糖質制限ダイエットに出てくるケトン体って何のこと?

糖質制限と関係があるケトン体とは、脂肪が燃焼された後に発生するもの


私たちの体は、通常は体内のブドウ糖を消費してエネルギー源に変換しています。

しかしそれは食後数時間の間だけで、空腹時になるとブドウ糖が足りなくなり、代わりに脂肪が燃焼されケトン体が生成されるようになっています。

人間が緊急時に水だけで生き延びることができるのは、そういった体のメカニズムによるものです。

脂肪と糖質摂取量は大きく関わりがあるといわれています

ここ何年も続いているダイエットブームですが、そもそも脂肪が増えるのは何故なのでしょうか。

ここでは脂肪ができる仕組みについて説明します。

脂肪ができる仕組み

脂肪ができる原因は、体内のブドウ糖と大きく関わっています。

私たちは体内のブドウ糖をエネルギー源として使い活動しています。

このブドウ糖を分解しているのが、すい臓から分泌されるインスリンと呼ばれるホルモンです。

通常、インスリンホルモンはブドウ糖を活動のエネルギー源に変換してくれますが、消費しきれないブドウ糖は中性脂肪として脂肪細胞に取り込まれます。

この蓄積によって、脂肪の増加が引き起こされるのです。

糖質摂取量が多くなると体のブドウ糖が増える

体内のブドウ糖は食べ物に含まれている糖質(糖類)によって生成されています。

糖質が多く含まれている食べ物としては、ご飯・麺類・パンなどの炭水化物、イモ類、砂糖を使った菓子などがあげられます。

これらに含まれている糖質は体内に取り込まれると、全てブドウ糖に分解され血液に吸収されますが、糖質摂取量が多くなるほど体のブドウ糖量が増え、血糖値が上昇します。

このように糖質の摂取量が多くなるほど、脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

糖質制限によって脂肪が燃焼された後にケトン体が生まれます


人間が活動するためには、体内でエネルギー源を造り出さなければなりません。

エネルギーを生成するための原料となるのがブドウ糖ですが、ブドウ糖が足りなくなると、次に使われるのが蓄積された脂肪になります。

脂肪を燃焼する事でエネルギー源が生まれるため、空腹時や睡眠時でも問題なく体が機能するといった仕組みになっています。

このような仕組みを考えた時に、ブドウ糖よりも脂肪の燃焼を積極的に促すことができないかという疑問が出てきます。

その答えは単純な話ですが、食べ物に含まれている糖質を制限すれば体内のブドウ糖量が減るため、脂肪の燃焼が早まることになります。

エネルギー源となるブドウ糖と脂肪は使われる順序が決まっています。

先にブドウ糖が使われ、足りなくなったら脂肪の燃焼が始まるといった動きになりますので、ブドウ糖が少なければ、それだけ脂肪の燃焼を促すことができるのです。

効率よく脂肪を燃焼するにはカロリー制限と運動も取り込みましょう

先ほど糖質の摂取量と脂肪が大きく関わっていることについて説明しましたが、効率よく脂肪を燃焼するためには、糖質制限にカロリー制限と運動をプラスするのが効果的だといわれています。

カロリーというのは簡単にいえば、エネルギーの大きさを示しています。

一般的に体重を1kg落とすためには、7200kcalの消費が必要だといわれています。

仮に毎日必要なカロリーを700kcal多く取ってしまった場合、10日で約1kgの体重が増える計算になってしまいます。

極端なカロリー制限は危険ですが、糖質制限の効果を妨げないようにカロリー制限も必要といえるでしょう。

また、運動を取り入れることで、筋肉量が増え基礎代謝のアップが期待できます。

基礎代謝が上がれば、1日に消費されるカロリー量も上がりますので、脂肪が付きにくい体になっていきます。

糖質制限に多少のプレッシャーを感じる場合にも、運動がよいストレス発散の方法にもなります。

(まとめ)糖質制限ダイエットに出てくるケトン体って何のこと?

1.糖質制限と関係があるケトン体とは脂肪が燃焼された後に発生するものです

私たちの体は、通常は体内のブドウ糖をエネルギー源としています。

しかしブドウ糖が足りなくなると、代わりに脂肪を燃焼してエネルギーを生み出しその過程でケトン体が生成されています。

2.脂肪と糖質摂取量は大きく関わりがあるといわれています

脂肪と糖質摂取量は大きく関わりがあるといわれています。

脂肪ができる理由は、体内で消費しきれないブドウ糖が中性脂肪として蓄積されるからです。

また、食べ物に含まれている糖質が、体のブドウ糖量を増やす原因となっています。

3.糖質制限によって脂肪が燃焼された後にケトン体が生まれます

人間が活動するためのエネルギー源はブドウ糖です。

ブドウ糖が枯渇すると、次に脂肪がエネルギー源として使われ、ケトン体が発生します。

ブドウ糖と脂肪は使われる順番が決まっているので、糖質制限すれば脂肪の燃焼を促すことができます。

4.効率よく脂肪を燃焼するにはカロリー制限と運動も取り込みましょう

効率よく脂肪を燃焼するには、糖質制限にカロリー制限と運動をプラスすると効果的です。

カロリー制限で糖質制限の効果を妨げないようにしましょう。

また、基礎代謝を上げるため、運動をして筋肉量を増やす事も大切です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る