糖質制限をするときのタンパク質の摂取量の目安は?

糖質制限中の必要なタンパク質の量は体重によって摂取量が異なります


糖質を制限すると今までよりも糖質が減少するので、生活をしていくうえでのエネルギーが食事から摂れなくなります。

筋肉を分解して糖質を作り出そうとするので、糖質制限中は筋力を落とさないためにもタンパク質の摂取が大切です。

一般的に、体重×1g~1.5gが適量といわれています。

筋肉があれば基礎代謝も上がるので太りにくく痩せやすい体を目指すことができます。

糖質制限では糖質を多く含む食品を避けましょう

糖質制限で重要なことは糖質を多く含む食品を食べないようにすることです。

私たちが普段から口にしている食べものには多くの糖質が含まれています。

糖質を積極的に摂取すると、エネルギーとして使われなかった糖質が脂肪になるため、太りやすくなってしまいます。

糖質制限中であれば、特に糖質の割合が多く含まれている食べ物はできるだけ口にしないほうがいいでしょう。

糖質が多い食品

炭水化物には多くの糖質が含まれます。

ご飯類やパン類、めん類、菓子類などにも多く含まれています。

野菜にも糖質が多い物があり、サツマイモやジャガイモなどのイモ類、カボチャ、玉ねぎにも糖質が多いです。

また、飲み物にも糖質は含まれています。

フルーツジュースや甘い珈琲など砂糖が多く入っている飲み物には多く含まれているので注意が必要です。

お酒にも糖質が含まれますが、糖質ゼロの物を選べば問題はないでしょう。

糖質制限と聞くと難しそうなイメージが先行すると思いますが、気をつけることは糖質の量だけです。

糖質の量を減らすことにポイントを置いていますので、細かいカロリー計算をすることもないです。

タンパク質をしっかり摂取することが大切です


糖質制限では比較的簡単に体重の減少を実感することができるため、なかにはやりすぎてしまう人がいます。

糖質を減らし過ぎると体調不良をきたすこともありますので、糖質を減らした分はタンパク質などを摂取してその不足分を補うことが大切です。

糖質の代わりになるのがタンパク質ですから、タンパク質の摂取は必要不可欠なのです。

糖質制限中に糖質を制限するだけでなく他の栄養素もすべて減少しすぎてしまうと、筋力が落ちてしまい代謝も悪くなり不健康な体になってしまいます。

体調不良を起こしてしまう危険もあるでしょう。

痩せたいのは分かりますが健康的に体重を落とすためにもタンパク質をしっかりと補いましょう。

タンパク質をしっかりと摂取しているとメリハリのある健康的な体を目指すことが可能です。

糖質が少なくてタンパク質が多い食べ物はマグロやサンマなどの魚や卵が挙げられます。

タンパク質は筋肉だけではなく私たちの髪の毛や肌、骨や血管の栄養素にもなっているものです。

筋肉の元になるタンパク質をしっかりと摂取して太りにくく痩せやすい体作りをしましょう。

また、健康的に痩せるためには運動も必要です。

食事に気をつけるとともに、運動も生活に取り入れましょう。

メリハリのある健康的な体に

糖質制限中はタンパク質と脂質をバランスよく摂取することで健康的に痩せることができます。

日本人は主食がご飯なので糖質を多く摂っています。

ご飯などの炭水化物を避ければ大幅な糖質減少になるでしょう。

しかし、糖質を減らし過ぎると体は筋肉から必要なエネルギー源を確保しようとします。

筋肉が落ちてしまうと基礎代謝も悪くなるため、健康的な痩せ方とは言えません。

日本人はカロリー摂取の約60%近くを糖質に頼っているといわれています。

そのため、糖質を減らすと大幅なカロリーダウンにもつながり、体重減少も望めますが、不健康なやせ型になる場合もあります。

糖質を制限した分タンパク質や脂質をしっかり食べて、不足しているカロリーがを摂ることが大切です。

また、メリハリのある健康的な体を目指したいなら、バランス良く食事をしましょう。

タンパク質や脂質は肉・魚・大豆などに含まれていますから、積極的に食べることをおすすめします。

これにより、筋肉量を落とすことなく、代謝がよい状態で体重を落としていくことができるでしょう。

(まとめ)糖質制限をするときのタンパク質の摂取量の目安は?

1.糖質制限中の必要なタンパク質の量は体重によって摂取量が異なります

糖質制限で糖質を減少させると人の体は筋肉から糖質を得ようとするので、タンパク質の摂取が必要です。

一般的に必要なタンパク質の目安は、体重×1g~1.5gと考えられています。

2.糖質制限では糖質を多く含む食品を避けましょう

糖質制限で重要なことは糖質を減少させることです。

そのため、カロリーを抑えることやカロリー計算が必須ではありません。

食べ物の中には糖質が多く含まれるものがあるので出来るだけ避けて糖質を摂取しすぎないように注意しましょう。

3.タンパク質をしっかり摂取することが大切です

糖質を減らしたうえに他の栄養素も取らなければ、体調不良を起こしてしまいます。

糖質の代わりとなるタンパク質を積極的に摂取しましょう。

魚や卵は糖質が少なくタンパク質が多いのでおすすめです。

4.メリハリのある健康的な体に

糖質制限中は糖質が大幅に減少しているので、体を動かすためのエネルギーも減っています。

その状態では筋肉からエネルギーが作られやすくなります。

筋肉が減ってしまうと健康的には痩せられないので、タンパク質と脂質を積極的に摂取しましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る