食べないほうがよい野菜もあります

糖質制限を行うときに食べるべきでない野菜は、じゃがいもやさつまいもなどの芋類やごぼうになります。

これらは糖質が多いので避けるべきですが、どうしても食べたいという場合は摂取する量を調整することが必要です。

4.砂糖の代わりになる調味料の活用もおすすめです

糖質制限を行うときには、野菜の他にも調味料やドレッシングの糖質にも気をつけることが大切です。

糖質やカロリーの少ない製品や代替品を使うようにすることで、より効果が実感できるでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る